週プレNEWS TOP ニュース エンタメ ルックスも話題の女性アニメーター・矢野茜は完全実力派!「贔屓されてやっていると思われたくない」

ニュース

ルックスも話題の女性アニメーター・矢野茜は完全実力派!「贔屓されてやっていると思われたくない」

[2018年02月21日]

弱冠25歳にして総作画監督も兼ねて大役を任されている矢野茜さん

現在放送中のTVアニメ『りゅうおうのおしごと!』――16歳の若さにして将棋界の「竜王」のタイトルを保持する主人公・九頭竜八一(くずりゅうやいち)の元へ、内弟子になるため9歳のヒロイン・雛鶴(ひなつる)あいが自宅へ押しかけてくるというストーリーだ。

そんな作品に登場するカワイらしいキャラクターたちをデザインしているのがアニメーターの矢野茜さん。弱冠25歳にして総作画監督も兼ねて大役を任されている彼女はその愛らしい容姿も注目されており、ネット上でもカワイすぎるアニメーターとして、たびたび話題となっている。

そこで矢野さんを直撃、インタビュー前編「“アニメのおしごと!”を志した理由」に続き、お話を伺った!

■アニメ業界でのお仕事とは?

―ところで、WEB上では美人アニメータ―として話題になっていますよね。

矢野 その話は、やめましょうっっ!!

―なんでですか(笑)。ネットで話題を目にするのですが…。

矢野 いやもう、そういうものは見ないようにしています!

―あんまり意識してないんですね。

矢野 言われてイヤなことじゃないんですけど、贔屓(ひいき)されて作画監督とかキャラデザをやっていると思われたくないんです。ルックスは関係なくて、完全に実力の業界だと思うので。

―わかりました! では話を変えて…。若くして『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』のキャラデザも担当されましたが、きっかけは?

矢野 たまたま、コンペに参加しないかとスタジオの人に声をかけていただいたんです。決まった時は「やったあ!」って嬉しかったんですが、キャラデザだけでなく(作品全体の作画を手がける)総作画監督もセットでついてくるので、自分に務まるのかと。でもその時は「頑張ろう」と突き進む気持ちだけでしたね。

―先ほどの話にあったお風呂シーンのように自分からやりたいことをやっていこうという。

矢野 「やりたい」と言っていたら、お仕事を振ってくださる方がいる業界だと思います。

―アニメ業界は大変な環境というイメージもありますよね。

矢野 私は絵を描いている時が一番幸せなので苦ではないです。ウェイトレス時代の挫折があったので「絵を描くことで生活できるなんて、なんて幸せなんだ!」って気持ちしかないのかな。(アニメーターには)「絵を描くことが好き」という人には向いていると思います。だから単純に「アニメが好き」っていう人には向いてないといいますか、やっていけないのかなと思うんですよ。

―「アニメが作りたい」というスピリッツが必要なのですね。

矢野 あと、自分のペースで自分の好きな時間に作業できるので良い環境だなと。

矢野茜0680


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27