じゃい

あらゆるギャンブルに精通し、どんな場面でも貪欲に勝ちを狙う男・じゃい。馬券でマンションを買ったという芸能界屈指のギャンブラーが、人生を勝ち抜く極意を教えます。

【今週のお悩み・第82回】転職を考えています。今の職場に不満があります。もっと稼ぎたいし、自分のことを認めてほしい。そして待遇を少しでも良くしたいです。

安定した職を捨てるのはひとつのギャンブルだと思ってます。勝つ方法、負けない術を教えてください。(30代・男性・会社員)

 * * *

チャンピオンズカップは大外のレモンポップが逃げ切り勝ちという結末。枠の不安、距離の不安を一気に吹き飛ばす快勝でした。強力なメンバーの中での制覇はまさに強いの一言でした。文句なしの現役ダート最強馬ですね。

そして2、3着が荒れて高配当。1番人気が1着に来ているのにも関わらず3連単百万越えの馬券。レモンポップをナメてましたね。自分の予想は激ハズレ。自信あったんですけどね。敗因は分かりません。

それでは今週の質問に参りましょう! 転職したい、とのことですが、極々自然なことだと思います。

これだけ世の中に職業がある中、何も嫌々仕事にしがみつく必要は全くないですよ。やりたい仕事や稼げる仕事など、自分が思う道へ進めばいいと思います。

自分の人生がプラスになるように道を選択する、これはまさにギャンブルです。

ギャンブルですから、その選択がかならずしも良い方向に行くとは限りません。しかし勝率を上げることは可能だと思います。

まず、冷静かつ慎重に、時には大胆な選択をしなくてはなりません。遠い未来を見据えた下調べや計算など。

人は変化を怖がる習性があるので、過去の安定や生活、習慣を一変させる思い切りも必要になります。

僕が今回の質問で気になったのが、「自分のことを認めてほしい」という文書です。

今週のギャンブル格言【自分自身が自分を素直に認められるようになれば、承認欲求なんか消えてなくなるさ】今週のギャンブル格言【自分自身が自分を素直に認められるようになれば、承認欲求なんか消えてなくなるさ】

これはいわゆる承認欲求と言われるものですが、これは多かれ少なかれ誰にでも存在するものです。

しかしこの承認欲求は時に危険な部分もあると思うのです。自分が頑張って認められるでも、認められたいために頑張るでも、結果として認められるという実感が湧けばどちらでも問題ありません。

問題は認められてないと実感している場合です。これを自分のせいにしているなら救いはありますが、認められないことを周りのせいにしだすと危険です。

「こんなに頑張っているのにどうして誰も分かってくれないんだ!」

「私の才能を認めない皆んながおかしい!」

「時代が悪い! 国が悪い! 政治が悪い!」

こういう発想になる人が多くいますが、ハッキリ言ってまず自分のせいです。仮にそうではなくともそう思うことを勧めます。

認められないのはあくまでも自分の頑張りが足りていないからなんです。

限界なんて無いと思いましょう。人はどこまでも成長出来ます。やれるだけのことはやりましょう。その結果、誰からも認められずに終わったとしても、きっと自分が自分自身を認めるようになります。

そうなれば最強ですよ。誰からどう思われようが気にしなくなるでしょう。承認欲求も消えていきます。そして、もしそんな状態になれたとしたら、必ず誰かがあなたのことを認めてくれるはずです。

仮に運悪く、転職先に嫌な上司がいたとしても、軽くいなしたり、相手に同情する余裕さえも出てくるでしょう。

あなたの勝ちを願っています。

☆じゃいさんに相談したい悩み事を募集します! ペンネーム・性別、相談に必要な情報(年齢や職業など)があればそれも明記し、以下アドレスまで相談内容をメールでお送りください。じゃいさんが「ギャンブル的思考」でアドバイスします!

【jay_sodan@shueisha.co.jp】まで!

じゃい
1972年生まれ、神奈川県出身。97年にお笑いトリオ「インスタントジョンソン」を結成し、ネタ作りを担当。芸能界随一のギャンブラーとして知られ、過去には9370万円の馬券を的中させたことも。『稼ぐメンタル ギャンブルで勝ち続ける「ブレない」心の作り方』(KADOKAWA)など著書も多数。

★じゃいの「人生は最高のギャンブルだ」は毎週火曜日更新!