『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したフットボールアワー『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したフットボールアワー

今月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

今回は芸人のみの原点回帰にして初のコンビ対抗戦!参戦した5組はどんな心境で本番に臨んだのか。

まずは最年長コンビ・フットボールアワー岩尾望さん、後藤輝基さんに取材を敢行した!

■後になって「これできた」ばっかり

――後藤さんはシーズン3、シーズン7、シーズン9と過去3回もひとりで出場しています。今回はコンビ戦でしたが、その違いは?

後藤 ピンで争うスタイルも大変ですけど、回を重ねるごとに「この人はこんな感じでやんねや」とか「これまでの感じだと、こうやってきそう」って予想が立てやすかったりするじゃないですか。

それに対して今回のコンビ戦は、まだ何も定まってない状態というか。通常の『ドキュメンタル』の1発目同様に「どうすんねん、これ」みたいなのがどうしても発生するわけで。そこは始まる前から楽しみでもありました。

岩尾 実は僕、第1回目の『ドキュメンタル』のオファーを断ったんです。情報を聞いてもよくわからないし、自分の戦い方も見えないから「ちょっとどうかなぁ」と思って(苦笑)。あと、参加費がかかるし......(小声)。

今回は初のコンビ対抗戦ですけど、なんとなく雰囲気はわかっているので「こういう形なら1発目に出てもいいかな」というのと、後藤の「出たい」って声に引っ張られて出た感じですかね。あと、参加費がかからないし......(小声)。

フットボールアワーフットボールアワー

――本番を迎える前はどんな心境でしたか?

後藤 僕はゲラなもんで、笑いを我慢するのに精一杯なんです。それに対して、例えばランジャタイの伊藤(幸司)とか、ニューヨークの屋敷(裕政)とかは、かなりクールですよね。

それが「どう崩れることになるのか」「果たして崩れるのか」っていうところは僕としても気になるところでしたね。

実際に笑いを我慢してヤバいところは山ほどありましたし。まず僕を倒そうとしたのかわかんないですけど、みんなこっちに来るんですよ(苦笑)。それはたぶん、僕がまさに笑いそうだったからでしょうね。

――では収録を終えたときの心境は?

岩尾 後になって、あの場面で「これできたなあ」とか「これ言うといたら良かった」っていうのが何個も出て来て。反省することばっかりですね。

今回の反省点を踏まえて、また出たい気持ちもあります。でも、そうなったらまた「この準備は通用しなかった」みたいなことが出て来るんやろうなあ(笑)。

何が来ても「一番いいものをその場で」っていうのができるといいんでしょうけどね。

――収録を終えて、最も印象的に残っている方は?

後藤 りんたろー。ですかね。さっき岩尾も言っていたように、芸人って前もっていろいろと準備するけど、最終的には「その場の瞬発力でなんとかしよう」と思って挑むわけです。

ただ、りんたろー。はその場の瞬発力がことごとく外れて......(笑)。本当に困った人間がどういう動きをするのか。

まさに『ドキュメンタル』の肝となる"ドキュメンタリー"の部分がりんたろー。から感じられると思います。

岩尾 僕は"ある師匠"ですね。けっこう長い時間、その師匠が出てはったんですよ(笑)。

出場者のひとりが扮していたんですけど、元の本人より師匠として出てる時間のほうが長いんちゃうかってぐらい、「ずっと師匠おりはったな」って印象が残ってます。

フットボールアワーフットボールアワー

■その都度、喜びが一緒なんですよ

――今年は解散発表も多い年でした。おふたりが結成して20年以上経ちますが、長くコンビを続ける秘訣は?

後藤 秘訣......なんでしょうねぇ。まあ、夫婦みたいなもので、最初はよくケンカもするんでけど、長く一緒にいると「どうするとケンカになるのか」っていうメカニズムがだいたいわかってくるんです。

だから「これ以上言ったらぶつかる」ってラインを回避すること、かもしれないですね。まあ正直、ケンカして解散するってほうが、芸人として美しいかもしれないと思うところもあります。

あと僕らは、その都度、喜ぶポイントが一緒なんです。

例えば、新しいネタを作ってウケたらふたりともうれしいし、それによってちょっとイヤなことがあっても払拭される。そんなことが若い頃からずっと続いてる感じなんじゃないですかね。

岩尾 僕らも「合うてるか?」と言ったら、価値観なんかズレてるようなもんですしね(苦笑)。振り返ると、もちろん自分らが解散しててもおかしくないぐらいギクシャクしてた時期もありましたから。

でも、そうならなかったのはコンビでおる意味もあるし、合ってないところと同じぐらい合うてるところもいっぱいあるからかなあと思いますね。

――最後に「今年の仕事の中で『ドキュメンタル』は最も〇〇」と言い表すとしたら、どんな言葉が当てはまりますか?

岩尾 体力ってことではないんですけど、「エネルギーを使った」と思います。

漫才の出番とかでも10分間ガッと集中しますけど、『ドキュメンタル』は数時間。その上、準備もありますから。

かなり長い期間、神経を使って~みたいな感覚は一番かもしれないですね(苦笑)。

後藤 なんでしょうね、う~ん......「コンビを意識した」仕事やったかもしれないですね。漫才ともなると、もう当たり前過ぎてコンビを意識することもないというか。

今年、「さあコンビとしてやるぞ」と意識したのはドキュメンタルが一番やったかもわかんないです。思い返せばそんなの『M-1』以来かもしれませんね。

12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

松本人志プレゼンツ 筋書きなしの究極の笑わせあいバラエティ
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED
2023年1222日(金)よりPrime Videoにて一挙独占配信。

出演: 松本人志(ダウンタウン) 
後藤輝基(フットボールアワー)、岩尾望(フットボールアワー)、伊藤 幸司(ランジャタイ)、国崎 和也(ランジャタイ)、井口浩之(ウエストランド)、河本太(ウエストランド)、屋敷裕政(ニューヨーク)、嶋佐和也(ニューヨーク)、りんたろー。(EXIT)、兼近大樹(EXIT)
特別出演: 藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)
©2023 FANY Studio

鈴木旭

鈴木旭すずき・あきら

元バンドマンのフリーライター/お笑い研究家。1978年生まれ、静岡県出身。多くのメディアでコラム、インタビュー記事を執筆。著書に『志村けん論』(朝日新聞出版)

鈴木旭の記事一覧