ジープ伝統の7スロットグリルが光る顔面は、フラッグシップのグランドチェロキー似。気になる走りの実力はいかに!?ジープ伝統の7スロットグリルが光る顔面は、フラッグシップのグランドチェロキー似。気になる走りの実力はいかに!?

昨年10月に日本デビューを飾ったジープの2代目コマンダー。初代はチョー大型ボディとV8エンジンだったが、2代目はミドルサイズに大変身した! しかも、ジープ初となるディーゼルエンジンを搭載。というわけで、公道試乗し、その魅力に迫ってきた!!

* * *

■野性的な音と振動のディーゼルターボ

今回試乗したコマンダーは2代目となる。初代は2006年に日本デビュー。当時はジープのフラッグシップ的な存在で、ジープ初となる3列7人乗りを売りにする4WDモデルでもあった。

ちなみに骨格はトップモデルのグランドチェロキーとシェア、エンジンもジープが誇るV8エンジンを搭載していた。残念ながら販売的にパッとしなかったらしく、09年を最後に日本市場から姿を消してしまった。

ジープ コマンダー 価格:597万円 ジープブランドのモデルなのでオフロード性能もバッチリ。路面に応じたドライブモードなども備えているジープ コマンダー 価格:597万円 ジープブランドのモデルなのでオフロード性能もバッチリ。路面に応じたドライブモードなども備えている

そして月日は流れ、13年ぶりに日本再上陸を果たしたのが、昨年10月に販売開始となった2代目コマンダー。3列7人乗りのシートアレンジと4WDは初代を継承しているが、エンジンは2リットル4気筒のディーゼルターボとなり、ボディサイズもミドルサイズに。もちろん、骨格もグランドチェロキーとは異なる。

では、この2代目はどんな立ち位置なのか? 現在、ジープは欧州の大手自動車グループ「ステランティス」の傘下にある。そこで、ステランティスに2代目コマンダーを日本に導入した理由を聞いてみた。

ボディサイズは全長4770㎜×全幅1860㎜×全高1730㎜。ホイールベースは2780㎜。車重は1870㎏ボディサイズは全長4770㎜×全幅1860㎜×全高1730㎜。ホイールベースは2780㎜。車重は1870㎏

「グランドチェロキーではボディサイズが大きすぎる。でも、3列シートは欲しい。そういうお客さまの声が多かったんですね」

要するに日本市場にマッチングする3列シートを備えたミドルクラスSUVを導入したというわけ。3列シートを用意しておらず、昨年末に生産を終了したチェロキーの実質的な後継モデルと考えるとわかりやすい。

そんな鳴り物入りで登場した2代目は、顔面がフラッグシップのグランドチェロキーを彷彿(ほうふつ)とさせる仕上がりになっていた。

日本に導入されたコマンダーのグレードは上級仕様のリミテッドのみ。室内は上質。装備は至れり尽くせり日本に導入されたコマンダーのグレードは上級仕様のリミテッドのみ。室内は上質。装備は至れり尽くせり

運転席に滑り込むと、まず感じたのはすこぶる良好な視界。開放感抜群で早く走り出したくなる。ちなみにメーターは10.25インチのフルデジタルディスプレー。この未来感は男心を刺激する。

日本仕様の生産国はインドとのことだが、インテリアに目を向ければゴージャスのひと言。シートはダイヤモンドキルティング加工が施された本革。上質にも程がある。

ダッシュボードなどにはソフトパッドが多用され、インパネ中央にはスマホ接続対応の10.1インチタッチパネルモニター付きオーディオナビがドーンと鎮座する。

2リットルの直4DOHC16バルブディーゼル ターボは9速ATと組み合わせる。燃費は13.9㎞/リットル(WLTCモード)2リットルの直4DOHC16バルブディーゼル ターボは9速ATと組み合わせる。燃費は13.9㎞/リットル(WLTCモード)

優雅な気分に浸りながら、エンジンをスタートさせて驚いた。9速ATと組み合わされるディーゼルターボエンジンの音と振動があまりにも野性的なのだ。

とはいえ、運転時間がある程度経過すると、〝ジープのSUVに乗っている感〟が高まってきて、それほど音や振動は気にならなくなる。ちなみに走りは力強く軽快で、約1.9tのボディも気にならない。

3列目は床下収納が可能。荷室容量は3列目を使用した場合、170リットルだが、3列目を床下収納すると481リットルを確保3列目は床下収納が可能。荷室容量は3列目を使用した場合、170リットルだが、3列目を床下収納すると481リットルを確保

では、2代目のキモとなる3列シートの使い勝手はどうなのか? レイアウトは1列目が2人、2列目が3人、3列目が2人の7人乗りとなっている。

ドアが80度開くこともあり3列目への移動はスムーズなのだが、正直言うと3列目の足元スペースはタイト。大柄な人だと膝を抱える感じになってしまう。自動車専門誌のデスクもこう指摘する。

「ガチで使える3列シートを希望する方には、国産のミニバンを推します」

とはいえ、ADAS(先進運転支援システム)も充実し、後部の荷室扉はハンズフリーオープン機能を備える。乗り心地もゆったり快適だ。3列シートを備える個性輝くSUVを狙うのなら、コマンダーは注目の一台である。

★『インプレ!』は毎週水曜日更新!★