落語と下ネタのハイブリッド芸人“ピンク落語の巨匠” 桂ぽんぽ娘(こ)

2016年の『R-1ぐらんぷり』で優勝したハリウッドザコシショウや、今や大人気のシュール芸人・永野、そしてメイプル超合金のカズレーザーらは元々、“地下芸人”だった。

過激だったり、下ネタだったり、TVではあまり披露できないネタで地下ライブを沸かせていたーー2017年は、そんな地下芸人たちが、どんどん地上に出てきて大活躍する年になるだろう。

前編記事に続き、「チ○コなぞかけ」でブレイク中の美人芸人、紺野ぶるまさんに「今年期待の地下芸人」をなぞかけを交えて紹介してもらうことにした。

* * *【“現役ナースの アキバ・レジェンド” メトロポリちゃんV(ふぁいぶ)】「メトロポリちゃんVとかけまして、子供のチ◯コと解きます。その心はナイチンゲ、ール」(紺野)

地下芸人で地下アイドルで現役ナース。「客いじりは天下一品。笑ってるお客さんに『そこの笑いダケ食べたおじさん舞台に上がりなさい』とか言って注射器でボコります」(紺野)

「私、正看護師の免許を持っているのら☆ だから、人を元気にするためにいつも注射器を持っているんらおー♪ え、自己PR? いや、本当になんの取りえもない、ただかわいいだけの女のコだからなあ。キャッ☆

強いて言えば、地下アイドルとしてライブに出たりもするので、そのときに楽屋で仕入れたほかのマジな地下アイドルたちの赤裸々な話を包み隠さずするってことかな。意外とみんな過激ですよー」(メトロポリちゃんV)

■「撲殺治療」

1、「痛いの痛いの飛んでいけ」と言いながら注射器を振り上げる

2、治療する相手に思いっきり振り下ろした後に「治療完了」と叫ぶ

■「メトロポリアンナ物語」

3、頭に乗せたリスと一緒に「よかった」を探しに行く。すると転んでしまう

4、「イタタタ。でもよかった。転んだおかげでキレイなお花を見つけた」と言う

“スーパーレア芸人” 脇屋敷

【“スーパーレア芸人” 脇屋敷(わきやしき)】「脇屋敷とかけまして、チ◯コと解きます。その心は、セイシ(生死)をかけて頑張ってます」(紺野)

いつも申し訳なさそうな顔をしている女ピン芸人。「舞台に立つと気持ちが悪くなるため、なかなかライブに出ない。だからネタを見る機会が少ない。命がけで舞台に立ってる姿は笑いを誘います」(紺野)

「私、なかなかお笑いライブで見られないんですよ。舞台に上がると頭痛がして、気持ち悪くなって、ひどいと吐くときもあります。なんか体がついていかないんですよ。それでネタに詰まったり、最後までできなかったりして、申し訳ないなあという顔をしてごまかしちゃうんです。この“申し訳ない顔”が一部の人にはウケているようなんですが……。

ホント、こんな私を紹介していただいて申し訳ないです」(脇屋敷)

■「NYに感化された女」

1、男を待っているNYに感化された女。男が来て「ハーイ!」と挨拶をする

2、「オー、ペラペラペラペラ(英語)」と話す

3、びっくりして「オー、ホワッツ・ハップン?」と聞く

4、「え? なんか羽織りなよ?」(このネタの後にバツが悪くなって「申し訳ないです」と謝りまくる)

“ピンク落語の巨匠” 桂ぽんぽ娘

【“ピンク落語の巨匠” 桂ぽんぽ娘(こ)】「桂ぽんぽ娘とかけまして、大きすぎるチ◯コと解きます。その心は、2本分か!(日本文化!)」(紺野)

落語と下ネタのハイブリッド芸人。「かなりエグい下ネタなのに思わず『うまい!』とうなずきます」(紺野)。1月21日(土)に京都・よしもと祇園花月で『桂ぽんぽ娘の京都ピンク花月』が開催予定

「落語って、男の人が作ったものなので、女の私がやると違和感があるんですよね。それで一番自分らしい落語ってなんだろうって考えたときに思いついたのがピンク落語でした。

電マっていうあだ名になった女の話とか、旦那に相手にされないから相席居酒屋で男をあさる女の話とか、女性の目線で考えたエロい落語です。週プレの読者の方には私のピンク落語を通して、女性の扱いを学んでほしいです」(桂ぽんぽ娘)

■「マクラ」

1、「私、女性落語家としては5本の指に入ります」

2、「でも、ここ(股間)に入るのは3本までです」

■「シグサ」

3、「落語家らしく、しぐさをやってみたいと思います」

4、「みたらし団子がありまして。この蜜が(ズルズル)。裏スジもちゃんと(ズルズル)」

●紺野ぶるま与えられたお題をなんでもチ○コで解く「チ○コなぞかけ」で大人気。1月14日(土)、15日(日)に東京「新宿角座」にて単独ライブ「お願い…たまたまぶらぶらしていたことにして」を開催予定。公式ツイッターは【@burumakonno0930】

紺野ぶるま

(取材・文/村上隆保 取材協力/熊谷あづさ 撮影/村上庄吾)