近い将来、女優やモデルといったさまざまな分野の最前線で活躍していくであろう10代の美少女たち。週プレNEWS&週プレモバイルでは、そんな彼女たちの魅力を知ってもらうべく、撮り下ろし&インタビューシリーズ『微熱少女』を連載中だ。

第31回に登場するのは、17歳の若手女優・未来(みらい)ちゃん。中学生時代には『おはスタ』(テレビ東京系)の女子アシスタント"おはガール"を担当していた、朗らかで天真爛漫(てんしんらんまん)な高校2年生だ。

前編では、彼女が数多く出演してきた"漫画原作の舞台"についての話や、幼少期の過ごし方について迫ります!

――まずは撮影お疲れ様でした。途中、「今日はキャラがないから不思議」とつぶやいていましたが、あれはいったい?

未来 普段、写真を撮っていただくのは舞台のビジュアル撮影くらいなので、役としての撮影がほとんどなんです。"未来"として撮影するのは本当に久しぶりで、めちゃめちゃ恥ずかしかったんですけど(笑)、逆に新鮮で楽しかったです!

――楽しんでいただけていたら何よりです。今おっしゃったとおり、これまで『幽☆遊☆白書』や『美少女戦士セーラームーン』など、最近では2.5次元とも言われる漫画原作の舞台に多く出演してきた未来さん。1月31日からも、漫画原作の『リアルファイティング はじめの一歩』に出演が決まっているんですよね。

未来 どの作品も世代ド真ん中ではないので、毎回、漫画をめちゃめちゃ読んだり、アニメを観漁ったりして勉強させていただいてます。今も『はじめの一歩』を必死に読んでいる最中で。正直、まだ(取材日時点)全巻一周できていないんですけど、制作の方に言われた範囲を何度もループして読み込んでます。

――『はじめの一歩』は130巻近くあって、特に長い作品ですからね。ましてや、原作が漫画の場合はすでにキャラクターに画があるので、演じる側もかなり難しそうです。

未来 難しいです。画があることももちろんなのですが、長い歴史もあって、長いファンの方々も多いので、生半可な気持ちじゃできないですし。

ギリギリまで読み抜いて、原作ファンの方々を裏切らないヒロイン・間柴久美を演じられるように頑張りたいと思ってます。苦労しているお兄ちゃん(間柴 了/ましば・りょう)との、兄妹愛を感じられるようなお芝居を目指したいです!

――開演、楽しみにしています! ちなみに、未来さん自身に兄弟や姉妹はいるんですか?

未来 4つ上の姉と、4つ下の妹がいます。三姉妹なんですけど、お姉ちゃんはわりとクールで物静かで、妹は成績優秀な優等生タイプです。私は昔からよく「うるさい!」とか「気楽そう」と言われてきた、明るさだけが取り柄みたいなタイプなので。ふたりとはあんまり似てないんですよ。

――三姉妹で、ひとりだけにぎやかな女のコだった、と。何をして遊ぶのが好きでした?

未来 幼稚園の頃から、外でかけっこしたり、鉄棒したり、とにかく身体を動かして遊ぶのが好きで。中学生になっても、近所のスーパーでダンボールをもらってきて、土手でソリ滑りをひたすらやってるようなコでした(笑)。

――ソリ滑りにハマり続ける女子中学生! 一応お聞きしますが、友達と一緒ですよね?

未来 もちろんです(笑)。というのも、本当に小さい頃から負けず嫌いでもあるんですよ。土手のソリ滑りも「ほかの人より速く滑りきったら勝ち」って勝ち負けがあったので、とにかく速く滑る方法を探してました。重心をできるだけ後ろにするのがポイントです。

――なるほど(笑)。まさに運動大好きっ子といったところですね。では、部活も運動部?

未来 そうですね。中学3年間はソフトテニス部で、あと、小学校から中学校の途中まではダンスも習ってました。

通ってた時期はかぶっていないんですけど、ダンススクールがFairiesの(伊藤)萌々香ちゃんと一緒で。それがきっかけでFairiesをテレビなどでチェックするようになって、画面の向こうで歌って踊っている方々に憧れるようになりました。

――ということは、最初は演技ではなく、そういうダンスや歌のパフォーマンスで芸能界を目指していたとか?

未来 いや、まさか「自分もその道で......」が通用するとは思っていなかったですし、単に憧れてたってだけで。芸能界自体も、自分から「入りたい!」と思って動いたわけじゃなくて、小5の頃に今の事務所にスカウトしていただいたことで入ったんです。ダンスも、「もしかしたら活かせるかもしれない」くらいに思ってました。

事務所に入って中3の頃、『美少女戦士セーラームーン』のミュージカルに出させていただいたんです。そのときに、ステージで歌って踊る私たちに合わせて、お客さんがペンライトを振ってくれる光景に出会って。

「小さいときに憧れたFairiesさんみたいな、キラキラした光景だ!」って思って......、すごくいい景色でした。あれは数年経った今でも、記憶に鮮明に残ってます。

――漠然と"活かせるかも"と思っていたダンスが輝いた瞬間だったんですね。後編では、未来さんが芸能活動を始めた頃の話や、今後の目標について迫ります!

ヘア&メイク/たかべともみ スタイリング/石塚愛理 衣装協力/GYF Tokyo、RANDA

●未来(みらい)
2002年9月13日生まれ 埼玉県出身 身長154cm
◯2019年、舞台『幽☆遊☆白書』雪村螢子役で初のヒロインを演じる。1月31日(金)より、舞台『リアルファイティング はじめの一歩 The Glorious Stage!!』に出演予定。公式Twitter【@mirai0913_as】

★未来ちゃんのアザーカット、そして撮影時のメイキング動画が『週プレモバイル』でご覧いただけます!

★『微熱少女』は毎週月曜日更新!★

binetsu_px ujo.jpg