『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したウエストランド『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したウエストランド

今月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

今回は芸人のみの原点回帰にして初のコンビ対抗戦!参戦した5組はどんな心境で本番に臨んだのか。

昨年の『M-1グランプリ』王者・ウエストランド河本太さん、井口浩之さんに取材を敢行した!

■コンビで出たメリットは1個もない

――今回は初のコンビ対抗戦。ひとりより難しいなと感じた部分はありましたか?

井口 全部ですね(笑)。『ドキュメンタル』の性質上、笑っちゃダメなうえに、相手も笑わせなきゃいけない。しかも今回は、片方が笑ったらコンビでアウトになるルールですから。一番向いてないヤツを引き連れてやらなきゃいけなかったんですよ。

河本 僕はコンビでしか出られないでしょうからね。なるべく井口を戦わせてあげなきゃと思って、笑いを我慢するってことだけに徹しました。「じゃあ攻撃はできるのか?」と言ったら、そんなことはないんですけど。

井口 一番直近の『M-1』チャンピオンとして出させていただいたので、漫才やるのはアリかなと思って準備していたんですよ。

だけど、結局ほかのコンビがやっちゃって出せなかったんです。だから、やっぱりコンビで出たメリットは1個もなかった!(笑)

■笑わないトレーニングだけはしていた

――本番を迎える前はどんな心境でしたか?

井口 招待状をいただいてから本番まで、違うことをしていても頭のどこかに「『ドキュメンタル』があるんだ」っていうストレスがずっとあって。あれは『M-1』とはまた違う重圧でした。

だから、収録後の「やっと終わった」って解放感もものすごくて。やっぱり僕らはその場でやるタイプだから、準備して何かをやるのは向いてないなと思いました。

河本 いろんな仕事をしながら、12ヵ月ずーっと「何やろうか」と考えはするんですけど、僕はなんにも浮かばないし。それでも丸腰で行くわけにはいかないっていう。

井口 それで過去の『ドキュメンタル』を見て、笑わないトレーニングだけしてね。

河本 そうそうそう。それやりました! 家で過去の回を見直して、自分が出てるつもりになってずっと笑うの我慢してたんですよ。結果、めちゃくちゃ笑ってました(笑)。

井口 意味ない、結局(笑)。

河本 僕はストレスが体に出やすくて、『M-1』に出ていたときは胃痛になったり体調崩したりしていたんですけど、『ドキュメンタル』が終わった帰りも、気付いたら口内炎が3つぐらいできてました。

井口 それぐらいの緊張感がありましたね。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したウエストランド『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したウエストランド

――収録を終えて、最も印象的に残っている方は?

井口 やっぱりフットボールアワーさん。群を抜いて芸歴があるわけで、てっきり手ぶらで来てパパッとやってうまいこと回してくれるのかなと思ったら、誰よりも最前線で戦ってましたよ。

河本 カッコよかったけどね(笑)。

井口 見習うべき姿だなと思った一方で、「大人げねぇな」と(笑)。何、あのサンタクロースぐらいの大荷物。

河本 「あんま打ち合わせしてない」とか言ってましたけど、ロケは行ってるわ、コンビ芸やって来るわ、個々でもやって来るわでね。

井口 フットボールアワーさんってめちゃくちゃ仲いいんだなって思いましたね。

■ずっとプレッシャーを感じた1

――今年は『M-1』優勝後から目まぐるしい年だったと思います。改めて振り返るとどんな1年でしたか?

井口 やっぱ優勝直後はたくさんお仕事いただいて忙しくて。ただ、1年経って振り返ると、9月~11月ぐらいに違うしんどさがあったんですよ。体調崩して喉をやられたりとか、点滴まで打ったり。

「なんでかな?」と思ったら、『ドキュメンタル』がけっこうデカくて(苦笑)。そういう意味じゃずっとプレッシャーだったんでしょうね。

河本 僕は芸歴のほとんどが休みみたいなもんだったので、優勝後は「無休でも頑張ろう!」って覚悟してたんです。けど、徐々に相方ひとりの仕事が増え始めて......。

今は適度にお仕事させてもらえて、お休みもいただけて、家族の時間もあって、本当に幸せですね。

井口 もうハッキリ言いましょう、お前は『ドキュメンタル』に出るレベルに達してない!(笑) 「こいつセンスねぇんだな」ってことがわかった1年。もっと修業を重ねていかないと。

河本 『M-1』チャンピオンらしからぬ芸人ですよ。『ドキュメンタル』中も、「みんななんで笑ってないんだろう?」って場面が何個かありました。

井口 周囲とのズレがね(苦笑)。でも、それを面白がってくれる方もいたりするから、そういうところでやるか、順調に成長していくしかない。牛歩もいいところですけどね。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したウエストランド『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したウエストランド

――最後に「今年の仕事の中で『ドキュメンタル』は最も〇〇」と言い表すとしたら、どんな言葉が当てはまりますか?

井口 マジで「大変だった」じゃないですかね。もちろんほかのお仕事も大変さはありましたけど、「事前の準備」と「イメトレ」と「本番」って要素がどの仕事よりも濃かった。別のコンビが何やるか読みようがないのもあって一番大変でしたね。

河本 大変でしたけど、正直相方がなんとかしてくれるので、結果「楽しかった」です。

井口 ふざけんなよ!

河本 笑うのを我慢するだけで松ちゃん(松本人志さん)にも会えたし、くっきー! にもフジモン(藤本敏史さん)にも会えたし。

井口 全員のことを呼び捨てにしていくの何様だよ!

河本 くっきー! とフジモンと喫煙所でタバコ吸ったときは最高でしたね。僕、ミーハーですから。

井口 まあ、憧れてた場所に出られたうれしさはあるけど(笑)。まだわれわれは完成した映像を見てないんですけど、もし視聴者のみなさんに楽しんでいただけたら、そこで初めて「楽しかった」と思えるかもしれないですね。

12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

松本人志プレゼンツ 筋書きなしの究極の笑わせあいバラエティ
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED
2023年1222日(金)よりPrime Videoにて一挙独占配信。

出演: 松本人志(ダウンタウン) 
後藤輝基(フットボールアワー)、岩尾望(フットボールアワー)、伊藤 幸司(ランジャタイ)、国崎 和也(ランジャタイ)、井口浩之(ウエストランド)、河本太(ウエストランド)、屋敷裕政(ニューヨーク)、嶋佐和也(ニューヨーク)、りんたろー。(EXIT)、兼近大樹(EXIT)
特別出演: 藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)
©2023 FANY Studio

鈴木旭

鈴木旭すずき・あきら

元バンドマンのフリーライター/お笑い研究家。1978年生まれ、静岡県出身。多くのメディアでコラム、インタビュー記事を執筆。著書に『志村けん論』(朝日新聞出版)

鈴木旭の記事一覧