財布盗まれてカード類全部ないし現金ギリギリだけど、なんとかイスラエル来れました!

アルメニアでスリに財布を盗まれたことで、クレジットカードも銀行のカードもなくなった。

この後の旅でお金を引き出せないが、どうしたら良いだろうか。お腹に隠していた500ドルほどの現金はあるが、今から行くのは中東旅のハイライト、イスラエル、ヨルダンで、この旅で一番お金がかかるエリアである。

フライトの時間は迫っているのでもう行くしかないが、当面のお金が足りるのか、不安いっぱいのまま空港へ向かった。

ガラーンとした空港にはあまり搭乗客の姿はなく、イスラエル行きの便に乗る人の少なさがうかがえる。

ガラガラの空港にメッシ。ほんとメッシは世界で人気

しばらくすると、ロープで囲われた空間にガタガタといくつかの机が運ばれてきて、その横には銃を構えた男たちが配備。

「コワ! なんなんだこの厳重な感じは......」

そして、私たちはまるでクイズ番組で答える芸能人のように、ひとりずつデーブルに配置され、個人面談が始まった。私の担当はなかなかの金髪美女であったが、その表情は冷徹でピリっとしていて威圧感がある。

「さて、あなた英語はできるわね。じゃあ今から質問に全て正確に答えるように。まず、なぜイスラエルに行くの? これまでに行った国は? そこで会った人の名前も言いなさい」

「えっと、ドバイスタートでクウェートとかバーレーンとか......。会った人って、いっぱいいるけどみんなニックネームしかわかんないよ。ジェイソンとか、キンジョーとか......」

「ワッツアップやラインなどの交換は?」

「えっと、あーオマーンで一緒にクルーズした人のがあったかな......」

「オマーン? さっき言ってなかったじゃない! なんで言わなかったのか言いなさい!」

「え! 別に隠していたわけじゃ......」

「仕事は? ライターって何を書いているの? ブロガー? それでご飯食べてるってことはフォロワーが多いってことよね? 何人よ?」

「や、ええと、恥ずかしながらそんなにフォロワーは。ギリギリで生きてますし、それに副業で色々やってます。ってなんでこんなこと......。恥ずかしいんですけど」

「荷物の中には人にもらったものがあるかしら?」

「スリに会った後、イラン人のおじさんが恵んでくれたカップヌードルみたいなのがあるけど......」

とにかくこと細かに聞かれると、ルールだからと現金とスマホ以外の荷物を全部取られた白い手袋をした係員がバックパックの中身を全部テーブルに並べ、全ての物をじっくりと調べ始めた。

あなたの荷物は全て預かります。イスラエルで受け取ってください」

「え? なんで私だけ? みんな機内持ち込みしてるじゃん! カメラとかパソコンとか貴重品壊れたら困るんだけど!」

周りを見渡すと、強面で悪人ヅラの男だってたくさんいるのに、ここまで厳しい扱いをされているのは私だけ。

パスポートに世界中のスタンプがあり、一人旅をしている日本人の女の何がそんなに怪しいのであろうか?(怪しいだろうな!)

「スリに財布もデータも盗まれてただでさえ凹んでるのに、これ以上私から何も奪わないで!」

そう願っても無駄で、その後もまた、次の関門でスーパーバイザーと呼ばれる女性の元へ通され、初めの金髪美女よりさらに激しく詰問された。

何も悪いことをしていないのに、まるでいじめにあってるかのような気持ちで、「もうこんなことされるならイスラエル行かなくていいよ」とすら思ったが、言うとおりにするしかない。

それが終わると今度は、まるで私が犯罪者か超VIPかのごとく、両脇に金髪美人ともうひとり女性が付き添い、空港内を移動。個室に連れて行かれた。

ドアがバタンとしまると......、

「服を脱ぎなさい」

「え」

もうどうでもよくなった私は、飛行機に乗り遅れるのもイヤだし、さっさと全裸になろうとすると、そこまで脱がんでいいと止められた。

脚を開いてグッと腰をかがめなさい。ほら、ヨガのポーズよ。ヨガわかる?」

四股を踏むような格好で股間部分までしっかりと、全身のチェックが終わり、ひとりの女性が出ていくと、最初の金髪美女と部屋にふたりきりになった。

その途端......。

はぁ~! 緊張した! 実はこのフライト今日が初なのよ。だから皆ピリピリしてるの。私の初仕事。ボスは良い人だけど緊張しちゃった!」

さっきまで強張っていた金髪美女の表情が緩んだ。

あなた世界旅してるんでしょ? いいなぁー! 私ロシア人なんだけどさ、日本大好き! 子供の頃『セーラームーン』とか見てたの。日本の女子はみんなあの髪形だと思ってたわ(笑)。フェイスブックとかやってる? 交換しよー!」

え? SNS交換とか、いいんですか?

さっきまでとの豹変ぶりに驚いたが、私は彼女とつながった。そして飛行機に乗る直前まで彼女に警護され、最後まで笑顔で手を降られ飛行機に乗り込んだ。

アルメニアからイスラエルへのフライトは、私にとって世界で一番厳しい出国だったが、忘れられない思い出となった。

イスラエルの空港に着きロストバッゲージがないか心配していたが、自分のバックパックを見つけ、やっと安堵。

ビニールでグルグル巻きにされた、私の全荷物が入ったバックパック

グルグルにまかれていたビニールを破り、まずはカメラやパソコンなどを確認しようとジッパーを開けると......

バッサーーー!!!!

白い粉が舞い上がった。え? 何これ! コワイ! え! 私ドラッグとか持ち込んでませんから!!!

バックパックから白い粉が舞い上がった。画像よりも実際はもっと粉まみれ!

一瞬、このまま逮捕されて死刑になるのでは......なんてことが脳裏に浮かんだが、その粉は美味しそうな匂いを漂わせていた。よく見てみると、イラン人にもらったカップヌードルのカップが割れている。

こ、これか! ビックリしたーーー。

ひとまず、無事にイスラエル入国......。数日後、私のSNSにはロシア人の彼女からイイネが押されていた。

イスラエルのエルサレムへひとまず辿り着いたが、所持金の少なさに不安......

【This week's BLUE】
空港から市内へ向かうバスでさっそくジューイッシュ(ユダヤ教)の格好をした男性たちに出くわした。イスラエルっぽい!

★旅人マリーシャの世界一周紀行:第198回「宗教の聖地エルサレムの安宿で、男性の部屋に呼ばれたら......」

●旅人マリーシャ
平川真梨子。9月8日生まれ。東京出身。レースクイーンやダンサーなどの経験を経て、SサイズモデルとしてTVやwebなどで活動中。スカパーFOXテレビにてH.I.S.のCMに出演中! バックパックを背負う小さな世界旅行者。オフィシャルブログもチェック! http://ameblo.jp/marysha/ Twitter【marysha98】 instagram【marysha9898】

★『旅人マリーシャの世界一周紀行』は毎週木曜日更新! ★

marysha.jpg