近い将来、女優やモデルといった分野の最前線で活躍していくであろう10代の美少女たち。そんな彼女たちの魅力を読者に知ってもらうべく、週プレNEWS&週プレモバイル連載『微熱少女』がスタート!

毎週月曜日に、週刊プレイボーイが注目した美少女が登場するこの連載では、撮りおろし写真とロングインタビューで彼女たちの魅力をお届けします。

第3回目は、12月から始まる音楽劇『道』でヒロインのジェルソミーナ役に大抜擢された蒔田彩珠(まきた・あじゅ)ちゃん!

デビューのきっかけや女優の原点に迫ったインタビュー前編に続き、後編では性格や休日の過ごし方などプライベートの話や、今後の目標など未来の自分について語ってもらった。

――クールで無口なイメージがありますけど、今日の撮影ではすごい笑ってましたね。

蒔田 全然クールじゃないですよ(笑)。それに緊張すると笑ってしまう癖があって。ちょっと緊張してたんだと思います。

――緊張の裏返しだったんですね! 普段はどんなタイプの女のコなんですか? 

蒔田 親しい人と一緒にいると、かなり明るいと思います。笑わない役の印象が強いみたいで、舞台挨拶などでも「え? 笑うんだね!」って言われます。

――わかります。教室の隅っこでひとりで音楽を聴いてるようなタイプかと......。すいません!

蒔田 どちらかというと、教室の中心でひとりでいるようなタイプです。中心からみんなを観察しているような(笑)。でも、大人しそうに見られるんですけど、仲のいい友達といるときはずっと笑ってます。

――芸能界に入る前、小さい頃の夢は?

蒔田 犬が大好きでずっと飼っているので、自分も犬になりたかったです。小さい頃は、本気でなれると思ってました(笑)。

――かわいいです(笑)。犬を飼ってるんですね!

蒔田 小さい頃から飼っていて、今はチワワとプードルの2匹います。

――2匹もいるとお世話とか大変そうですね。

蒔田 お母さんがお世話してるので、私は遊んで可愛がるだけです(笑)。

――それも大事な役割ですもんね。休日はどんな過ごし方をしてますか?

蒔田 映画を観に行ったり、友達の家にギターを持って行って弾いたり、出かけることがほとんどです。

――ギターを始めたきっかけは、今年の南沙良さんとのダブル主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年7月公開作)ですよね? ギターを弾いてるシーン、かっこよかったです!

蒔田 ありがとうございます! 初めてのギターに挑戦しました。

――セリフを覚えてギターを弾くだけでも大変なのに、音痴の役っていう......。

蒔田 そうなんですよ。楽器ができるのに音痴という複雑な役で難しかったです(笑)。

――何度も聴いてたら、歌えるようになっちゃいそうだけど......。

蒔田 知らない楽曲だったので、覚えないようにしていたんですけど、だんだん覚えてしまって......。それでも、音程を外してがんばりました。

――役作りのためのギターが今でも続いてるということは、よっぽど楽しかったんですね。

蒔田 ギターは上達するのが楽しくて、今でもずっと弾いています。元々、音楽を聴くのが好きなので、好きなアーティストさんの曲をいろいろ弾いたりしながら。

――どんな音楽を聴いてるんですか? 好きな曲は?

蒔田 RADWINMPSさんが大好きです! ライブにも行きますし、好きな曲がいっぱいあり過ぎて選べないですね。

――RADWINMPSの曲って難しそうですけど、まさかギターで弾けるんですか!?

蒔田 弾け......ます! いつも聴いていてメロディは覚えてるので。

――趣味というか特技ですね! 今後、ギターを活かした役に挑戦してみたい気持ちは?

蒔田 あります。もっと練習して、前よりレベルの高い曲に挑戦してみたいです!

――蒔田さんのギター演奏がまた見れるのを楽しみにしてます! では、女優として今後の目標は?

蒔田 今までは悩みを抱えているような役が多かったので、逆に明るくて面白い女の子の役を演じてみたいです。

――マシンガンみたいにバーッとしゃべるような女の子とか?

蒔田 いいですね。やってみたい! 「えー! これも蒔田彩珠なんだ!」って思ってもらえたらいいですね。

――今までの印象と真逆だから、みんなビックリしそうです! 今年で16歳。4年後、二十歳になった自分って想像できます?

蒔田 全然変わってなさそうですね。今のまんま歳だけとるのかなと思います。でも、最近は久しぶりに会う人から「大人っぽくなったねー」って言われるようにもなってきて。

――「変わったね」と「変わらないね」、言われたいのはどっちですか?

蒔田 「変わったね」って言われるほうがうれしいです。少しずつ、大人になってるのかなって。

――早く大人になりたいですか?

蒔田 その気持ちもありますけど、焦る気持ちはなくて流れに身を任せたいです。この先のことを楽しみにするより、私は今を楽しみたい! いつか大人になっても、好きなことを続けているという感覚のままずっとお芝居をしていけたらいいな。

――好きなこと=お芝居なんですね。

蒔田 私にとってお芝居は、仕事というより自分の好きなこと。ずっとこれしかやってこなかったので、好きなことはお芝居だけです。

――ギターが好きとか、音楽が好きというのとはまた意味が違う?

蒔田 好きなことは全部、お芝居のなかでやりたいんです。お芝居の世界でいろいろな夢を叶えたいと思ってます!

(スタイリング/岡本純子 ヘア&メイク/石川奈緒記 衣装協力/レイビームス 撮影協力/日生劇場)

●蒔田彩珠 Makita Aju
2002年8月7日生まれ、神奈川県出身
◯7歳で子役デビュー。10歳の頃、是枝裕和監督のドラマ『ゴーイングマイホーム』で注目され、2018年は映画『猫は抱くもの』『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』など多数出演。12月8日から始まる音楽劇『道』にヒロイン役で出演。特技は、ギター。
公式Instagram【@makita_aju】

★蒔田彩珠ちゃんのアザーカット、そして撮影時のメイキング動画が『週プレモバイル』でご覧いただけます!

★『微熱少女』は毎週月曜日更新!★

binetsu_px ujo.jpg