『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT

今月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

今回は芸人のみの原点回帰にして初のコンビ対抗戦!

参戦した5組はどんな心境で本番に臨んだのか。

"ネオ渋谷系漫才"で大人気のEXITりんたろー。さん、兼近大樹さんに取材を敢行した!

■「なんでかねちー、これやりたいんだろう?」

――今回は初のコンビ対抗戦。ひとりより難しいなと感じた部分はありましたか?

りん 僕はかねちー(兼近さん)がめっちゃ楽しみにしてたので、「俺は邪魔してないかな」っていうのがずっと気になってましたね。それはコンビじゃなきゃあり得ないじゃないですか。参加した中にそんな人いないのかな?

兼近 そんな人いないっしょ(笑)。逆に僕は相方が「出たくない」っていってたのを知ってた上で出ているので、「大丈夫かな」って心配はずっとありました。

でも、いざ出てみたら、すごく心強くて。やっぱ存在感がハンパじゃないから、「この人がいるだけで勝てるかもな」って思わせてくれたというか。

りん 俺は「なんでかねちー、これやりたいんだろう?」って、ずーっと現場でぐるぐる考えてたよ。

兼近 ハハハハハッ! めっちゃ楽しかったし、めっちゃ面白かったっすよ。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT

■ランジャタイの全部に引いてました

――りんたろー。さんが髪の毛を刈ったのは作戦のうちのひとつですか?

兼近 実は、ずっと僕に「最悪な状態が来たら、いかせてくれ」って言ってたんですよ。そしたら、まさかの序盤も序盤にいったので「最初に最悪な状態を迎えたんだ!」って面白くなっちゃって(笑)。

その面白さ、ほかの参加者は知らないわけじゃないですか。だからマジ危なくて。開始何分かですべての最終奥義を使っていたので、それがもう僕の中でオモロすぎて(笑)。

りん 序盤に出しちゃったことで、ほかに用意してたものも出しづらくなっちゃって。すぐに何もすることがなくなりましたね。

だから、その後はずっと「マジでヤバい、どうしよう」ってテンパってただけです(苦笑)。作戦とか考えられる余裕なかったですね。

――フットボールアワー・後藤輝基さんは、りんたろー。さんの本当に困った人間の様子が一番印象に残っている、とおっしゃっていました。

りん マジやだ~、恥ずかしい! 困ったなあ、本当に困った。

兼近 俺はもうりんたろー。さんの表情を見るだけでおかしくて。でも、やっぱコンビ対抗戦っていうのもあるので、途中でりんたろー。さんに絡むんですけど、毎回すごい表情するんですよ(笑)。

それがもうオモロくて。きっとその面白さに気付ける、センスのある視聴者が『ドキュメンタル』を見ると思うんで。ワクワクしますね。

りん 今回はコンビ対抗戦だから、僕が振らなきゃ発動できないボケとかも用意してたんですよ。

でも、いざ本番を迎えたら、序盤から最悪なわけですから、「振らなきゃ」とは思うんですけど、客観的に見てるもうひとりの俺が「誰が振ってんねん!」って言ってくるんです。

それで結局、メンタルがぐちゃぐちゃになってなにもできなかったですね。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT

――収録を終えて、最も印象的に残っている方は?

兼近 りんたろー。さんはバイオレンス系がすごい苦手で、マジでランジャタイさんのボケ全部に引いてました(笑)。笑うとかじゃなくて、ランジャタイさんが行動を起こすたびにビビってましたね。

りん ずっと「ダメ、ダメ、ダメ!」と思ってました。笑いより恐怖。なんか俺、お茶の間のお母さんとかと同じ目線かもしれない(笑)。

Xとかで回って来る、ちょっと痛々しい危険な動画ってあるじゃないですか。あれの序盤を見てる感じで、「このまま国崎(和也)さんが死んじゃったらどうしよう」とかずっと思ってました。

■現時点ではマジでゲロ吐きそう

――今年はりんたろー。のお子さんが生まれたり、兼近さんが写真集を出したりと、ともに記憶に残る年だったと思います。改めて振り返ってどんな1年でしたか?

兼近 なにより、りんたろー。さんは生命の誕生がありましたからね。その間に47都道府県、全部回るツアーも行って。もういろいろあり過ぎてぐっちゃぐちゃでしたね。

りん いろんなことあったねー......。けど、今回のドキュメンタル、ゆくゆくは子どもも見るかもしれないじゃないですか。

マジでデジタルタトゥーっすよ、俺にとっては......(苦笑)。ある期間で配信終了して見れないようにしてほしい。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したEXIT

――最後に「今年の仕事の中で『ドキュメンタル』は最も〇〇」と言い表すとしたら、どんな言葉が当てはまりますか?

りん 「ストレスだった」ですね。出る前と今とでまったく変わんなかった(笑)。

兼近 配信されたら皆がりんたろー。さんの面白さに気付くから、そこで多少緩和されると思う。

りん 俺、そういうので一番調子乗れるからね。ただ、現時点ではマジでゲロ吐きそう。もう二度と戻りたくない。1回だけあそこに戻ってなにかできるなら......。

いや、やっぱもうイヤだな。こういう仕事が来たら、芸人なら絶対に「やってやるぜ!」ってなるわけじゃん。俺、自分がそうなってないことに引いたもん。

兼近 テンションが上がってない自分に引いたんだ(笑)。僕は「興奮した」ですかね。

最初の『ドキュメンタル』が配信された頃は芸人になりたてで、「すげぇな先輩たち」っていう目で見てた夢の場所なんですよ。

ずっと出たかったけど、出られる世界線に来ると思わなかった。だから時を経て招待状が届いたときは「そりゃ出るだろ!」って興奮しましたね。

12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

松本人志プレゼンツ 筋書きなしの究極の笑わせあいバラエティ
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED
2023年1222日(金)よりPrime Videoにて一挙独占配信。

出演: 松本人志(ダウンタウン) 
後藤輝基(フットボールアワー)、岩尾望(フットボールアワー)、伊藤 幸司(ランジャタイ)、国崎 和也(ランジャタイ)、井口浩之(ウエストランド)、河本太(ウエストランド)、屋敷裕政(ニューヨーク)、嶋佐和也(ニューヨーク)、りんたろー。(EXIT)、兼近大樹(EXIT)
特別出演: 藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)
©2023 FANY Studio

鈴木旭

鈴木旭すずき・あきら

元バンドマンのフリーライター/お笑い研究家。1978年生まれ、静岡県出身。多くのメディアでコラム、インタビュー記事を執筆。著書に『志村けん論』(朝日新聞出版)

鈴木旭の記事一覧