週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 日本アレルギー協会理事長に聞く「アレルギー疾患」を持つ人が増えている理由

ニュース

日本アレルギー協会理事長に聞く「アレルギー疾患」を持つ人が増えている理由

[2018年05月04日]

NEW

今や国民病ともいえる「アレルギー疾患」。その予防と治療法とは?

花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎…今や国民病! ふたりにひとりがなんらかのアレルギー疾患を抱えている。

そこで、前編に続き、季節を問わず発症する現代病の代表格「アレルギー」に迫る!

* * *

このようなアレルギー疾患を持つ人が増えているのはなぜなのだろう。引き続き、公益財団法人日本アレルギー協会理事長の宮本昭正先生に聞いた。

「これには様々な原因が考えられますが、まずひとつには、家が密閉化され、冷暖房が入り、生活しやすくなったことが挙げられます。それはつまり、ダニなどのアレルゲンにとっても繁殖しやすい環境であるということを意味するからです。

床に絨毯が敷いてあれば、そこに人間の髪の毛やペットの体毛などが入り込み、それを栄養にダニが繁殖します。ですから、アレルギー疾患を持つ人は先進国ほど多いのです」(宮本先生)

また、人間の免疫機構のバランスが昔よりも崩れ、アレルギー疾患を発症しやすくなっているという説もある。

「“衛生仮説”というのですが、衛生状態が良くなりすぎたためにアレルギーを発症しやすい体質になったという説です。例えば、アフリカの山間部に住んでいた人が街へ移り住むとアレルギー体質となり、元の場所へ戻ると症状が回復するという例も報告されています」(宮本先生)

しかし、アレルギーの原因はこれだけではない。

「さらにストレスや過労などが原因で自律神経が乱れると、アレルギーを発症しやすくなるケースもあります。交感神経より副交感神経が緊張した状態が続くと、発症しやすくなるのです」(宮本先生)

そして、アレルゲンに対するその人の体の許容量が関係するという説もあるようだ。つまり、花粉や食物などによるアレルゲンが少しずつ体内に蓄積され、ある日、許容量を超えてしまう。だから「去年までは大丈夫だったのに、今年から花粉症になった」なんて人がいる、という説だ。

しかし、実際のところは、何が原因で発症するかの特定は難しい。

「アレルギー疾患は環境の変化、その人特有の体質や体質の変化、ストレスなどの原因が複雑に絡み合って引き起こされ、いまだに解明されていない部分も少なくありません」(宮本先生)

だからこそ、患者数が増え続けているし、一度なると完治が難しいのだろう。では、予防と治療はどうすればいいのだろう。

「やはり、アレルゲンを身の回りから取り除き、体内に取り込まないことが前提となります。もし、アレルギー疾患の疑いがあるのなら、まずは専門医で検査することが必要でしょう。

検査方法には『血液検査』や『皮膚テスト』『食物除去テスト』などがあります。血液検査なら花粉症や鼻炎、アレルギー性ぜんそく、食物アレルギーに関係する39の項目が一度に検査できますよ」(宮本先生)

というわけで、編集部のふたりが血液検査を受けてみた。すると、最近になって「突発性アトピー」と診断されたスタッフは陽性反応が出ず、アレルギーの自覚がまったくないスタッフから「ガ(蛾)」の陽性反応が出た。

この程度の反応なら私生活にほとんど影響はないそうだが、ガの鱗粉(りんぷん)を吸ったりすると、アレルギー症状が出る可能性があるとか。

アレルギー4

重度のアレルギー疾患に悩む患者さんの結果。多くの項目で陽性反応が出ている


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018