マニアックな芸風で人気を博したお笑いコンビ「魔女っこ」の伊藤しほ乃

あの元・美人芸人がグラビア初挑戦!

現在発売中の『週刊プレイボーイ』21号の袋とじでそのグラマラスなボディを大胆に解禁し、お笑いファンを中心に話題を呼んでいるのが巨乳を生かしたマニアックな芸風で人気を博したお笑いコンビ「魔女っこ」の伊藤しほ乃(27歳)だ。

2007年、高校3年生の時にスカウトされ、翌2008年、元レースクイーンでグラビアアイドルの永島さや佳とふたりで魔女っこを結成。以来、おっぱいネタを中心に過激なコントや漫才などをテレビや舞台で繰り広げ、一躍人気者に。

2013年に惜しまれつつ解散するものの今年2015年3月、セクシーDVDを中心に芸能活動を再開。以来、注目を集めている。

今回の週プレの袋とじグラビアでは「ヌードな妄想劇場」と題し、禁断のゲリラ撮影を敢行!

レストラン、バスの車中、非常階段、コインランドリーなどで身長168センチ、B90W58H87の完璧ボディをほぼ一糸まとわずに披露。過激すぎる姿で男たちを激しく挑発している。

ついに復活した、過激すぎる元美人芸人。彼女の現在を直撃した。

 * * *

―いや~、嬉しい&驚きましたよ! かつておっぱいネタで大ブレイクした魔女っこの伊藤さんが芸能界に帰ってきてくれたとは! しかも、週プレで初グラビアを披露してくれるなんて!

伊藤 あははは。そう言っていただいて嬉しいです!

―それにしても今回のグラビアではレストランやバスの車中、非常階段とまさかという場所で脱ぎまくって…(苦笑)。かなり攻めてますけど、さすがに恥ずかしかったのでは?

伊藤 いやいや。むしろすごく楽しかったです。撮ってもらいながらちゃんと(おっぱいが)見えてるかなとか、この角度のほうがもっと見えるんじゃないかなとか気になったくらい、自分の中ではテンションが上がっちゃって(笑)。やっぱりこうして雑誌に出させていただくわけですから、思い切ってやりたいなって。

中3の頃、急におっぱいが大きくなって

―ありがとうございます! それにしても改めて見てると、ものすごいプロポーションですよね。これで今回が初グラビアだなんて意外というか。これまではやろうと思わなかったんですか?

伊藤 う~ん。それがなかったですよね。あ、でも中3の時、ちょっと考えたかな。

―中3の時?

伊藤 その頃、急におっぱいが大きくなったんですよ。Eカップくらいあって。それでお母さんに「あんた、イエローキャブに入ったら」って言われて、ちょっと悩んだりして(笑)。

―中3でEカップって! グラビアやってたら絶対に売れましたよ(笑)。

伊藤 でも当時はおっぱいが大きいのがイヤでした。高校までずっと女子校だったんですけど、布を巻いたりもして隠してたし。

―へ~。にしても、謎ですよね。魔女っこって、おっぱいネタがウリのお笑いコンビでしょ。しかも手ぶらでコントしたりとかグラビア以上に過激なこともしてたじゃないですか?

伊藤 いや、最初は私、モデルやらないかってスカウトされて事務所に入ったんですよ。それが18歳の時で。で、打ち合わせで事務所に行ったらホワイトボードに「お笑い決定!」って書いてあって(笑)。

―えっ? それどういうことですか? まさかドッキリ(笑)?

伊藤 もともと相方になるコ(永島さや佳)にお笑いをやらせたいと当時の事務所が思ってて、コンビを組める相手を探してたらしいんです。そこで私がいいんじゃないかと。話が違う!と思ったんだけど、10秒後に「いいですね~」って言っちゃって(笑)。

―それ、決めるの早すぎるでしょ(笑)!

伊藤 いや、私、小学校の時、クリスマス会とかでコンビを組んでやるくらいお笑いが好きだったし、あと相方と初めて会った時、身長とスリーサイズがほぼ一緒なんで、なんだか親近感を覚えちゃったんですよね。きっと違う人が相方ならやってなかったと思います。

「魔女っこ」の由来はエロ本です

―なるほど~。「魔女っこ」ってコンビ名はどんな由来だったの?

伊藤 たまたま社長が持ってたエロ本の表紙がアニメの魔女で、おっぱいが大きかったんですよ。で、それに似てるからって(笑)。あとその頃、髭男爵さんとかキャラクター芸人が大勢いたんですけど魔女はまだいないからいいだろうって決まったんです。

―最初は、黒い魔女の衣装を着て出てたんですよね。

伊藤 はい。ドンキで買いました(笑)。最初はおっぱいネタじゃなく普通のコントをやってたんですよ。でも、何回オーディションに行ってもまるで受からなくて。

―どんなネタをやってたの?

