『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ

今月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

今回は芸人のみの原点回帰にして初のコンビ対抗戦!

参戦した5組はどんな心境で本番に臨んだのか。

地下芸人界の巨星・ランジャタイ伊藤幸司さん、国崎和也さんに取材を敢行した!

■ナイナイさんとゴスペラーズさんと出たかった

――今回は初のコンビ対抗戦。ひとりより難しいなと感じた部分はありましたか?

伊藤 ないですね。ふたりのほうがやりやすいので。

国崎 僕はもっとここ(ランジャタイ)の数が多いほうが良かったなと思って。例えばゴスペラーズさんとか、ナインティナインさんとかに入ってもらって......。

伊藤 ナイナイさんをわれわれの中に? 絶対負けないね、それなら。

国崎 逆にもう僕ら抜きで、矢部(浩之)さんとゴスペラーズさんだけで出るとかね。そしたら無敵ですよ。あの空間に立ってるだけで笑っちゃうと思うんですよね。

伊藤 めちゃくちゃ面白いけどね。僕はひとりぼっちでいがちなので、今回コンビで戦うのは安心感がありました。同じ空間に全部わかってくれてる人がいるのは心強かったですね。

■タイミングを逃す人が実は一番面白い

――早い段階で伊藤さんがお尻を出すと聞いたのですが、それは作戦だったんですか?

伊藤 もちろんです、作戦で。

国崎 ただ、あんなに早く出すとは思わなかったですね(笑)。

伊藤 面白かったけど、カットされてるかも(笑)。それはそれで面白いけどね。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ

――いろいろな作戦を練って臨まれたと思いますが、予定通りにいきましたか?

国崎 最初に僕が巨人師匠のお面をかぶって出て、伊藤が阪神師匠になって奥から登場するって予定だったんですけど、なかなか阪神師匠が来なかったんです。「何やってんの?」と思って。

伊藤 タイミング逃したんですよ。

国崎 気になって奥の着替えるスペースを見に行ったら、伊藤が阪神師匠のお面をつけて棒立ちしてて(笑)。それが23回あったんですよ。

伊藤 後にちゃんと出てやったんだけどね(笑)。皆がいる部屋でワチャワチャと違う流れが始まっちゃうと、邪魔になると思って出ていけなくなるんです。

国崎 タイミングを逃す人が実は一番面白かったんですよ。着替えスペースに行くと岩尾(望)さんとかもいて、あんなパンパンのバッグで来たのに、なんにもアイテム出さずにずっと棒立ちしてて。

しかも、その横に阪神師匠のお面被ってるヤツも立ってて(笑)あそこが一番面白かったなあ。

――収録を終えて、最も印象的に残っている方は?

国崎 りんたろー。くんが落ち込み出して、"この世の終わり"みたいな顔をしていたのがすっごい面白かったんですけど(笑)。......もうひとり、刺客として出て来る人がめちゃくちゃヤバかったんですよ。

伊藤 すごかったね~。

国崎 出て来て、最初に服を脱ごうとするんですけど超スローなんですよ。それで、また場がワチャワチャし始めると脱ぐ動きを止めるんです。

早く脱げばいいのに(笑)。こっちがまた注目すると脱ごうとして、ワチャワチャすると止まるっていう。それがすごく面白かった。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ

伊藤 僕は、フット(ボールアワー)さんの「そんなに攻めるか!?」って貪欲さも面白かったけど、やっぱウエストランドですね。

(河本)太くんが個人的にツボなので、何を言ってもオモロかった。井口くんも、もう地下ライブ時代からずっと僕らのケツを拭いてもらっててね。

国崎 たぶん今回も拭いてくれてますね。

伊藤 だいたい漫才ライブとかだと、出順が僕らの後にウエストランドなんです。井口くんは僕らがどんだけウケてもスベっても、なんとかしてくれる頼りになる存在で。今回もそうだった気がしますね。

■ダウンタウンのふたりが揃うとヤバいですよ

――今年は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「七変化」にも挑戦。松本人志さん、浜田雅功さんを笑わせるのは、そのほかの仕事とモチベーションが違うもの?

国崎 どうなんだろう......ダウンタウンのふたりってなると特別ですね。

伊藤 やっぱ変わりますね。あのふたりが揃うとヤバいですよ。何回見ても子どもの頃に戻って「松ちゃん浜ちゃん!」ってなります。特別ですね。

国崎 「キン消し(キン肉マン消しゴム)」と「くちびるお化け」ですからね(笑)。「七変化」はやりたいようにできて本当に夢みたいでした。

伊藤 僕も夢みたいでした。それこそ浜ちゃんの横で見てましたからね。相方のボケでダウンタウンが笑ってるっていうのがうれしかったし、楽しかったです。

『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ『ドキュメンタル』シーズン13に参戦したランジャタイ

――最後に「今年の仕事の中で『ドキュメンタル』は最も〇〇」と言い表すとしたら、どんな言葉が当てはまりますか?

伊藤 僕は「しびれた」ですね。本当にしびれました、ドキュメンタルは。

国崎 「長かった」じゃない? タイマーは5時間なんですけど、1回イエローカードとか出るとタイマーが止まって伸びるから、結局6時間ぐらいやってましたし。

下手したら一番長かった仕事ですよ。その後、嶋佐(和也)とジンギスカンを食べに行きましたけど。

伊藤 収録終わりに3人で行ってね。

国崎 僕らと3人で行ったんですけど、ジンギスカン食べながら全然違う話してました(笑)。肉がめっちゃおいしくて「うまーっ!」ってなって。

その後、普通に「じゃあねー」って帰りました。すごい空間だったからか、3人ともほとんど記憶がなくて、驚くほどまったく『ドキュメンタル』の話は出なかったですね(笑)。

12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED12月22日よりPrime Videoで独占配信されるAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED

松本人志プレゼンツ 筋書きなしの究極の笑わせあいバラエティ
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED
2023年1222日(金)よりPrime Videoにて一挙独占配信。

出演: 松本人志(ダウンタウン) 
後藤輝基(フットボールアワー)、岩尾望(フットボールアワー)、伊藤 幸司(ランジャタイ)、国崎 和也(ランジャタイ)、井口浩之(ウエストランド)、河本太(ウエストランド)、屋敷裕政(ニューヨーク)、嶋佐和也(ニューヨーク)、りんたろー。(EXIT)、兼近大樹(EXIT)
特別出演: 藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)
©2023 FANY Studio

鈴木旭

鈴木旭すずき・あきら

元バンドマンのフリーライター/お笑い研究家。1978年生まれ、静岡県出身。多くのメディアでコラム、インタビュー記事を執筆。著書に『志村けん論』(朝日新聞出版)

鈴木旭の記事一覧