毎週月曜日に、『週刊プレイボーイ』が注目した美少女が登場するこの連載では、撮りおろし写真とロングインタビューで彼女たちの魅力をお届けする。

第18回目は、7月19日に公開される新海誠監督の劇場アニメ『天気の子』に出演する、17歳の女優・森七菜さん。大ヒットを記録した『君の名は。』から3年。気鋭のアニメ監督待望の最新作で、ヒロインの天野陽菜を演じる。

森さんは2016年にスカウトがきっかけで芸能活動をスタートすると、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK)や『獣になれない私たち』(日本テレビ系)といったドラマ作品で存在感を発揮。

さらに今年に入ってからは、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)への出演で注目度が高まり、今後も『天気の子』のほか、『東京喰種トーキョーグール【S】』や『最初の晩餐』、『地獄少女』『Last Letter』といった注目作の公開が控えるなど、現在"もっともブレイクが近い"と言われる女優だ。

インタビュー後編となる今回は、デビューから3年がたった今、あらためて女優という仕事に対する思いを語ってもらった。

――業界入りのきっかけは地元・大分県でのスカウトだったというのは有名な話ですが、そもそも芸能界への興味はあったんですか?

森 女優さんになりたいっていうよりも、お芝居には興味はありました。有名になりたいと思ったことはないんですけど、お芝居をする人にはなってみたいなと思っていました。

――もしスカウトされなければ、大分県で普通の女子高生として暮らしていた?

 そうだったと思います。

――『天気の子』だけでなく、今後の注目作への出演が目白押しですが、ふと「普通の女子高生に戻りたい」なんて思うことはありますか?

 ありますよ。太るとか気にせず死ぬほど食べてみたいし、地元の友達みたいに何も気にせずインスタで変顔してみたいとか思います。ありがたいことではあるんですけど、今は大分に帰れる日数もどんどん少なくなってきていますし。

ただ、その分、友達と過ごす時間がより貴重なものになってきました。もし、このお仕事をしてなかったらと思うと、友達がいるってことは当たり前のことで、特に大切にしようとか感じることはなかったと思うんです。

でも、今は限られた時間しかないからこそ、一緒にいられる時間を大切にしようと思うようになりました。そこはこのお仕事をしてなかったら、わからなかったことですね。

――どうですか。デビューからの3年間を振り返ってみて、女優という仕事にやりがいを感じていますか?

 自分がやりたいことも、苦手だと思うこともありました(笑)。ただ、苦手だと思ったことでも、いざやってみたら、絶対に学ぶことがあるんですよ。終わってみて、「あーあ、やんなきゃよかった」と思ったことはないです。だから、やらせてもらえることは、全部挑戦してみたいと思っています。

――基本が前向きですよね。公式インスタグラムを見ても、いつも楽しそうです。

 そうですね、毎日楽しいです(笑)。

――もっともテンションが上がるのはどんなときですか?

 いつだろう......最近だとマカロンを見たとき?

――マカロンが好きなんですか?

 あんまり甘いものは得意じゃないんですけど、マカロンは美味しいので、テンションが上がります。でも、マカロンだけじゃないかも。美味しいものなら何でもテンションが上ります(笑)。

――公式インスタグラムを見ていても、食べ物を前にしたときの写真がすごくいい笑顔をしています。

 でも、いつも食べすぎて失敗するんですよ。この前も『天気の子』のアフレコに行く前に唐揚げを食べすぎちゃいました。そういうことがしょっちゅうあるんです(笑)。

――楽しいことにはのめり込んじゃう派?

 後先考えないです。わたしは誕生日が8月31日で、夏休みの最終日なんですけど、いっつも宿題を終わらせてなくて、毎年泣きそうになりながらケーキのロウソクを消しています(笑)。そろそろ過去の失敗から学習できる人になりたいです(笑)。

――しかも今はどんどん忙しくなっているわけですから、この夏の宿題はより大変そうですね。

 そうなんですよね。頑張ります。

――女優の仕事に学校の勉強と、今は本当に大変だと思うんですけど、趣味を聞かれたらなんて答えますか?

 うーん......。本当にこれっていうものがないんですよね。なんでも「やりたい!」と思ったらやるし、「やめよう」と思ったらやめちゃうし、感情に身を任せてます。あえて言うなら、やりたいことをやって楽しむことが趣味です!

――インタビュー前編で新海誠さんに「天気みたいな女のコ」と言われたというエピソードがありましたが、まさにそのとおりですね(笑)。

 本当にそうです(笑)。

――今回の『天気の子』は声優初挑戦でもありますが、もともとは大分弁ですよね?

 大分に住む前は関西にいたので、大阪弁もしゃべれます。

――それだけ方言が染み付いていると、標準語で演技することに対する苦労はありました?

