週プレNEWS TOP 連載コラム 語っていいとも! 語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「俺たちは声だけでも命かけなきゃいけないんじゃないかと…」

連載コラム

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「俺たちは声だけでも命かけなきゃいけないんじゃないかと…」

[2015年11月15日]

モノマネに司会、役者etc.と大活躍する声優界の第一人者・山寺宏一さんが熱く語る!

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』

前回のさとう宗幸さんからご紹介いただいた第12回ゲストは、声優の山寺宏一さん。

モノマネに司会、役者etc.と大活躍する声優界の第一人者だが、前回までは「イイ声って言われたこと、本当に1回もないです!」「ネットの評判とか打ちひしがれることがあるんです」「『ものまねバトル』でもう終わったなと思いました」…と意外すぎるお話が続々!

超多忙な中、2時間にわたって語り尽くしていただいた過去最高の第4弾、最終回は…。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―いや、トントン拍子できましたとご自分で仰ってましたが、やはり並みじゃない苦労をされての今というのがプロ意識とともに伝わります。

山寺 でもそれも楽しいっていうか、いい場を与えられてますから。「おはスタ」出て、三谷(幸喜)さんのドラマに出る前までは、どっか「声優以外の仕事がないのはチャンスが貰えてないだけ。うちは声優に強い事務所だから」って、それを言い訳にしてたりしてましたけど。そうやっていろんなとこでレギュラーで出させてもらったり、ドラマでスゴいいいポジションで出させてもらって、後は自分次第。見てる人は見てるわけで、繋がらないのは僕にね、本当に魅力がないんだって思えるから。

―ほんと謙虚すぎです(笑)。若かりし頃の先輩方とのエピソードも戒(いまし)めになってるんでしょうけど。

山寺 まあでも、最近、洋画の吹き替え少ないんじゃない?って、ずっとマネージャーのせいにしてたりですね、そこは矛盾してるんですけど(笑)。

―今や第一人者として、声優の人気であり、食っていける仕事としての裾野を切り拓いてこられたわけですから。功績としてはもはや歴史に残るものかと…。

山寺 どうなんですかね。なんか、そう思ってた時期もあったんですよ、「山寺さん、いろんなことできるよね」って言ってくれる人もいるんで。けど、後輩の声優でもスゴい人たちはやっぱりいて。世間のみんなが知らなくても、アニメファン、声優ファンの中でビジネスが成り立つくらい熱狂的な、アジア全体、世界にまでファンを持つような声優が増えてきてるんですよね。そこは僕には縁がないなって思ったりして(笑)。

―そういう意味では、今のいろいろある声優界の現状で山寺さんは肯定派のほうなんでしょうか?

山寺 うーん、肯定も否定もできないですけど。伸びてる部分とか活躍してる部分は否定はもちろんしないですし。ただ、同じ世代での価値観でしか判断できなくなっちゃうんじゃないかなとか、もっといろんな声優の楽しみ、深みってものを僕たちは先輩から学んだような気がして。芸だけとか、芝居だけじゃなくて何かね。

声優っていうのがよくわからなくなって、横の繋がりもなくなってる感じもあって。だからってそれに対して何も言うことはないんですけど。例えば、アニメ声優ってスターになりやすくて、今はライブでもイベントでもどんどん目立つ活動はできるけど、洋画の吹き替えでやってる人って世間的にはそれほどでもなかったりするので。そっちも評価してもらえたらいいのかなって。

この人の吹き替えで観てみようとなって、見る目も厳しくなったりしたほうがいいし。僕は両方どんどんやりたいので、そうなったらいいなって思いますね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27