週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 根強い人気の『人狼』ーー強みを発揮できるプレイヤーは実生活でもデキる?

ニュース

根強い人気の『人狼』ーー強みを発揮できるプレイヤーは実生活でもデキる?

[2017年10月21日]

人気のパーティーゲーム「人狼」が強くなるコツについて語る、クイズ王・古川洋平氏

ここ数年、流行の兆しを見せ、根強くマニアを増殖させているパーティーゲーム『人狼』。わざわざカラオケルームを貸し切って、SNSで繋がりがある者同士がオフ会のように集まって開催するなど、ハマっている人は周囲にも少なくないはず。

知らないよ!という方にも簡単に説明すると、嘘をつく「人狼(陣営)」と、嘘つきを探す「村人(陣営)」のふたつにグループが分けられ、ゲームは昼と夜のターンで進行。

昼にはプレイヤー全員で「誰が人狼だと思う?」「あの時の発言は人狼のように見える」などと、会話を通して人狼と疑わしき人を探し出し、多数決でひとりを処刑(「追放」という言い方もする)、夜には人狼がこっそりと村人をひとり殺し、ゲームを進めていく。そのターンを繰り返す中で人数が減っていき、最終的に村人は人狼を滅ぼせば勝ち、人狼は生き残れば勝つというもの――。

「人狼」というワードは聞いたことあるけど、ゲームへのハードルがなんとなく高かったり、参加したことはあるけど、なかなか強くなれなくて離脱したり…という人も? そこで、今さらながら秋のアミューズメントにオススメすべく、数々の人狼特集でメディアにも登場している、クイズ王・古川洋平さんに「人狼」が強くなるコツを聞いてみた!

* * *

―ズバリ、人狼ゲームのコツってなんですか?

古川 人狼は「嘘つきゲーム」「騙(だま)し合いのゲーム」だとよく言われますが、実は「推理をする」「騙す」という両方ができる人が強いんです!

―えっ、ただ嘘をつくのが上手なだけではダメなんですか!?

古川 そうなんです。人狼は引いたカード(役職)によって役割が違うので、「騙す力」だけがあっても「人狼に強い」とはなかなか言えないんです。他にも、強くなるにはいろんな力が必要になります。

―なんだか複雑そう…! では、具体的に古川さんが考える、人狼が強い人に必要な力って?

古川 まず第一に、“推理力”がある人。意外かと思われるかもしれませんが、実は、人狼は“嘘つき力”よりも“推理力”のほうが大事なんです。例えば、私が最もバランスが良いと感じる人数である13人で人狼ゲームをする場合は、基本的に嘘をつくべき人狼陣営が4人(人狼が3名、人狼の仲間だが人間の“狂人”が1名)、推理する村人陣営が9人になるように役職の配分をします。役職の配分は村人陣営・人狼陣営のパワーバランスがちょうどよくなるようにするのが大切ですね。

つまり、2/3以上の人間が推理をするゲームなので、推理が上手な人のほうが活躍する機会が多いんです。

―では、第2に必要な力は?

古川 先ほどもお伝えした“嘘つき力”です。人狼・狂人という嘘つき陣営になった時に発揮する力ですね。村人のフリをすることで村人陣営を信用させ、疑われないようにしなければいけません。そうすることで人狼がゲームを誘導したり、生き延びて勝利に繋げたりするんです。

続いて、3番目に必要な力は“説得力”。どんなに上手く推理をして、どんなに上手く嘘がつけたとしても、みんながそれに納得をしてくれないと負けちゃうんです。説得力というのは、自分がなんでこういう推理をしたのか、ということを人に伝える力ですね。

002


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!