彼女がリーダーとして所属した「ベイビーレイズJAPAN」が解散し、今回はソロとして週刊プレイボーイ51号(12月3日発売)の表紙・巻頭グラビアに登場してくれた"でんちゃん"こと傳谷英里香ちゃん。

撮影の感想は配信中の『週プレnet』で順次公開されるインタビューで聞くことができるので、ここでは彼女が日々考えていることを話してもらった!

■解散後、初のグラビア!

――最近は、何に興味がある?

傳谷 今は英語の勉強をしてます。英語が話せれば世界が広がるだろうなと思って。小学生の頃に英会話を習っていて、その頃は迷いなく話せていたんですけど、今はちょっと単語が追いつかなくて。

――そういえば、撮影中にロケ地(台湾)のおばちゃんと何か話してたよね?

傳谷 はい、英語でしゃべってくれたので。

――楽しそうにしてたよね? 何を話してたの?

傳谷 「あなた日本人じゃないでしょ?」って言われたので、日本人ですよって答えたら、「いや、ピュアな日本人には見えない......」って言われて。私のお母さんはフィリピンの人ですって言ったら「ほらね~(笑)」って、うれしそうに。

――そんなやりとりが英語でできるなんてすごい。今はどこかで習ってるの?

傳谷 習いたいんですけど、スケジュール的に難しくて。だから本を買ったり聞いたりして、ひとりでやってます。うちは家族全員英語がしゃべれるんですよ。おばあちゃんが通訳をやってたり。

――そうなんだ!

傳谷 おばあちゃんは大学で英語の先生もやってたみたい。せっかく海外に来たらコミュニケーションしたいし。英語に限らず中国語とかスペイン語とか、あとタガログ語にも興味があります。言葉ができれば世界中行けるので、今はひとつずつ頑張っていこうと思ってます!

■でんちゃんが怒るときは?

――今回の撮影で大変だったことは何かありましたか?

傳谷 プールに入るシーンは、なかなかの冷たさでしたね(笑)。台風の影響もあったと思うんですけど、「冬!?」って思いました。

――しかも一回上がって体を拭いたのに「もう一回入ろうか!」ってなりましたもんね。

傳谷 「ですよね~」って言って入りましたけどね(笑)。

――そういうときに腹が立ったりはしない?

傳谷 私、人に対してあまり負の感情がなくて。よく「怒ったりしないの?」って聞かれるんですけど、本当にそういう気持ちがないんです。自分でもこんなことでいいのかな?って思うんですけど。

――キレそうなのをガマンしてくれたんじゃないんだ。

傳谷 いやいや(笑)。無理したつもりはまったくないです。プールから部屋に戻るときも鼻歌歌いながら戻ってたし(笑)。人に対してマイナスな感情があまりないのかも。

――息抜きの時間とかでバランスを取ってる?

傳谷 息抜きなんて考えたことがないかも、ってくらい。今も息抜きしてるよって思います。

――小さい頃からそんな性格だった?

傳谷 以前は違ったかもしれないです。子供時代は人見知りで、人前に出るのもイヤで、コミュニケーションを取るのが苦手だったので。

でも中学生のときに読んだ本の影響とか、一番大きかったと思うのは芸能の仕事に就いて、ベビレを始めたことですかね。私たちは感情を表に出す"エモーショナルアイドロック"という形でやっていたので、そこで砕けていった部分はかなりあると思います。

――そこでいろんな殻が破れたんだ。

傳谷 それまでは"完璧人間"になろうとしていたんですね。それがベビレで壊されて、昔の自分と混ざり合って今の私ができたのかも。ネガティブな感情は意外と少ないですね。

■人に言えないひそかな悩み

――今回の撮影は「陰」と「陽」を意識したものだったんですけど、でんちゃんに「陰」の部分なんてあるのかなって思うんですが、どうですか?

傳谷 なぜか表現としては「陰」の表現のほうがやりやすいんですよね。人に対する怒りの感情は少ないですけど、泣きたくなったり悲しくなるという意味での「陰」は自分の中にあると思います。特に今年はベビレの解散とかいろいろあったので、「気を抜いたら涙が出ちゃうな」ってときに、自分を必死で抑えたりしてました。そういうときは、自分がポジティブなのか根暗なのかわからなくなりますね。

――家族や友達には、そういう悲しい気持ちを見せたり相談したりする?

傳谷 それもないんですよね。リアルタイムで相談ってなかなかできなくて、すべて解決した後に「こういうことがあったよ」って事後報告するくらい。相談相手がいないわけじゃないけど、人に弱い部分を見せられないのかもしれないですね。

――ひとり悩んでいるでんちゃんがいるわけですね。

傳谷 「もうイヤだ~、無理だよ~」って悩む日もあったかもしれないですね。でもポジティブな自分もいるので、すぐに「悩んでてもしょうがない」って、前向きになっちゃうんですけどね(笑)。

――素晴らしい。でんちゃんはとてもしっかりした人だと思うけど、自分の性格で直したいところとかある?

傳谷 まじめでしっかりした人に見られることがあるんですけど「私ってつまらないんじゃないかな」って悩みます(笑)。

――そんな悩みが!?

傳谷 「ポジティブだね」とか「自信がありそうだね」とか言われると、「バランスがいい人ということは、あまり面白くないんじゃないかな......」って思ってしまいます。

――そんなことないと思うけどね。

傳谷 そこが悩みなんですよね。もっとこう、人と違ってぶっ飛んでるようなことが自分にあればなーって思ってます。

――どんなタイプの人になりたい、というか憧れる?

傳谷 周りからの批判を気にせず、自分の世界にのめり込んでいく人はすごいなって思いますね。私にはできないなって。

――いろいろ考えてるんだね。悩んだときのストレス解消法とかはあるんですか?

傳谷 体を動かすのが好きなので、バスケとかプールとか。グループの活動が終わって体を動かさなくなったんですよ。だから家で何かできないかなと思って、筋トレをしてます!

――家でやるんだ。

傳谷 ジムでやりすぎちゃうと、めちゃめちゃ筋肉がついちゃうんですよ。だから自分でコントロールしながら自宅筋トレかなと。今はいろいろ試してる最中です。

―日々、そうやって頑張ってるんだね!

傳谷 はい! さっきも言いましたが、基本ポジティブなので、これからも楽しく頑張ります!

●傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ千葉県出身 身長158㎝
○『世界ふしぎ発見!』(TBS系)などのほか、さまざまな広告にも出演し活躍の幅を広げている。公式Instagram【@erika_denya】公式Twitter【@lespros_denchan】

★12月はWEEKLY『傳谷英里香』スペシャル写真集が配信中!
初めて訪れた台湾で撮影した、でんちゃんの週プレnetが配信中! 110カットを超える写真とムービーはほかでは見られない!
月額1080円(税込) 対応機種:PC/Android/iOShttp://shupure-net.shueisha.co.jp/
*週プレnetは月額会員制の電子グラビアコンテンツです

★週プレモバイルでは、撮影蔵出しカット&ムービーを公開!

qr.jpg
●「週プレモバイル」 ガラケー、Android、iOSに完全対応中!!
https://s-wpb.shueisha.co.jp/