1995年10月30日生まれ、福岡県出身。東京大学医学部健康総合科学科を卒業後、2019年にフジテレビに入社。学生時代にはファッション誌の読者モデルや、BS朝日の学生キャスターなどを務めていた
フジテレビの新人、藤本万梨乃アナの評価が急上昇している。

「東大医学部卒業という肩書から、当初は局内でうがちすぎた見方をされていたんです。高学歴の女子アナっていうだけで、ちょっとお高く止まっていそうじゃないですか。実際、同じく東大卒の佐々木恭子アナが若手時代、そんな感じだったので......。けど、実際話してみると、本当に東大卒なの?って言いたくなるほどの天然キャラ。リアクションもいいですし、最初のマイナスイメージからのギャップで、どんどん愛らしく見えてくるんですよ(笑)」(フジテレビ局員)

彼女は夏イベント「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2019」のオープニングセレモニーで、水をぶっかけられるというドッキリを仕掛けられた際も、泣きそうな表情で「アナウンサーの仕事って大変なんですね......」とコメントして会場の笑いを誘った。

「喜怒哀楽がハッキリしているから、イジると面白い。今年の新人女子アナは藤本アナひとりなので、報道番組などを経験させて大事に育てていく方針だろうけど、本当はバラエティでカラダを張らせたほうがキャラに合っているはず」(前出・局員)

そんな彼女の特技はモノマネ。先日放送された『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』では、Perfumeになりきってダンスを披露。その完成度の高さから、共演者をうならせていた。

才色兼備で芸達者な彼女から、目が離せそうにない!

★『女子アナ㊙ジャーナル』は毎週日曜日更新!★

serial_announcer.jpg