じゃい

あらゆるギャンブルに精通し、どんな場面でも貪欲に勝ちを狙う男・じゃい。馬券でマンションを買ったという芸能界屈指のギャンブラーが、人生を勝ち抜く極意を教えます。

【今週のお悩み・第67回】テレビで流れている高校野球を見て、同僚とどちらが勝つか昼飯をかけたりすることがあります。そうすると、まったく興味がなかった学校同士の試合でもとても盛り上がります。

身を持ち崩したり、だらしないイメージがあるのか、悪いイメージが強いのですが、ギャンブルって人生を楽しくするコツだと思うんですが、じゃいさんはどう思いますか?(私は競馬も、パチンコも嗜む程度ですが、楽しくやっております!)(40代・男性・会社員)

 * * *

好メンバーの札幌記念はプログノーシスの完勝。素質は一級品でしたので、なんら不思議はない結果でしたね。秋が楽しみな一頭です。天皇賞・秋は有力な候補になるでしょう。本命のソーヴァリアントは3着と健闘しました。

そして2着がトップナイフ。この馬は本当に分からない馬だけど、魅力ある馬ですよね。展開ハマった感じはあるけど、ここぞという時に好走したり。まあ次走も本命にすることはないとは思いますが、押さえとかないといけないかなと思います。

さて、ギャンブルなんですが、これも不思議な存在ですよね。結構悪いイメージもありますね。そりゃそうですよ。例えば親がギャンブル依存症で借金して、自分が大変な想いをした人も少なからずいるでしょう。

中にはギャンブルにハマって人を殺めた人だっているくらいです。恋人の条件に「ギャンブルをしない人」を挙げる人も少なくありません。ギャンブル自体を呪ってる人はそこそこ存在するでしょう。それも分かります。

しかし、ギャンブルはなくなりません。ただスポーツ観戦をするのと、ランチを賭けながら観戦するのでは、当然入れ込み方が変わります。より興奮し、エキサイトし、感情的になって観戦することになるでしょう。

競馬だって賭けているレースと賭けていないレースとでは、興奮度が違います。人はなんだかんだで刺激を求める習性があります。カイジや嘘喰い、賭ケグルイみたいな漫画が人気なのもそういうことでしょう。ギャンブルとひとことでいっても、人によって、今までの生き方、環境によってイメージが変わるものです。

お金や物を賭けるのがギャンブルと思われていますが、人生はどうでしょう? 学業、仕事、恋愛、どれを取ってもギャンブル要素はあります。それぞれに勝てば明るい未来を手に入れることが出来るのです。

今週のギャンブル格言【一度きりの人生。楽しくしようぜ】今週のギャンブル格言【一度きりの人生。楽しくしようぜ】

そもそも生まれた環境というのがそもそも運です。治安のいい国、治安の悪い国に生まれるのでは今後の人生は大きく変わります。ビジュアルの良し悪し、金持ちか貧乏か、運動神経の良し悪し、知能の良し悪し、親の良し悪し。これは選べる物ではありません。

これは麻雀の配牌のようなものですね。ポーカーのハンドのようなものです。こうして与えられたものからどうやってギャンブルに勝っていくかが人生そのもののような気がします。

話がだいぶ大きくなってしまいましたが、僕はそれすらもギャンブルだと思いながら生活をしている節があります。もちろん大失敗なんて何度もしました。いっぱい敗北をしました。

でも満貫を放銃しても最終的に勝てればいいのです。失敗や負けも、今後に繋がる大事な経験だと考えます。

だから、人生はとてつもなく楽しいですよ。

もちろん、ギャンブルをしなければ楽しくないなんてことはありません。うちの奥さんは全く興味ないですけど、楽しい人生を送っているようです。

まぁ1つの考え方として、ギャンブルは人生を楽しくするコツというのは、全くもって共感いたします。強制することもありませんし、ギャンブルがなくても人生は楽しく生きれるとも思いますが、僕はギャンブルがないと人生の楽しみは半減しそうです。

☆じゃいさんに相談したい悩み事を募集します! ペンネーム・性別、相談に必要な情報(年齢や職業など)があればそれも明記し、以下アドレスまで相談内容をメールでお送りください。じゃいさんが「ギャンブル的思考」でアドバイスします!

【jay_sodan@shueisha.co.jp】まで!

じゃい
1972年生まれ、神奈川県出身。97年にお笑いトリオ「インスタントジョンソン」を結成し、ネタ作りを担当。芸能界随一のギャンブラーとして知られ、過去には9370万円の馬券を的中させたことも。『稼ぐメンタル ギャンブルで勝ち続ける「ブレない」心の作り方』(KADOKAWA)など著書も多数。

★じゃいの「人生は最高のギャンブルだ」は毎週火曜日更新!