“二次元ボディー”と呼ばれ、アニメで見るようなありえない爆乳を持つ天木じゅんちゃん

“二次元ボディー”と呼ばれ、アニメで見るようなありえない爆乳で大人気の天木じゅんちゃんが、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD「二次元カノジョ」の発売記念イベントを行なった。

3枚目となる今回のDVDは、ファースト写真集とともに7月にバリ島で撮影。バリではとにかくご飯が美味しかったそうで「タイっぽいご飯ですか!? ちょっとハマりました」と、バリでの滞在を楽しめた様子。

だが、とにかく天気が悪かったようで「3、4日撮影して、その中でトータル2時間しか晴れなくって…」と大変だったとか。「カメラマンさんがすっごく雨男なんですよ! アシスタントさんが常に太陽を確認してて『(太陽)きまーす!』みたいな感じでやりました」と悪戦苦闘ぶりを教えてくれた。

そんな作品の内容は、全体として自慢のIカップを存分にアピール。彼氏目線の物語形式で、朝から始まり、ラブラブで天真爛漫に運動していたりするシーンが収められているとか。

中でも、本人オススメは、シーツの上でゴロゴロしているシーン。通常の撮影では、いいものが撮れるまで同じことを繰り返す場合が多いが、このシーンでは好きなようにやらせてもらったようで、「楽しくはしゃいでいます!」と胸を張った。

さらに、素肌にカーディガンを着ているシーンでは「もろに(オッパイの)形が出ちゃって、すごい私の胸の形がわかると思います」と、ニッコリ。嬉しすぎる情報までカミングアウトしてくれた。

左右の大きさが違うのが悩みで…

さらに今回、写真集の表紙は、なんと上半身裸で手ブラでしているカット! 「ずっと憧れていた表紙の形なんですよ! 王道と言えば、王道なんですけど、胸の形をしっかり見せて!」と、、とにかくファンのために胸の形を見せつけたかったらしい、じゅんちゃん。そのファン本意なサービス精神にいつも感心しますが、そんな中、「(オッパイの)すごい左右の大きさが違うくて…」と、ちょっとだけ本人は悩んでいるようでした。

また、裏表紙は洋服を着て空を仰ぐカットで、テーマが“絶対的美少女”とのこと。「そんな感じの自分になれたかなと思って、お気に入りです」と喜んでいた。

これまでは「絶対に(前髪)パッツンがいいとか、絶対にロリっぽい顔がいいとか…」、自らの思い描くイメージを決め込んで、それを頑(かたく)なに崩さないように頑張ってきたというが、今回の作品作りでは、スタッフ全員がいろいろと真剣に考えてくれた結果を受け入れ、自分のこれまでのキャラクターを打ち破ったようだ。

将来的に大事な作品になるんで、挑戦してみようかってことで、(黒目が大きくなる)コンタクトを外したりだとか、本来の自分で撮影ができるようにしていただきました」と、芸能界に入って、初めて自らを解放できるきっかけをつかんだようだ。

そんな彼女の憧れのアイドルは杉原杏璃さんとのことだが、本人が気づかないだけで、結構、近いところにいるんじゃないでしょうか…。グラビアの世界でナンバーワンを目指すじゅんちゃんですが、飾りすぎることなく、自分を解放していれば、頂上は必然的に見えてくるような気がしますよ! ファンも週プレNEWSは温かく見守っていきますからね!

天木じゅんちゃんの囲み取材動画は本サイトへ!https://youtu.be/v4-ngTuCFFI

(取材・文/週プレNEWS編集部)

天木じゅん(あまき・じゅん)1995年10月16日生まれ 兵庫県出身 身長148cm B95 W59 H84 趣味=温泉巡り・インコグッズ収集・歌・足指写真集め 特技=バトントワリング・ダンス・谷間で枝豆キャッチ・カラスの泣きマネ ○Iカップの童顔ロリ巨乳2次元ボディのグラビアアイドルとしてTV、ラジオ、舞台など幅広く活躍中。最新情報はオフィシャルブログをご確認ください。http://ameblo.jp/jun-amaki/