畠山希美
2005年(平成17年)12月8日に秋葉原で産声を上げたAKB48前田敦子高橋みなみ小嶋陽菜篠田麻里子大島優子指原莉乃ら数々のスターを生み出し、誰もが知る国民的アイドルグループとなった。

あれから十数年、元号は令和に変わり、また新たなスター候補生が続々と加入している。当時とは異なる状況で、彼女たちは何を思いAKB48になろうとしたのか? どこを目指すのか? フレッシュメンバーの魅力を深掘りインタビューでお届けです!

第8回は7月21日より昇格記念ツアーが始まる17期生の畠山希美(はたけやま・のぞみ)。前編ではオーディションの話などを聞きましたが、後編はAKB48に入ってから。レッスンやツアーでの意気込みなどを話してもらいました。

■学校でたくさんの人に囲まれて、こんなアニメみたいなことあるんだって

――AKB48に合格して生活はどう変わりました?

畠山 中2で合格して、中3の5月にお披露目で、春休みはずっとレッスンをしてました。最初はお披露目でやった『大声ダイヤモンド』のレッスンだけだったんですけど、徐々に劇場公演に向けてのレッスンが入ってきて。平日は学校帰りにレッスンへ行って、夜までやって家に帰って宿題をしてました。

――中学生でそれって大変そうですね。

畠山 ダンスも歌もやったことなかったので、体はガチガチだし、うまく歌えないし、本当に何もできなくて。

――同期と初めて会ってどんな感じでした。

畠山 布袋百椛(ほてい・もか)ちゃんがすごい幼く見えて、私より年下かなと思って話したら、高校生でびっくりしました。

――畠山さんが17期では最年少でしたけど。

畠山 たぶん自分が1番経験がなかったので、しがみつくじゃないですけど、なんとかしてみんなについて行こうって。

――AKB48になったというのは、どうやって学校で知られたんですか?

畠山 お披露目の時ですね。写真がLINEニュースに流れて、それで拡散しました。それまでは友達ふたりにしか言ってなかったんですけど、記事になっていっぱい連絡が来ました。

学校へ行ったらみんなに囲まれて、知らない他のクラスのコも来て。「アイドルなったの!?」「何で受けたの?」「柏木(由紀)さんどうだった?」とかすごい聞かれました。アニメでたくさんの人に囲まれて、ちやほやされるシーンを見たことあったんですけど、まさか自分がその立場になることあるんだと思って、嬉しかったです

――そういえばお披露目で16歳上の柏木さんを「本当にお若く見えて」ってイジってましたよね。

畠山 ちょっとふざけました(笑)。終わった後に「ごめんなさい」って言ったら、「全然いいよ」って返してくれました。

畠山希美

――懐が広いですね。そして劇場公演デビューはいかがでしたか?

畠山 加入して3年間の中で1番大変だったことは何ですかって聞かれたら、公演初日までのレッスン期間って答えると思います。1公演で10何曲、覚えなきゃいけないんですけど、17期生はダンスを習ってきたコがほぼいなかったので、みんな苦戦してました。振り付けを1日2曲とか覚えなきゃいけないから、もう頭がパンクして。

――お披露目までに間に合ったの?

畠山 色々あって延期しました。1回目はまだまだってことで、2回目はコロナが17期生内で流行ってしまって。3度目の正直でしたね。

――確か初日メンバーって17期11人の中から選ばれた8人でしたよね。

畠山 私は最初、そのメンバーに入れなかったんです。まあそうだよねって納得してたんですけど、いざレッスンが始まってから、事の重大さに気づいて。選ばれた8人を中心にレッスンが進むから、私たちは端っこで踊るんです。先生から見えづらいし、同期のメンバーを見て真似するしかなくて。

17期生でコロナが流行ってしまった時、劇場でのレッスンが始まっていたんですけど、初日に出るメンバーがかなり休んじゃって。ステージはがら空きなのに、私のポジションのコは大丈夫だったから、私だけポツンとステージの下で曲に合わせて踊っていて。それがもう悲しくて。

――普通の中学生なら泣いちゃうかもしれない。

畠山 剣道部でそれなりに忍耐力はついていたと思うんですけど、キツかったですね。でも結果としていろいろポジションが変わって、初日に出られることにはなったんですけど。

――めげずに頑張ってきた結果かもしれないですね。そして先日、昇格したじゃないですか。

畠山 そのちょっと前にテレビで17期生を取り上げてくださった時、そろそろなのかなって思ってました。マネージャーさんとかは、全員昇格させたいって言ってくださったんですけど、実力の差もあるので。気持ちは嬉しいけど不安もありました。

――加入して2年近く経って、選抜常連になってるコもいれば、そうでもないコもいたり。

畠山 私は昇格して大丈夫かなみたいな。チーム制がなくなっちゃったし、研究生の楽曲がもらえなくなったら、自分が参加できる楽曲って今後あるのかなとか。研究生という肩書きがなくなって、むしろ活動が減るんじゃないかって。だから、ぴあアリーナで昇格メンバーとして名前を呼ばれた時、嬉しさよりも仕事に対する不安の方が正直大きかったです。

――正規メンバーになったことでの不安もあるんですね。

■昇格記念LIVEは17期全員で後輩を引っ張っていきたい

――今、活動していて楽しい事は?

