週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 混沌たる「北朝鮮ポップス」を生むハイレベルな音楽教育――国歌をゴスペル+ヘビメタ風にアレンジ!?

ニュース

混沌たる「北朝鮮ポップス」を生むハイレベルな音楽教育――国歌をゴスペル+ヘビメタ風にアレンジ!?

[2018年03月18日]

NEW

北朝鮮音楽の混沌とした魅力を伝える「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏と、北朝鮮に音楽留学の経験を持つ、うねこ氏(普段は一般企業にお勤めなので顔出しNG)

先月、平昌五輪をきっかけに実現した北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団の韓国公演は大きな話題を集め、披露された楽曲が「意外とポップなことに驚いた」という声も多く聞かれた。

かの国のリアルな音楽事情はどうなっているのか? 北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏と、北朝鮮に音楽留学の経験を持つ、うねこ氏が徹底解説!

前編(実はめちゃくちゃポップ! 知られざる「北朝鮮音楽」の魅力とは?)に続き、今回は混沌たる「NK‐POP(北朝鮮ポップス)」が生み出される背景を深堀り! 文中に出てくる楽曲の多くはYouTubeで閲覧できるので、是非、BGMにしながらお楽しみください!

***

―北朝鮮音楽には実に多様なグループがいるんですね。それらはどうやって結成されるんですか?

 基本的には全部、当局が決めます。今は金正恩の周りに音楽家が多くて、妻の李雪主(リ・ソルチュ)も歌手だし、陸軍大佐で三池淵管弦楽団代表を務めた玄松月(ヒョン・ソンウォル)も元歌手。そのあたりが企画を出しているようです。そもそも青峰(チョンボン)楽団は李雪主も在籍していた銀河水管弦楽団がスキャンダルで解散させられて、その受け皿として作ったと言われているんです。

うねこ そういう楽団に所属する人たちはみんなエリートで、ウィーンとかモスクワにどんどん留学に行っているんですよ。国が全面的にバックアップしてミュージシャンを育てている。

―音楽を政治に利用する目的なのでしょうか?

うねこ それは間違いなくありますね。金正日氏は昔、宣伝扇動部という大衆に思想教育するようなポジションにいたんですけど、音楽や映画が大好きだったんです。自分は政治家になっていなければ映画監督になっていたと言うほどなので、芸術には力を入れていたんですよね。

 ナチスも音楽や映画でプロパガンダしてましたけど、北朝鮮もそれを参考にしていると言われています。軍隊の行進の仕方とかもほとんどナチスと同じですから。

―国際的に評価されている音楽家もいるんですか?

うねこ そこが難しいところで、やっぱり創作に縛りがあるんですよ。社会主義時代のソ連でもショスタコーヴィチとかプロコフィエフとか、制限のある中で活躍した作曲家はいましたけど、北朝鮮はそれ以上に制限が強い。

金正日氏は1992年に「音楽芸術論」を発表していますが、そこには「音楽は人民が誰でもわかるように大衆的でなくてはいけない」「思想性に富んでいなくてはいけない」などと書かれていて、がっちり路線を決めてしまっているんです。そこから外れたものは発表できなかったり、批判を受けたりするので自由な創作が難しい。

 戦前から戦中に活躍した崔承喜(チェ・スンヒ)というダンサーがいて、当時は川端康成やピカソからも評価されるほど世界的に人気があったんですけど、彼女は朝鮮半島生まれで日本に来て、戦後は北朝鮮に渡ったんです。でも「ブルジョワおよび修正主義分子」として粛清されてしまう。もし生きていたら、アジア最高の踊り子になっていたかもしれないですね。

うねこ 当局からの規制は厳しいですが、最近はロックやR&B風のアレンジも増えています。

 2012年の第9回全国芸術人大会公演では、牡丹峰(モランボン)楽団が北朝鮮の国歌をゴスペル+ヘビメタ風のアレンジで披露していましたね。国歌をアレンジするなんて、資本主義国家でも冒涜と言われかねない行為ですけど、それができてしまうのは北朝鮮ならではだと思います(笑)。

うねこ でも、あのアレンジは1回限りだったから、もしかしたらやりすぎで怒られた可能性はありますね(笑)。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18