昨シーズンの最終戦アブダビGPで8位入賞、自身初となる「ドライバー・オブ・ザ・デイ」を獲得した角田選手と堂本光一が対談 昨シーズンの最終戦アブダビGPで8位入賞、自身初となる「ドライバー・オブ・ザ・デイ」を獲得した角田選手と堂本光一が対談

新連載【堂本光一 コンマ一秒の恍惚Web】RACE1(特別版)

『週刊プレイボーイ』本誌から『週プレNEWS』に場所を移して連載がスタートする「堂本光一 コンマ一秒の恍惚」

堂本光一がいちファンとして、愛してやまないF1について語りまくるWeb連載。その第1回目は、アルファタウリ・ホンダに所属する日本人F1ドライバー、角田裕毅(つのだ・ゆうき)選手をゲストに迎えての特別版!

ふたりの対談は、『週刊プレイボーイ』3・4号(ウェブ転載記事はこちらから)にも掲載されているが、今回はスペースの都合でそちらに盛り込めなかった内容を中心にお届けする。

今年でF1参戦4年目を迎える角田選手が、堂本光一と2023年シーズンを振り返ると共に、24年シーズンの見所を存分に語り合った!

* * *

■最終戦でアップデートを入れた理由

堂本 昨シーズンの最終戦、アブダビGPでの角田選手の走りは素晴らしかったです。予選では自己最高位となる6位を獲得し、決勝では8位入賞という結果でした。角田選手が一時トップを走った瞬間はとても興奮しましたし、ファン投票による「ドライバー・オブ・ザ・デイ」にも選ばれましたね。

角田 ありがとうございます。昨シーズンはどんな状況でもモチベーションを下げることなく、コンスタントにマシンのポテンシャルを引き出すことを目標にしていました。たとえマシンの状況が悪くても、あきらめずにパフォーマンスをしっかり出せば、いい評価につながるはずと思って毎戦レースに臨んでいました。

堂本 その点、角田選手は十分にやってのけたのではないかと思います。1シーズンにわたる角田選手とチームの努力の積み重ねが、アブダビの結果につながったと感じました。

最終戦のアブダビGPでも、マシンにアップデートを入れた角田選手が所属するアルファタウリ 最終戦のアブダビGPでも、マシンにアップデートを入れた角田選手が所属するアルファタウリ

ただアルファタウリは最終戦のアブダビでも、マシンにアップデートを入れていたのは驚きました。通常、各チームはシーズン終盤になると、翌シーズンのマシン開発に集中していきますが、最終戦のアップデートは24年を見据えたものなんですか?

角田 そうです。空力の設計の考えを従来と変更してレッドブル寄りのものにしています。ストレートのドラック(空気抵抗)が少なく、低速コーナーで、特にリアのグリップが向上するようなフロアを持ち込みました。

堂本 レッドブルは低速コーナーが速いと言われていますよね。

角田 最終戦のシケイン(ターン6)でセルジオ・ペレスに抜かれたのですが、進入速度がエグかったです(笑)。それぐらい違うんだなと思いました。やっぱり低速コーナーで一番タイム差が出るんです。

高速コーナーはアクセルを抜く、抜かないぐらいなので、あまり差が出ません。結局、低速コーナーで速いマシンが1周トータルでも速い。もちろんコース特性も多少影響しますが、低速コーナーではブレーキはもちろん、いろいろな操作をしますから、スピードが遅くなればなるほどタイム差に影響します。

昨シーズンは、直線が遅いマシンに苦戦したと語る角田選手 昨シーズンは、直線が遅いマシンに苦戦したと語る角田選手

あとは直線スピードの改善も図っています。昨シーズンの前半戦は、アルファタウリがドラックが一番大きく直線が遅いマシンだったので、苦戦しました。レッドブルと同じホンダのパワーユニット(PU)を積んでいるのに、ストレート区間で最高速が7~10キロも違っていて、コンマ4秒ぐらいの差がありました。