畠山 去年の夏はたくさんフェスに出させていただいたんです。そのメンバーに選んでもらえるのは嬉しかったし、色んな曲を踊れた方が今後に活きるからよかったなって。

――ダンスの覚えは良くなりました?

畠山 前よりは良くなってるんですけど、繰り返さないと覚えられないところもあるので、まだまだかなと思ってます。

――最新シングル『恋 詰んじゃった』で、17期生が5人選抜に選ばれましたね。そして佐藤綺星(あいり)さんが初のセンター

畠山 綺星ちゃんは何でもちゃんとこなしているし、しかも天狗にならないっていうのが、初期からすごい尊敬してる部分で。今回のセンターも納得だし、嬉しかったですね。

ただ、もう同期で選抜に入った経験がないのが4人だけなので、いつかは入りたいです。でも今選抜に入ったとしても、自分に何ができるのかって思うところもあるので。そこをちゃんと自分の中で見つけたいなと思います。

――確かに、ちゃんと選抜にいる理由がないとですよね。ちなみに今のAKB48ってどんな感じに見えますか?

畠山 一般的に見たら今も多いですけど、昔よりメンバーが減っていて、一人ひとりの活動は増えてるんじゃないかなって。それに関してはチャンスだなと思っています。でも、それがいつまで続くかわからないので、気を引き締めてやらないとなって。

――昇格して1番楽しかったことは?

畠山 正規メンバーさんの公演に一緒に出られることですね。先輩のパフォーマンスを同じステージ側で見れるのは嬉しいですし、すごい勉強になります。

あとは髪型を自由にアレンジできるようになりました。でも逆にどうしようって悩んじゃって、太田有紀ちゃんとか正鋳真優ちゃんに相談しています。

畠山希美

――AKB48としての野望だったり、こういうことをやってみたいってありますか?

畠山 選抜が全てじゃないとは思うけど、選抜に入りたいです。もし選抜じゃなかったとしても、たくさんの方に知ってもらえる存在になりたいです。場所が変わると見られ方も変わるじゃないですか。逆にそれで知ってもらえる人もいるし。

――正鋳さんの水着グラビアとか。

畠山 私はやるかわからないですけど、でもそういうグループでの活動以外の場所も自分で作っていけたらいいなって。

――グループ以外の場所として、やってみたいお仕事とか?

畠山 トーク番組に出てみたいです。面白いことを言えるかわからないですけど、話すことは好きなので。好きなことって学ぼうとするじゃないですか。勉強したい気持ちもあります。

――畠山さんにとってAKB48とは何ですか?

畠山 人生で1番幸せな気持ちを与えてもらってる場所だし、1番の挫折も味わった場所かなと思います。

――挫折は先ほど話していた公演に向けてのレッスンだと思うのですが、幸せっていうのは?

畠山 人と話すことが好きで、アイドルは色んな人と話せるし、握手も楽しいです。

――7月21日より、全国5か所で昇格記念LIVEが行われますね。

畠山 17期生は昨年、神奈川で単独コンサートをやらせていただいたんですけど、今回は若手メンバーでいろんなところに行けるので、すごく楽しみです。以前にシングルの発売記念イベントで大阪へ行ったんですけど、たこ焼きを食べずに帰ってしまったので、リベンジしたいです(笑)。

――後輩の18、19期研究生を引き連れてのツアーですよ。

畠山 単独コンサートの時に 若手だけでやる大変さがわかったので、そういった部分をうまく伝えていけたらいいなと思うし、17期生は踊れる曲も多くて、先輩だから10人全員で引っ張っていけたらいいなって思ってます。

畠山希美
連載「なんで令和にAKB48?」は木曜日更新。次回は7月25日、18期研究生の山口結愛が登場!】

●AKB48
2005年(平成17年)12月8日、秋葉原のAKB48劇場で1期生お披露目。
2022年(令和4年)5月4日に17期生、2023年4月9日に18期生、2024年3月17日に19期生がデビュー!
◯AKB48 64thシングル『恋 詰んじゃった』が7月17日発売! ドラマ『星屑テレパス』(テレビ東京ほか)毎週火曜24:30~放送中! 「AKB48 17期生昇格記念LIVE!新メンバー挨拶まわり~私たち、AKB48です~」が7月21日、仙台よりスタート。最新情報は公式ホームページをチェック!

●畠山希美(はたけやま・のぞみ)
2008年1月25日生まれ 埼玉県出身
身長159㎝ 血液型=O型
Nickname=のんちゃん
公式X【@nonchan_akb48】
公式Instagram【Nozomi_akb4817】

『週プレ グラジャパ!』で山﨑空の撮り下ろしグラビア&ロングムービーを公開中!

『週プレChannel』にて
畠山希美グラビアメイキングムービー公開中!