1日12時間の猛勉強の結果、見事大学進学の夢を叶えたSKE48・後藤楽々

大学受験のため、今年5月1日から活動休止をしていたSKE48の後藤楽々が6日、愛知・SKE48劇場で開催された、チームE「SKEフェスティバル」公演で復帰を果たした。

会場には後藤のファンが多く駆けつけ、開演前の影アナでは「すごく久しぶりに劇場に立つので緊張していますが、みなさまに笑顔を届けられるようにがんばりますので、よろしくお願いいたします」とアナウンス。

1曲目の『重力シンパシー』からセンターポジションに立つと、4曲目まで全力のパフォーマンスを披露。メンバー紹介では「改めまして、長い間、お休みをもらっていましたが、待っていてありがとうございます。このたび、大学に合格しました!」と会場のファンに報告。すると、メンバーやファンからは拍手や大きな歓声が上がった。

さらに後藤は「大学に進むというひとつの夢が叶ったので、これからはさらなる夢に向けて、SKE48でイチからがんばっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」とファンに向けて宣言した。

1曲目『重力シンパシー』から全力パフォーマンスでファンを盛り上げた

ユニット曲『君のC/W』ではかわいらしさ、『バラの儀式』ではかっこよさを披露。さまざまな表情を見せながら、会場のファンと一緒に盛り上がっていった。

アンコールでは『恋のお縄』から激しいダンスを披露。ブランクを感じさせないパフォーマンスに会場のボルテージも最高潮。そして最後の曲『未来が目にしみる』を歌い、公演の幕を閉じた。

終演後、後藤楽々ちゃんに直撃インタビュー!

***

公演終了後、久しぶりの撮影に緊張しながらも写真を撮らせてくれた

――お疲れ様でした。久しぶりに劇場に立った感想から教えてください。

後藤 最初はめちゃくちゃ緊張していて、どうしようって思っていたんですけど、いざステージに立ったら、自分はアイドルだって思いました(笑)。アイドルの感覚を思い出しました(笑)。

――実際に何日休んでいたか調べてみたところ、5月1日から11月5日までで189日でした。今日の自分に点数をつけるとしたら何点ですか?

後藤 189日でしたか。今日の公演では気になる点はいくつかあって。体力がすごく落ちているなって感じたんですけど、100%楽しめたので、今日の点数は100点!

――今日出演してみて、ブランクを感じました?

後藤 SKE48のコンサートとかで全メンバーに会ったときに思うのかなって思います。

――今日はキャプテンの斉藤真木子さんや須田亜香里さんなど何人かのメンバーがお休みでしたね。

後藤 最初は不安で、先輩がいて安心する立場だったんですけど、最後の曲『未来が目にしみる』で私とおーちゃん(末長桜花)とゆうかたん(浅井裕華)の7期生で立ったんです。そのときに改めて、すごい成長したなー、ここまで来ることができたんだなって感じられてうれしかったです。

――今日の劇場に立つまでに何日ぐらいレッスンしたんですか?

後藤 11月に入ってから始めたので、5日ぐらいです。

――久しぶりのレッスン場はどうでした?

後藤 久しぶりにメンバーに会って、何を話せばいいかわからなくて(笑)。ホントは人見知りなので、何を話そうって思っちゃったんですけど、メンバーから『楽々、おかえりー』って言ってもらえてうれしかったですね。

――松井珠理奈さんには話したの?

後藤 話しました! 『早く会いたーい!』って言われました(笑)。

――休んでいる間はSKE48の情報チェックはしていたんですか?

後藤 一切していませんでした。インターネットを見ないようにしていたり、ツイッターやインスタグラムも一切触っていなかったので、情報は入ってこなかったんですけど、地下鉄に乗ったときに広告にSKE48を見つけたりはしました(笑)。

やっぱり、SKE48を休んで勉強をしていて、不合格で浪人しますっていうのは自分の中でも出来ないなっていうのがあったので。受験するってなったら、高校2年生ぐらいからやっている子もいた中で、私は5月から始めた身としてネットを見ている場合じゃなかったですから(笑)。

――1日どれぐらい勉強していたんですか?

後藤 朝10時に塾に行って、夜10時まで勉強していました。

――1日12時間ですね。

後藤 友達も作らず、ひとりでずっと勉強をしていましたね。勉強もひとり、ご飯もひとりって感じで。自分との戦いでした。

――ストイックでしたね。ホント受かってよかったですね。これで落ちたらシャレにならない。

後藤 ホントです! それは絶対にダメだと思っていましたから。4曲連続後のMCでは久しぶりの自己紹介。メンバーから『汗だくだ』と突っ込まれながらも笑顔を絶やさなかった

――合格したあとは?

後藤 久しぶりに家族と食事にいったり、食べ歩きをしたり、出来立てのバウムクーヘンを食べにいったりして家族との時間を過ごしていました。

――活動休止中、いちばん我慢していたことは?

後藤 遊ぶことですかね?(笑)

――アハハハ。大学に合格して、自分へのご褒美とか買いました?

後藤 両親にネックレスを買ってもらいました。ずっと欲しかったやつなんですよー。

――SKE48に戻ってきて、今いちばんやりたいことは?

後藤 将来の夢がアナウンサーになることなので、あんまりおもしろいことを話すのは得意じゃないんですけど、ラジオとかはすごく好きなのでそういったお仕事に取り組んでみたいなって思います。

――春から大学生になりますが、何をやりたいですか?

後藤 ひとりで買い物をしたい。

――えっ?

後藤 みなさん、何がしたいんですかね?

――たとえば友達を見つけるとか。

後藤 あー! たしかに新しい友達を作りたいです。

――いっぱい作りましょう! 最後の女子高生生活、やりたいことは?

後藤 友達と卒業旅行で軽井沢に行こうって話しています。

――今後の予定としてはSKE48での活動はどんどんしていくと?

後藤 いっぱいしていきます。握手会も参加しますし、SKE48のお仕事もたくさんやりたいです。今までは学業との両立でなかなか活動をできなかったので、これからはどんどんやっていきたいと思っています。SKE48に没頭できるかなって。

――最後に楽々ちゃんからメッセージを。

後藤 みなさん、帰ってくることができました。これからはSKE48に全力を注いでいこうと思いますし、今までやりきれなかった分、やりきっていこうと思いますので、謙虚に明るく、素直に元気に感謝の気持ちを忘れずにがんばっていこうと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします。アンコール1曲目『恋のお縄』では激しいダンスパフォーマンスでファンを魅了