週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 落合陽一×紗倉まな――学生たちとの質疑応答「規制されすぎた反動が爆発する瞬間がくる」

ニュース

落合陽一×紗倉まな――学生たちとの質疑応答「規制されすぎた反動が爆発する瞬間がくる」

[2018年02月12日]

■質問3
学生C AV女優をやって主張する以外に、日本人のエロコンテンツに対する偏見を払拭(ふっしょく)する方法って何かあると思いますか? 私はエロコンテンツに対しての偏見を払拭したいと思っているんですが、それには女優をやる以外ないのかな?と思っていて、意見が聞いてみたいです。

落合 いい質問ですよ。どっきりしちゃった、ちょっと。

紗倉 難しいですね。それが見つけられたらすぐにでも実行してると思うんですけど…。

落合 僕は、ひとつは文部科学省だと思っていて。なんか、保健体育の授業って男女別々にやることも多いじゃないですか。ああいうのはよくないなって思ったりとか。教育のカリキュラムとして、性に大っぴらな場を作るっていう発想は悪くないんじゃないかな。

紗倉 保健体育の授業はめちゃくちゃ影響あると思います。私、女優を始めて7年目になるんですけど、恥ずかしながらコンドームのつけ方すらいまだにうまくできなくて。「あっ」って思うこととか、すごくあるんですよ。避妊具をつけることってすごく大切なことなのに、知識という面でもちゃんと教わらず、「あとはご自分で」と言わんばかりにおざなりなところが多いし。そもそも保健体育っていう名称も微妙な気がします。

落合 説明書作ってくれなきゃ、コンドームつけられないですよね。

紗倉 うん、難しいですよね。何歳くらいからやったらいいのかはちょっとわからないですが、授業とか、みんなが共通して通うところでそういう知識を与えてくれる環境ができるっていうことが、一番性に対しての意識が改善されることかな、と。そこから偏見も薄れていくと思うので。

落合 大っぴらに言う習慣をつけるには、「まなちゃん、かわいいよね」みたいなことが普通にお茶の間で言われるようにしていったほうがいいんじゃないですか? そうするとキャリアのひとつとして、AVってありだっていう感じになるので。

かつては飯島愛さんがそういうキャラだったような気がするんですよ。それに対して、昭和のおばさんたちはしかめっ面をしながら「あのコ、元AVだから」ってずっと言い続けてたんですが、その感じじゃなくなればいいんですよ。

紗倉 そういえば以前、「さくらまやちゃんがCMに出てきて、間違えて親の前で『紗倉まな』って言っちゃって気まずい雰囲気になった」とかいう人のツイートを見たことがあって。私はほんとに申し訳ないことしてるなと思ってたんですけど、今のひと言に救われる思いでした。

落合 いえいえ、なんで気まずくなるのかよくわかんないですよね。ちなみに僕、週プレで連載を始めたときに、うちの業界のある大御所の先生から「女のコのおヘアが出てる雑誌に連載を持っているのはどうなのかね」って言われて。

「先生、じゃあ読んだんですね。仲間ですね」って言ったら、めっちゃ仲良くなりました。その人、「おヘア」って言ってる時点でイケてるじゃないですか(笑)。おヘアっていいな、品があるなと思って。

紗倉 イケてますね。

落合 イケてるから、あとは少し殻を破ることができれば仲良くなれるんですよ。だから要は、大っぴらにすればいいんですよ。

KA5A0148


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27