伊藤 「ひひひひ」って笑いながら毒リンゴを出すんだけど、自分で舐めて死んじゃうみたいな。

―あはははは…(苦笑)。

伊藤 『エンタの神様』のオーディションの時、スタッフさんから「ふたりともおっぱい大きいから、おっぱいネタに変えたほうがいいよ」って言われたんです。そうしないと一生、番組には出してもらえないんだなって思って必死で考えました。

「ウチの父を紹介します」「乳です」みたいな(笑)。そうしたら反応がめちゃよくて。その後、『イツザイ』でも優勝して、お仕事もいただけるようになったんです。

―当時、モエヤン、チェリーパイ、W∞アンナ、おかもとまりちゃんとかアイドル風のお笑い芸人って何人かいたけど目立ってたよね。

伊藤 おっぱいのおかげです(笑)。おっぱいが、ずっとコンプレックスだったのにまさか助けられるなんて。あははは。

―特におっぱいネタっていえば、パイレーツを思い出した人も多いと思うけど。

伊藤 『あらびき団』に出た時に、芸人さんたちに「だっちゅーののパクリやん」って言われました(笑)。ネタの最後に「もう、そろそろ終わりにし魔女!」って胸を両腕で挟むポーズをするんですけど、それが似てるって。

「魔女っこ」を解散した理由

―いや、パイレーツ以上の存在感でしょ。だって今回のグラビアの扉にもなってたけど、おっぱいのとこだけくりぬいた全身タイツで手ブラをしながらコントする『テブラーマン』は強烈だったもん!

伊藤 あれは初の単独ライブの時、インパクトのあるネタをやろうって話から始まったんです。最初は「今日は手ぶらでいいからね」って、私が電話で相方を呼ぶと、手ブラしながら現れて「そっちの手ブラじゃねーよ!」ってコントだったんですけど(笑)、それがビックリするほどウケちゃって。もっと手ブラネタをやろうってことで、あの形になったんです。

―手ぶらしながら「あっち向いてパイ!」とか、動きの派手なネタもあったよね。乳首ポロリなんてあったのでは?

伊藤 おっぱいにニップレスどころか強力なガムテープを貼ってたんですよ。だから、それはなんとかセーフでした。でも、そのおかげで乳首がものすごい肌荒れしちゃいましたけど(笑)。

―当時のことで、特に印象に残ってることってある?

伊藤 うーん。2009年、さいたまスーパーアリーナの内藤大助選手と亀田興毅選手の世界タイトル戦のリングで前説をやったことかなぁ。ものすごいお客さんの数に緊張したんですけど、正面の解説席に具志堅用高さんがいて笑ってくれたのが嬉しくて(笑)。

―あははは。そこまで大人気だったのに2013年に突然、解散しちゃったでしょ。みんな、驚いたと思うけど。

伊藤 元々、相方が芸能活動に期限を決めてたのが大きいんですけど…まぁ幸せになりました(笑)。私も相方が辞めるなら芸能活動を引退しようって思ったんで潔く辞めて。その後は行きつけのアクセサリー屋さんで販売や経理をずっとやってました。

―でも自分から辞めたいって言ったわけじゃないから心残りはどこかであったんじゃない?

伊藤 そうなんですよね~。やっぱり、ちょっと…。そうしたら今の事務所の社長に声をかけてもらって。だから今こうしていろんなお仕事ができるようになって、すごく幸せですね。

男性芸人には一番避けられていた?

―改めて思うけど、伊藤さんってキレイでスタイルもいい上に人を楽しませようとするサービス精神もあるし。男の人からすごくモテるでしょ? それこそ、芸人さんからなんて…。

伊藤 全然ですよ~! 特に芸人さんになんて一番避けられるタイプで。声でもかけたらネタにされたり痛い目にあうんじゃないかと思われたのか控え室でも誰も口をきいてくれませんでしたし!

―あははは。ではどんなタイプの男性が好きなんですか?

伊藤 年齢は上がいいんですけど、引っ張ってくれるとかじゃなくていろんなことを共有できる人がいいですね。一緒にボーリングしたりジム行ったりとかしたいです。

―クールに見えて、好きになったら一途なタイプとか?

伊藤 その通りです(笑)。もう、ずっとその人のことだけを考えちゃいます。でも告白だけは絶対に相手にさせたいっていうか。

―さりげなく好きだって、アピールするみたいな(笑)。

伊藤 あははは。しちゃいます。ボディタッチとかはしないけど、ふたりっきりになって、言いやすい環境を作ったり、お酒の勢いを借りて「そろそろ言うことがあるんじゃないの?」なんて言ってみたり(笑)。うふふふ。

―いい相手が見つかるといいですね。今後、やりたいお仕事は?

伊藤 いま演技の勉強をしてるんで、ゆくゆくは女優業に挑戦してみたいですね。サスペンスドラマで、銃で撃たれて生死をさまようようなドラマチックな役なんて憧れます。とはいえ…やっぱりバラエティもやっていきたいかなぁ。お笑いをやってた頃から、人が喜ぶ顔を見るのが本当に好きなんで。

―今日、事務所に戻ったら、またホワイトボードに「お笑い再決定!」ってあったらどうします?(笑)

伊藤 う~ん、どうしよう。でも、もしかしたらそれもまたありかもしれませんね(笑)。とにかく今は毎日が本当に楽しいんですよ。だからなんにでもチャレンジしていきたいですね。

(取材・文/大野智己 撮影/小塚毅之)

伊藤しほ乃(いとう・しほの)1988年11月10日生まれ 東京都出身身長168cm B90W58H872008年にお笑いコンビ「魔女っこ」を結成。『あらびき団』(TBS)などのお笑い番組に出演して話題に。2013年3月に解散。現在はグラビアやドラマなどで活躍中。ファーストDVD『とれたてシフォン』発売中。セカンドDVDは6月19日に発売予定。公式ブログ【http://ameblo.jp/shihono11/