週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 『グラゼニ』原作者が名作『プレイボール』続編に挑戦! “何も足さない、何も引かない”真意とは…

ニュース

『グラゼニ』原作者が名作『プレイボール』続編に挑戦! “何も足さない、何も引かない”真意とは…

[2017年05月04日]

ちばあきおの長男として遺志を継ぐプロダクション社長・千葉一郎氏

ちばあきおの長男として遺志を継ぐ千葉一郎氏

千葉 例えば、原作では指のケガで最初サッカー部に入部した谷口が、野球への思いを断ち切れないでいたらサッカー部のキャプテンに殴られるシーンもありますよね。ああいう体罰とかって、今は描きづらいのでは…?

コージィ 気にしないでバンバン描きますよ。第1話でも先輩の田所が谷口の家に来て、いきなり煙草を吸いだすシーンがありますけど、そんな光景、昔は当たり前でしたし。あと当時、スポーツ選手は今と違い、疲れても水を飲まないのが常識でしたから、そこも踏襲するし。

ただひとつ、悩んでるのは金属バットを使うかどうか。高校野球で使うようになったのは昭和49年なんです。だから今回、昭和53年って設定だから使わないとおかしいなと。金属バットを差し入れるOBが現れるのか…。「何も足さない」といっても、そこはどう処理するか考えなきゃいけないかなって。

―ちなみに、物語は谷口君の最終学年となる1年間だけの予定なんですか?

コージィ そうですね。これって長くやるもんじゃないと思うんで。もし、あきお先生が単行本何冊分でやるか考えたら10巻だと思うんです。予選までを5巻、甲子園を5巻で描く…そこでスパッとやめて、決してダラダラ描かないはず。だからそれも踏襲したいなって。

…と言いつつ、ちばあきおイズムを追求していくと、東東京の決勝で負けて甲子園に行かせないんじゃないかって気もしてるんで。どうなりますかね(笑)。

千葉 今後の話がいち読者としても気になります(笑)。

―あきお先生自身もいつかは続編を再開して描きたいという思いはあったはずですけど。構想が残ってたり、誰かに聞いたりは…?

千葉 実際にやりませんかって話はあったようですが、具体的な内容を聞いたことはないですね。当時のことを樹之(しげゆき)叔父(弟で原作者の七三[なみ]太朗)に聞くと、連載の最後のほうはとにかく大変だったって。父が亡くなって、てつや伯父が続きを描こうかと思ってくださった時期もあったようですが難しかったみたいです。

コージィ やっぱり描いてみてわかるんですけど、すごく大変なんですよ。シンプルな絵ですけど、とにかく人がいっぱい出てきて、しかも普通ならありえないほど細かいところまで描かれてるんで。なかなかまねするのは難しい。すごい職人技なんです。

続編⇒大反響の続編『プレイボール2』で今また語りたい! 名作野球漫画“キャプテン”の魅力とは

(取材・文/大野智己 撮影/五十嵐和博)

プレイボール

■グランドジャンプにて連載中! 『プレイボール2』のあらすじ
キャプテン・谷口の最終学年となる春、墨谷高校野球部に墨谷二中の後輩イガラシや江田川中の井口など有望な新人が入部。前年に編入してきた丸井も含め、態勢は整った! だが甲子園常連校の谷原高に練習試合で大敗、チームを立て直すために谷口は……。

●コージィ城倉(COZY JOHKURA)
1963年生まれ、長野県出身。89年にデビュー、代表作に『愛米(ラブコメ)』『おれはキャプテン』『チェイサー』ほか。森高夕次名義で原作者としても『グラゼニ』『江川と西本』など多くの連載を抱える人気作家に

●千葉一郎(CHIBA ICHIRO)
ちばあきおの長男として現在は作品の企画・管理をするプロダクションの社長を母親から引き継ぐ。兄はちばてつや、弟は七三太朗という漫画一家である父親の遺伝子を継ぐ


馬場ふみかカレンダーブック2018 予約受付中!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • August 7th, 2017
  • No.33 Aug 14th 2017
  • No.32 Aug 7th 2017
  • No.31 Jul 31st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】わちみなみ、Hカップ現役JDアイドル

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017

メルマガ会員&アンケート 2017年No.34&35