"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。今回は、現代のビジネスマンに必要なスキルについて議論する。

* * *

ホリ 前回は「これからの時代、仕事をしていく上で"コミュ力"が大事」と言ったけど、それを痛感したのが「ライザップ」なんだよね。ライザップの採用の仕方はスゴく正しいのよ。

ひろ ほう、どういう採用方法なんですか?

ホリ ライザップのトレーナーって100人応募があっても3人くらいしか採らない(採用率3.2%)んだって。で、どんな人を採るかというと、コミュ力が高い人や人当たりのいい人。

ひろ でも、面接の限られた時間で、そんなにすぐわかります?

ホリ わかるよ。だって、面接ってコミュニケーションじゃん。だから初見で「この人、なんか親しみが持てるな」と思えば採用するし、そうじゃないとフィットネス業界でそこそこの経験があっても採用しないらしい。

ひろ へえー。

ホリ 俺もライザップでトレーニングしたからわかるけど、トレーニングをしててもイラッとしないんだよ。トレーニングや食事管理は厳しいけど、イライラしないの。まあ、俺が習っていたトレーナーが、ライザップのトレーナーを指導する立場の人だったからってのはあるだろうけど。

ひろ そりゃ、うまいでしょうね。当たり前ですけど。

ホリ 指導もうまいんだけど、何より「この人のためにトレーニングを頑張らなきゃ」って気持ちになるんだよ。

ひろ え!? この人のために頑張る? でも、実際にトレーニングするのは堀江さんですよね。トレーナーのために堀江さんが頑張るんですか?

ホリ そんな気持ちになるのよ。不思議なんだけど......。

ひろ ちょっと何言ってるかわかんないです(笑)。

ホリ 何言ってるかわかんないけど、そういう気持ちにさせられたのは事実なんだよ。

ひろ う~ん......。

ホリ 例えば、俺が10kg痩せたら、担当のトレーナーはうれしいじゃん。その人の実績にもなるし。

ひろ はいはい。自分が頑張って痩せて、そのトレーナーの成果にしてあげたいと。

ホリ そんな気持ちにさせられちゃうのよ。で、なんでこういう感情になるかというと、そのトレーナーはいい人だし、コミュニケーションがうまいから。それがモチベーションになって、つらいトレーニングも続けられるの。

人間って自分のためにやろうと思うと三日坊主になるけど、誰かのためにやろうと思うと三日坊主にならない確率が高くなるんだよ。

ひろ 話を聞いていると、ちょっとした疑似恋愛ですね?

ホリ 恋愛ではなくて、すごい仲のいい友達みたいな感じ。

ひろ へー。じゃあ痩せた後も仲良かったりするんですか?

ホリ ならない。だから、ライザップをやめたら体重がまた戻っちゃったりするんだけどさ(笑)。

ひろ ははは(笑)。

★後編⇒ひろゆき「技術を会得している人にコミュニケーション術や人当たりのよさを教えるより、コミュ力の高い人に技術を教えるほうが効率的」

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。近著に『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』(マガジンハウス)

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著に『自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』(SBクリエイティブ)

★「ホリエモン×ひろゆき 帰ってきた!なんかヘンだよね…」は土曜・日曜日更新!★

horiemonhiroyuki_605_90.jpg