週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第178回「女子には秘密? 世界の男子が喜ぶ、言語不要の日本の秘密兵器って?」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第178回「女子には秘密? 世界の男子が喜ぶ、言語不要の日本の秘密兵器って?」

[2018年03月15日]

タシケントに雪が降ってきました。メドレセと雪景色のコラボは美しいけれど…、風邪ひいたよ!

タシケントに戻ってきた私は、“朝食が豪華”と噂の宿へ宿泊。

宿泊客には風変わりなフランス人のおっさんやパキスタン人の団体などがいて、女子率の低い中、ひとりパソコンを叩いていると…日本語で声をかけられた。

「あの、もしかしてマリーシャさんですか?」

「おや、日本人男子。名指しで声をかけられるとは、私も随分有名になったもんだ…」

などと思っていたら、キルギスの宿で沈没(長期滞在)していた旅人に、私の存在を聞いていたらしい。旅人同士というのはこうやってすぐ繋がるので、悪いことはできない(悪いことをしている人はすぐ噂になる)。

「美人って聞いてましたよ…!」

お世辞だろうか(だろうな!)。もろスッピンで油断してたけど、薄化粧くらいしとくんだった…。

豪華な朝食が人気のホステル。今までは炭水化物の毎日だったけど、これならウズベク生活も健康的!

豪華な朝食が人気のホステル。今までは炭水化物の毎日だったけど、これならウズベク生活も健康的!

「コアラのマーチ」はプリントが薄っ! でもこんなところで食べられるなんてなんだかうれしい

「コアラのマーチ」はプリントが薄っ! でもこんなところで食べられるなんてなんだか嬉しい

彼の名はタカハシ。日本では法衣(ほうえ)屋さんの営業をしていて、宗教のある地に興味があり世界一周しているという旅人。

「宗教といってもなんでもいい訳ではなくて、例えばアフリカの宗教にはあまり興味がなく行くつもりはないんです」

また変わり者に出会ってしまった。やはり中央アジアにいる旅人ってのは独特である。そして先日出会った東大先生と同じく、私に宗教の話を説いてくれるものだから、興味深くて深くて…眠くなる。

しかし、彼が私に教えてくれたのは宗教だけではない。女子の知らない旅のノウハウ。そう、男子だけの“秘密のコミュニケーションツール”についてだ。

彼はこれまでの中央アジア旅で各国の青年たちに「“アレ”を持ってないのか?」とたびたび要求されてきたいう。そのアレとは…、ハードディスク内に隠された「AV」!

もちろん持ってないワケがないので(タカハシ、晒してゴメン)、それを見せると皆、大喜び。どこの国でも“日本の女子はかわいい”と人気で、これを介して絶対に仲良くなれるのだそう。

「カザフ人が言うにはアメリカのポルノは単調だけど、日本には企画ものというシリーズや、キメ細かいニーズや好みに合わせた作品があるので、その受け皿の広さに引きつけられるそうですよ(笑)。普通のアニメやコミックなど教えても『翻訳が必要だ!』と言われますけど、アダルトは『ノントランスレーションで楽しめるからホントに最高だよ!』多くの国の青年男子は申しております」

その経験を経てタカハシは、「言語コミュニケーションを越えて、AVはもはや原始の舞踏のようです」と話す。

実は私、学生時代は言語コミュニケーション学を専攻しておりましたが、おみそれしました。そして彼はこう続けた。

「アフリカにはそういう原始の舞踏や言語コミュニケーション以前の意思疎通手段がまだまだ残っているんでしょうが、それが植民地政策や先進国の介入で変容しているという印象を持っていたので、やっぱり行くのをやめようと思ったもうひとつの理由でもあります」

一体、エロなのかマジメなのか。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20