また、直線の速いウイリアムズとはストレート区間でコンマ6、7秒ぐらい違うコースがありました。ドラッグをできるだけ減らして、いかにグリップを上げるか、というのがアルファタウリの昨シーズンの課題でしたが、改善させるのがなかなか難しかったです。

空力に関して、今シーズンはレッドブルとの関係を強化し、大きく改善しているのではないかと思うので、すごく楽しみにしています。

■レッドブルとの差をもうちょっとなくしてほしい

堂本 昨シーズンのアルファタウリは、DRS(ドラッグ低減システム)を使っても、なかなかオーバーテイクが難しかったので、レースでは苦戦しているように見えました。

角田 そうなんです。特に、直線が速いウイリアムズの後ろを走ると、本当にストレスが溜まりました。DRSが作動しても抜けなくて、レースがつまらないと感じるほどでした(笑)。コーナーで迫れたとしても、ストレートで簡単に引き離されてしまうので、苦しかったですね。

ですから、スタートのときにウイリアムズのマシンが斜め後ろあたりにいると、一番緊張します。スタートでは絶対にウイリアムズに抜かれたくないという僕の気持ちを(アレクサンダー・)アルボンもわかっているんですよね。

だからスタート前のセレモニーが終わった後に、「お互いに頑張ろう」と声を掛け合うのですが、そのときにアルボンはいつもニヤニヤしているんです(笑)。

角田選手のデビューイヤーである2021年にもふたりは対談しているが、そのときはリモートだった。今回は東京・青山にあるHonda本社での対面での対談が実現した 角田選手のデビューイヤーである2021年にもふたりは対談しているが、そのときはリモートだった。今回は東京・青山にあるHonda本社での対面での対談が実現した

堂本 マクラーレンにしても開幕当初はあまり調子がよくなかったですが、シーズン中盤以降はマシンが飛躍的に速くなり、表彰台の常連になっていきました。F1の世界で、あんなに急成長を遂げるのは珍しいことです。アルファタウリも後半戦では競争力を上げてきましたが、マクラーレンと同じようなことをできなかったのかな、と思います(笑)。

角田 僕らにもできるはずですよね。だってシーズン前半は、マクラーレンは僕らと同じようなところを走っていたんですから。でも彼らはいつの間にか目の前からいなくなってしまって、周回遅れにされたレースもありました。僕もそんなに変わるのかと驚きました。

(ランド・)ノリスはマシンのベースは良かったけれど、ブレーキに問題を抱えていたと話していましたが、それを改善したことでマシンのパフォーマンスが大きく向上したのだと思います。ところで堂本さんが今シーズンのF1で気になるチームはありますか?

堂本 レギュレーションに大きな変更はないので、レッドブルが速いのは当然として、上位チームの勢力図にそれほど変化はないのかなと予想しています。

今季もレッドブル、フェラーリ、メルセデス、マクラーレン、アストンマーティンが上位グループを形成してくると思いますが、これだけ接戦になっているので、そこにアルファタウリが加わってほしいですね。

自分としては上位グループの優勝争いだけでなく、中団グループで角田選手がどう戦って、上位勢に迫るのかが楽しみです。

「角田選手から前向きな言葉が聞けて、今シーズンがますます楽しみになった」と語る光一 「角田選手から前向きな言葉が聞けて、今シーズンがますます楽しみになった」と語る光一

角田 期待に添えるように頑張りたいですが、レッドブルとの差をもうちょっとなくしてほしいですね。あまりに速すぎます。でもレッドブルは昨シーズンの後半戦、マシンに大きなアップデートはほとんどせずに、来季の戦いを見据えていました。

にもかかわらず、ああして圧倒的な強さで勝ってしまうので余力はあると思いますし、今シーズンも速いマシンを仕上げてくる可能性が高いと思います。

堂本 そうですよね。強いチームはどんどんいい流れに乗っていくんですよね。

角田 そんな中、唯一マクラーレンがレッドブルに近いところにいますが、チームの話を聞いていると、アルファタウリも結構、トップグループに近づけるんじゃないかと期待しています。

堂本 そうあってほしいし、その布石が見えた最終戦のアブダビだったと思います。ところで今シーズンは2月末にはバーレーンで開幕しますからオフは短いですね。ゆっくり休めそうですか?

