『週刊プレイボーイ』の公式デジタルコンテンツサイト『週プレ グラジャパ!』が、開設5周年を記念して「ありがとう!5周年キャンペーン」を8月19日(月)まで開催中。

そのキャンペーンのスペシャルメニュー『俺のグラビア愛』は、著名人たちが自身のグラビア観とともにお気に入り写真集を5作品挙げてもらうコーナーだ。第三回は、「百獣の王」の異名を持ち、アイドルやグラビアに造詣の深い、武井壮さん。そんな彼がピックアップした5作品とは?

――武井さんはアイドル好きとして知られていますが、グラビアはご覧になりますか?

武井 好きですね。週刊誌のグラビアはすべて観ているし、写真集は多い時で月に10冊買います。

――月に10冊! すごいですね! デジタル写真集は?

武井 そちらはたまーにです。僕は紙世代なんで、多少値段が高くても紙を買っちゃう。モノというか、形あるものに価値を感じるんですよね。でもデジタルはいつでも買えて、どこでも見られる良さがある。それはすごくよくわかります。

――今回はグラジャパ!の中から5作品あげていただきました。どんな基準で選ばれました?

武井 グラビアは"閉じている"ものが好きなんです。ただ洋服を脱いで見せているだけの"おっぴろげた"ものは苦手で。家族や恋人にしか見せない水着姿を見せてくれて、近い関係性を感じるんだけど、でもやっぱり手が届かない。そんな絶妙な距離を感じさせるグラビアがいいんですよね。今回挙げたのは、そんな"閉じた"5作品です。

――なるほど。では、そんな中でもあえて一冊、挙げるとすると?

武井 難しいな。どれもいいんですよね。やっぱり馬場ふみかさんの作品かな。彼女はグラビアでは露出があるし、色っぽさもある。でも表情や目に媚びた感じがないからちょっと距離を感じられて、いい具合に胸をキュンとさせてくれるんです。その上、馬場さんはファッションなどを織り交ぜ、他の人とは違う一段上のグラビアを見せようとしてくれている。その姿勢もまた素晴らしいし。

――馬場さんは特定のタイトルではなく「全作品」を選ばれてますが、すごいですね。

武井 馬場さんって今のグラビア界では横綱、それも白鵬みたいな絶対的存在ですよね。全勝優勝○回みたいな。だからどれって選びようがないんですよ。

――(笑)。他の作品については下記をご覧いただきたいんですが、いわゆるグラビア好きというと、体のパーツにこだわる人が多いですけど、武井さんは違いますね。

武井 胸だけとか、お尻だけとかそういうことじゃないんです。トータルバランスというか、総合点が大事です。僕は元十種競技の選手だから、なおさらそう思うのかもしれない(笑)。総合点でいえば、グラビア以外の活動でどんなことをしているかも大事。それ次第でそのグラビアにどれだけの価値があるかも変わってきますしね。

――武井さんご自身はグラビアを撮ってみたいと思います?

武井 思います(即答)。グラビアを観て「このコ、こんな撮り方しなくていいのにな~」みたいなことはよく思うので。

――では馬場さんなら、どんな風に撮ります?

武井 えっ、それはどうだろう。馬場さんはどこでどう撮ったって成立しちゃうから難しい。そうですね......(しばし熟考)。馬場さんのグラビアはなんとも言えない高級感があるから、よくこんなところで撮ったねって、驚かれるような場所で撮りたいです。例えば世界遺産みたいな場所とか。

――世界遺産! 確かに驚きです。

武井 いやいや。馬場さんですから。あとは美術的価値ある建造物とかアート作品とかと一緒に撮るのもいいかもしれない。

――武井さんが考えるグラビアの魅力とは

武井 ひと言で言うと男の子の願望をすべて叶えてくれることです。男の子って、かわいい女の子と仲良くなりたい、海に行きたい、付き合いたいって思うじゃないですか。そうした望みをすべて疑似体験できる。それが素晴らしいですよね。

――なるほど。確かにグラビアって観ていると甘酸っぱい気持ちになります。

武井 しかも何百、何千ものかわいいコばかり。そのコたちの一番綺麗な瞬間を素晴らしい技術を持ったカメラマンさんがキレイに切り取ってくれる。「写真集を買ってるの?」なんてよく言われますけど、男に生まれて、写真集を買わない選択肢はないですよ。野球のグラウンドにいるのに、ボールに触らないみたいなものです!

――そこまで言い切りますか!

武井 それにしても次から次へと本当にかわいいコが登場しますよね。「まだ、こんなコがいたのか! マジか!」って毎回、驚きますよ。これから先もずっとグラビアが好きでしょうし、もし機会があれば自分で見つけたかわいい女のコを撮って、日本中の男の子にお届けしたいです。なんか熱くなっちゃいましたけど、以上です!

■武井壮「俺のデジタル! この5冊」


馬場ふみか 全作品(写真は『色っぽよ』)

ルックス、醸し出す雰囲気、露出......すべてが素晴らしい絶対的存在、馬場ふみかさん。彼女の写真集は全部、オススメ。なにしろ立ってるだけで魅力的なんですから。


武田玲奈 全作品(写真は『short』)

武田玲奈さんは人気女優ゆえに、グラビアをやっているだけですごいプレミア感を感じさせてくれますね。彼女はいくつ歳を重ねても、ずっと好きな気持ちのままでいる初恋のコのイメージ。だからどのグラビアを見ても、ものすごく胸に刺さります。彼女も全作品をオススメします。


大原優乃『ゆうのだけ』 撮影/唐木貴央

大原さんは僕のレギュラー番組に来てくれて、よくお話しするんですけど、元気で明るいイメージとは違い、じつは思慮深い人。そんな一面を内に秘めている点で、近づきたくても近づけない絶妙な"距離"を感じます。グラビアとしては少女のように幼いところもあるし女性らしいセクシーな体型もある。いろんな魅力がつまった"オールインワン型"の魅力がありますね。


日比美思『ひびみことです』  撮影/熊谷 貫

みことちゃんの素晴らしさはなんといっても圧倒的な清楚さ。それがグラビアでは絶妙な距離感を出し、見る者を釘付けにします。彼女は以前、昼のラジオで「注目美女」として紹介したこともあるんだけど、まさかグラビアをやるとは思ってなかったです。スタイルもいいし、見ながら「グラビアに出てくれてありがとう」って心の中で思っちゃいます。


澤北るな 『台湾物語』 撮影/西條彰仁

グラビアを見ていると、「このコにこの水着は似合わないよな」とか「おっぴろげすぎだよ!」とか思うことがよくあるんです。でも彼女は何を着ても全部ハマってる。しかもいくら露出があっても、変なイヤらしさもない。だからついつい見入っちゃいます。


●武井 壮

1973年生まれ 陸上競技・十種競技の元日本チャンピオン。地上最強の百獣の王を目指す。グラビア誌はすべてチェック、多い時で月10冊写真集を買うほどのグラビア好き。
公式Twitter【@sosotakei】
公式Instagram【@sosotakei】

【News】5周年バナー (1).jpg週プレ グラジャパ!「ありがとう!5周年キャンペーン」