森 あんまりないですね。たまに訛っていることはありますけど。自分ではわかってなかったんです、方言を使い分けたりするのが得意みたいなんですよ。今も大阪弁をしゃべれっていわれたらできますし、ドラマとか映画で全然住んだことのない地方の方言を覚えてっていわれても結構大丈夫です。

――じゃあ標準語を身につけるときもすんなりと?

 ただ、最初は標準語を話すことが恥ずかしかったです。「○○じゃん」と言ったりするのが、わたしみたいな田舎者からすると、なんていうか、"都会ぶっている"感じがして。特に大分の友達の前で「○○じゃん」って言っちゃうと、「うわ、出た~」っていじられます(笑)。

――地元の友達はみんな大分弁ですからね。

 はい。標準語は恥ずかしいんですけど、演技するうえでは慣れないといけないなとは思っています。

――収録で大分弁が出ちゃうことは?

 あります。『天気の子』でもたまに訛っているときがあったんですけど、みなさんすごく優しいから、そこを個性と捉えてくださって、特に細かく直されることはなかったんです。

――完璧な標準語でないのところが、陽菜というヒロインのキャラクターの個性だと?

 新海さんが「それも陽菜の言い方だから」って、柔らかく受け入れてくださいました。アフレコでは本当に新海さんの優しさに助けていただいたって感じがしています。

――森さんは新海誠さん以外にも、デビューが行定勲さんのWebCMだったり、今後も岩井俊二さんの最新作(来年公開予定の『Last Letter』)が控えていたりと、さまざまな有名監督と仕事をされていますよね。現場によって演技指導の違いとか、作品への向き合い方だったりに違いを感じたりされますか?

 わたし、まったく感じないんですよ。自分から「こうしたい」って主張するタイプではなくて、スライムみたいに、うにょーんとしたタイプだと思っていて。監督さんに四角に収めてくださいって言われたら四角になるし、丸になってくださいって言われたら丸になる。だから、監督さんの違いによってやりずらさとかやりやすさを感じたことはないんです。

むしろ、そうやってなんでも吸収することで鍛えてもらっていると思っていて。たとえば岩井さんだと、すごく長くワンカットを撮影されるので、台本に書かれてない部分も演技したりするんですよ。そこは本当、勉強させていただいたと感じています。

――では、これまでの出演作の中で、「これを乗り越えたことで女優としてレベルアップしたぞ」という作品は?

 えーっと......(小声で)まだない。

――ワハハハ! まだないですか(笑)。

 大きな壁というのが今のところなくて、みんな同じくらい大変だし、みんな同じくらい大切な作品です(笑)。

――演技以外のお仕事ではどうですか? こうやって取材で"素顔の森七菜"について聞かれることも増えてきたと思うのですが。

 超恥ずかしいです。恥ずかしいから、たまに嘘ついたりします。

――嘘つくんですか(笑)。

 嘘っていうか、エピソードをちょっと大げさに言ったり、自分のことをわざと蔑んだりしちゃいます。最初の頃はマネージャーさんに、「取材では同じことを言ったほうがいいよ」って注意されていました。

――どうしてそうなっちゃうんでしょう?

 恥ずかしさと、本当の自分をあんまり見せたくないって部分があって。素の自分は大した人間じゃないと思っているんですよ。だからバラエティ番組とかも苦手です。どうしていいかわからないから落ち着かなくて、この話は面白くないかなって考えると胸が苦しくなって、こう(顔を覆って)見ないでくださいってなります。お芝居をしているほうが楽です。

――とはいえ、今は高校3年生と学生生活にも終わりが見えてきました。卒業後はますます露出も増えるでしょうし、「もっと慣れていかないと」って思ったりしますか?

 なんにもないです(笑)。もっとオーディションに受かりたいとか、いい作品に関わっていきたいとかは思いますけど、「こうしなきゃ!」って力むのは違うのかなって思います。わたしはわたしのままで作品に真面目に向き合って、あとは周りの人がどう思ってくれるかですから。ありがたいことに、今まで自然体のままでたくさんの人に認めていただけたので、これからもそういう感じでやっていきたいです。

(ヘアメイク/佐藤 寛(KOHL) スタイリスト/申谷弘美 衣装協力/RANDA(サンダル))

七菜(もり・なな)
2001年8月31日生まれ 大分県出身 身長154cm
趣味=動画作り 方言=大分弁、関西弁
2016年の夏に大分県でスカウトされ、行定勲が手がけたWebCMにてデビュー。その後は、女優としてドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』など数々の話題作に出演。今後も映画『東京喰種トーキョーグール【S】』や映画『最初の晩餐』、映画『地獄少女』などの出演作が控えるほか、2020年には、岩井俊二が監督を務める映画『Last Letter』への出演も決まっている。
公式Instagram【@morinana_official

★森七菜ちゃんのアザーカット、そして撮影時のメイキング動画が『週プレモバイル』でご覧いただけます!

★『微熱少女』は毎週月曜日更新!★

binetsu_px ujo.jpg