角田 年末から年明けにかけて日本で1週間ぐらい休める予定なので、温泉につかって疲れを取りたいと思っています。最近、海外にいるときはサウナに入ってリラックスすることもありますが、やはり日本では大浴場でのんびりしたいです。

堂本 今シーズンは2月末にバーレーンで始まり12月の最終戦アブダビまで史上最多の24戦が行なわれます。僕たちファンはたくさんのレースを観られるのでうれしいですが、ドライバーは大変じゃないですか?

角田 半分の12戦ぐらいでちょうどいいです(笑)。でも今、F1のマーケットがどんどん大きくなっていますし、それが結果的にはチームやドライバーに還元されることになるので、体力的にも精神的にも大変ですが、良い面もあると思います。

■ラスベガスのカジノで当たりました(笑)

堂本 昨シーズンは初開催のラスベガスGPが注目を集めました。どんな印象を持ちましたか?

角田 フリー走行の1回目でマンホールのふたが吹っ飛んだというアクシデントがあって驚きましたが、全体的には盛り上がっていましたと思います。ちょっとチケットを高くしすぎたみたいですが(笑)、アメリカのスポーツカルチャーとショーを融合したようなイベントになっていて、僕はいい印象を持ちました。

堂本 現地で観たら最高でしょうね。僕もいつかラスベガスGPは現地に行ってみたい。ところでレース以外で昨シーズン、一番印象に残った出来事は何かありますか?

レッドブルとアルファタウリの関係が強化される今シーズン。角田選手がどんな活躍を見せてくれるのか? 開幕が待ち遠しい! レッドブルとアルファタウリの関係が強化される今シーズン。角田選手がどんな活躍を見せてくれるのか? 開幕が待ち遠しい!

角田 何があったかなあ......。そういえばラスベガスのレース後にカジノに行ったんです。トレーナーと一緒に行って、ブラックジャックとルーレットをしたのですが、ビギナーズラックで当たりました(笑)。

本当はレースで入賞して、そのボーナスを賭けようと思っていましたが、ラスベガスGPでは残念ながらポイントは取れませんでした。でも人生経験としてカジノに行ってみたのです。

堂本 それはすごい! でも日本人は幼く見られることがあるといいますし、カジノの入り口で未成年はダメだよ、と止められたりはしませんでしたか(笑)。

角田 僕もそういった心配をしていたので、パスポートをちゃんと持って行きました(笑)。ただレースウィークだったので、みんな僕のことを知ってくれていたので大丈夫でした。

堂本 昨シーズンは後半戦に向けてマシンの改良が進み、チームの状況が良くなったこともあって、今日は角田選手の言葉の端々から前向きな姿勢を感じられました。今シーズンの活躍、本当に期待しています。

角田 昨シーズンの後半戦のような調子でコンスタントに頑張っていくのが目標です。繰り返しになりますが、今シーズンはレッドブルとの関係が強化されることで、マシンの空力に関しては大きく変わっていくと思います。そこは僕自身も、すごく楽しみにしていますので、応援してもらえたらうれしいです。

(スタイリング/渡邊奈央(Creative GUILD) 衣装協力/AKM ヘア&メイク/大平真輝)

★不定期連載『堂本光一 コンマ一秒の恍惚Web』記事一覧★

堂本光一

堂本光一Koichi DOMOTO

1979年生まれ、兵庫県出身。日本人初のフルタイムF1ドライバー、中嶋悟氏がデビューした87年頃からF1のファンに。2023年12月にKinKi Kids17枚目のアルバム「P album」、47枚目のシングル「シュレーディンガー」をリリース。主演ミュージカル『Endless SHOCK』が、2024年4月と5月に東京・帝国劇場、7月と8月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、9月に福岡・博多座、11月に帝国劇場にて上演決定
公式Instagram【koichi.domoto_kd_51】

堂本光一の記事一覧