近い将来、女優やモデルといったさまざまな分野の最前線で活躍していくであろう10代の美少女たち。週プレNEWS&週プレモバイルでは、そんな彼女たちの魅力を知ってもらうべく、撮り下ろし&インタビューシリーズ『微熱少女』を連載中だ。

第27回に登場するのは、女優・河合優実(ゆうみ)ちゃん、18歳。バレーボウイズ『雨があがったら』のMVでみせた、幼さの中に大人の色気をのぞかせる凛とした雰囲気がとても印象的な女のコだ。

そんな彼女は、今年の2月にデビューを果たすや、MVやUber EatsのCMなどに出演。2020年には早くも7本の映画出演が決まっている。

すらりとしたスタイルとショートヘアが目を惹く彼女の、これまでとこれからを探ります!

――今回は『微熱少女』にご出演いただき、ありがとうございます! 河合さんは、第25回に登場した見上愛さんとは「学校の同級生」だとお聞きしました。

河合 同じ学校で同じく演劇を学んでいます。プライベートでも仲がいいので、見上がこの連載に出たときもインタビューを読んでました。そのあとに私も「週プレで撮影がある」って聞いて、「もしや?」と思っていたら案の定『微熱少女』で。"次に来る10代"という企画に選んでいただいて、素直にめちゃめちゃうれしいです。ありがとうございます。

――こちらとしても何よりです! そんな『微熱少女』の撮影はいかがでした? 途中、カメラマンから撮ったばかりの写真を見せてもらっていましたが、小声で「エモ......」とつぶやいていましたね。

河合 言ってました? それは無自覚でしたけど(笑)、「自分ってこんな顔するんだ」って一面が知れてすごくよかったです。河川敷で走り回りながら撮るのも楽しかったですね。

――特技がダンスということもあって、河川敷でも足取りが軽やかでしたね。

今年9月にリリースされた音楽ユニット・supercellの『#LOVE feat.Ann, gaku』のMVでも、色気たっぷりで見事なダンスを踊っていました。ダンスは小さい頃からやっていたんですか?

河合 そうですね。小学3年生の頃、もともと妹が通っていたダンススクールに私も通いだして。ダンス部がなかった中学だけはバスケをやってたんですけど、高校ではダンス部に入って、3年間練習してました。

――小中高と運動漬けだったんですね。では、性格も活発なタイプ?

河合 どっちかといえば根は内向的なタイプだったと思います。昔から人見知りではなかったんですけど、自分からめちゃくちゃ積極的に友達を作りに行くほうでもないし、ひとりだけ別行動をするのが好きなコでしたし。

――別行動ですか?

河合 たとえば幼稚園の頃、みんなでお花を潰して色水を作って、おままごとするのが流行ってたんです。その色水を使って「ジュース屋さんごっこだ~」って。でも、私はずっと隅っこにいて、ひたすら色水を作り続けてたらしいんです。

で、幼稚園参観でそれを見たお母さんが「みんなと一緒におままごとしないの?」って聞いたら、「色水は作りたいけど、おままごとはしたくない!」って返したらしくて。

――職人気質を感じるひと言ですね(笑)。「友達と遊ぶより、自分の理想の色を作るんだ!」みたいな感じで。

河合 お母さんは「このコは将来、この協調性で大丈夫なのか」と心配だった......って聞きました(苦笑)。

――その頃から、黙々と自分の世界に熱中したり、何かを作ったりすることが好きなコでした?

河合 かもしれないです。当時はお母さんとふたりで散歩しているときに急に座り込んで、気になった石や草をずーっと観察して、お母さんを待たせ続ける......みたいなこともしてました。

――お母さん、さっきから困り果ててますね!(笑)。そんなコだった河合さんですが、どういう経緯で役者を志すようになったんですか?

河合 はじめは「役者になりたい」というより、漠然と「表現の仕事がしたい」と思っていたんです。それは高校でダンス部に入ったことが大きかったと思います。

私が入ったダンス部は、自分たちでダンスの構成や振り付けをゼロから作ることが多かったんです。そこで作ったものを舞台で踊ることで、「何かを作って、人に見てもらう楽しさ」を知ることができて。高1のうちには「将来は人の心を動かせるようになりたい」と思うようになってました。

――なるほど。でもその流れだと、子供時代にもダンスをやっていましたし、普通ならそのままダンサーを目指しそうな気がします。

河合 自分でもそう思います(笑)。でも私、ダンスを続けているうちに「ダンスだけが表現したいことじゃない!」と思ったんですよ。

たとえば「ダンサー」だと表現の方法はダンスだけになるけど、「役者」であれば舞台や映像でお芝居ができるし、ミュージカルで歌も歌えるじゃないですか。昔からミュージカルが好きだったこともあって、「自分の身体や声を使ってできることは、なんでも創ってみたい。やってみたい!」と思ったので、役者を目指し始めました。

――肩書きによって自分の表現の幅を狭めないように、という選択だったわけですね。続く11月18日配信の後編では、役者1年目を振り返りつつ、彼女の独特(?)な趣味について迫ります!

(ヘア&メイク/外山友香(mod's hair))

●河合優実(かわい・ゆうみ)
2000年12月19日生まれ 東京都出身
身長166cm B85 W60 H90
◯2019年2月、ロックバンド「a flood of circle」の楽曲MVにて役者デビューを果たす。Instagramでは、写真家・芝山健太氏が撮影した彼女の写真を掲載中【@tomatofilms】

★河合優実ちゃんのアザーカット、そして撮影時のメイキング動画が『週プレモバイル』でご覧いただけます!

★『微熱少女』は毎週月曜日更新!★

binetsu_px ujo.jpg