週プレNEWS TOP ニュース レジャー 性能を検証! 体重約100kgの元力士芸人が、電動自転車で富士山に登ってみた

ニュース

性能を検証! 体重約100kgの元力士芸人が、電動自転車で富士山に登ってみた

[2017年12月02日]

河口湖の奥にそびえる富士山。まわし姿で意気込む(?)めっちゃ細田は登りきることができるのか!?

100km近くまでバッテリーが持つようになるなど、電動アシスト自転車の技術が進化している。そのため、特に欧米諸国ではスポーツタイプの電動自転車が人気に。その波は国内にも及び、盛り上がりつつある。しかし、気になるのはその実力だ。

5合目までは自転車でも登れる富士山。毎年、「Mt.富士ヒルクライム」というレースも行なわれているが、普通の自転車は無理でも電動自転車なら素人もイケるのか。

というわけで、体重96kgの元力士芸人である「オオイチョウ」のめっちゃ細田が富士登山に挑戦!

***

今回、走るルートは富士スバルラインの料金所から5合目までの24.1km、標高差は989m、平均勾配は約5%だ。最大115kmのアシスト走行ができる「CRUISE(クルーズ)」であれば攻略できるはずだが、細田の体重ではだいぶ違ってくる。「いや~、横綱のような威圧感ですね、富士山はすごい」と細田もやや不安げだ。

力士は自転車に乗るときも浴衣姿のため、そのまま行こうとする細田。しかし危険なので着替えることに

力士は自転車に乗るときも浴衣姿のため、そのまま行こうとする細田。しかし危険なので着替えることに

しかし、いざ出発しアシスト機能をオンにすると「うわ、すげ~! 超楽!」と細田から驚きの声が。「これならイケますよ。ECOモードでも平気なんちゃいますか? 紅葉サイクリングに来ただけですわ(笑)」と腹立たしいくらい余裕の表情だ。かつて安治川部屋(現・伊勢ヶ濱部屋)に所属し、引退して約10年たった今でも十分パワフルだ。「リアルストリーム」の強モードで追走した記者は1合目から早くも後れを取っている。

「遊びに来たみたいで、すいません」と謝 る細田だが、後ろの記者は運動不足でヘロヘロ。ちなみに一合目が一番キツイ

「遊びに来たみたいで、すいません」と謝る細田だが、後ろの記者は運動不足でヘロヘロ。ちなみに一合目が一番キツイ

気楽な気持ちで2合目まで登った細田だったが、スタートから約1時間、2合目半ばでやや変化が。本人はまだ余裕だと言うが、口数が減ってきた。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!