研究に私費3000万円を投じた『全国マン・チン分布考』で、全国各地の女性器・男性器の呼称を徹底的に調べ上げた松本修さん

『全国マン・チン分布考』(インターナショナル新書)は、日本全国各地の女性(および男性)の性器の呼称を丹念に調べ上げた言語学の金字塔とも言うべき一冊である。

著者は、かつて『全国アホ・バカ分布考』(新潮文庫)で壮大な分布図を完成させた松本修氏。今回のマン・チン分布考でも、全国各地の呼称をマッピングすると、アホ・バカのときと同様、京都を中心に幾重もの同心円が浮かび上がり、完璧な「周圏分布」を示していた。

つまり、関東における性器の表現と関西のそれは単なる地域性、方言の違いではない。京都で誕生した言葉が長い年月をかけて遠隔地に伝わっていき、京都では別の言葉が用いられるようになって以降も各地に古い言葉が残ったのだ。この研究に松本氏は私費3000万円を投じたという。何が彼を前人未到の股間の奥地へと駆り立てたのか?

***

──本書の冒頭に《女陰・男根語についての「言語地理学」(方言地理学ともいう)に則った、本格的な人文科学的な研究は、日本という国家の開闢(かいびゃく)以来二〇〇〇年近く、これが初の試みとなるでしょう。》と、力を込めてお書きになられています。

松本 この本は、私がプロデューサーを務めてきた『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)という番組の視聴者から寄せられた調査依頼がスタートのきっかけになっています。京都出身で当時、東京で働いていた24歳の女性が「饅頭(まんじゅう)」を指す京ことばを使ったところ、職場が大騒ぎになって恥ずかしい思いをした。そこで「『全国アホ・バカ分布考』みたいに、その言葉の全国方言分布図を作ってもらえませんか」という依頼を受けたのです。

しかし、この企画を番組で実現することはできませんでした。なぜならば、女性器を表す言葉は放送禁止用語だから。それでも私はあきらめませんでした。視聴者からの要望に、なんとしても応えたい。そんなプロデューサー魂に火が点いたのです。お饅頭事件に端を発した調査依頼が番組に寄せられたのは1995年のこと。本書を書き終え、完成した分布図を渡す目的で依頼者の女性に会うと、当時24歳だった彼女は中学生の娘さんを持つ47歳のお母さんになっていました。

──なんと、着想から完成まで23年!

松本 こういった研究がこれまでなかった理由は、やはり権威主義的な言語学者たちの間で性器の呼称が"汚らしい言葉"として蔑(さげす)まれてきたからでしょう。特に女性器を表す言葉は、男性器を表す言葉と比べても酷(ひど)い差別を受けてきたと思います。本の中でも触れていますが、1969年にはハニー・ナイツの唄う『オー・チン・チン』という曲がヒットしました。幼少時代の陰茎への郷愁を唄った曲で、民放連が「要注意歌謡曲」に指定したものの、テレビでも普通にオンエアされていました。現在でも、男性器を表す言葉は放送禁止用語ではありません。

では、いったい何故、女性器だけが不当な差別を受けるのか。本来、女性器は美しい女性の肉体の一部であり、男性にとっては愛おしい存在のはずです。それなのに、それを表す言葉は口に出すことも憚(はばか)られるほど、日本語の中でも最低の地位に追いやられてしまっている。どのような歴史を辿り、どんな運命のイタズラがあって女性器は蔑まれるようになったのか。私としては、冤罪を証明する人権派弁護士になったようなつもりで調査と研究に取り組んだのです。

──本書でも引用されていますが、『古事記』の中でも最も有名なシーン。太陽神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)に引きこもって世界が暗黒になり、困り果てたところで天の宇受売命(あまのうずめのみこと)という女神が自分の性器まで曝(さら)け出す裸踊りで天照大御神を岩戸から引き戻した神話にも示されている通り、古代において女性器は蔑むどころか崇敬(すうけい)の対象でもあったはずです。

松本 その通りです。なんと言っても女性器は、赤ちゃんという新たな生命を生み出す器官なのですから。本来は神聖極まりないものだったのです。縄文時代の土偶を見ても、女性器がデカデカと象徴的に表現されています。五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈願する対象だったのです。

また、古代日本では卑弥呼(ひみこ)などの女帝が活躍したし、女性の天皇もいました。神功皇后(じんぐうこうごう/近代以前は女性天皇のひとりに数えられていた)は朝鮮出兵に際し、身重でありながら指揮を執り、これが現在も妊娠中の女性がお腹に巻く岩田帯の起源と言われています。

──少し前に大相撲協会が女性を土俵に上げない「女人禁制」が議論されましたが、相撲というのも本来、五穀豊穣を願う神事で、肥満体型の力士は妊婦をイメージしていたものという説もあります。

松本 そうやって女性や女性器の立場が貶(おとし)められてきた背景には、鎌倉時代以降の武家文化の影響があったと思います。権力者の都合で、本来は神聖なものであるはずの女性器が貶められ、それを表す言葉も日陰へと追いやられていったのでしょう。

また、幕末の開国直後から明治初期の日本にやって来た西洋人たちは、口を揃えて日本人は性的におおらかであるという印象を語っていますが、徐々にキリスト教的な西洋文明が日本に浸透していく過程でも、女性器を表す言葉は使うことが憚られるようになっていきました。

しかし、今回の調査でわかったのですが、大正時代の頃までは女性たち自身もそういった言葉を日常的に使っていました。現在では、スケベな男性たちが猥談するときに使うような言葉、テレビ業界では放送禁止用語となっている表現を、女性たちも使っていた。考えてみれば当然です。人間の身体の一部を表す言葉なのですから、それが使えなければ不便だし、かえって不健全なことだと思います。今の日本人がタブー視している女性器の表現は、本来は女性たちが誇りをもって使っていた言葉なのです。

──女性器を表す言葉がいやらしい意味を持つ俗語になると、それに代わる新しい、美しい言葉が京都から生み出されていったわけですね。

松本 そうです。先ほどのお饅頭も、もともとは小さな女児の性器を表現する言葉でした。しかし、時代を経て、その言葉が成人女性の性器も指すようになり、男性たちがいやらしい意味で使い始めると、赤ちゃんの健康的で愛おしい性器を表現するために新しい言葉が発明されました。そうして時代とともに変化した言葉が、全国各地に方言として残っているのです。

しかし現在は、新しい言葉を生むためのアイデアが完全に枯渇している。最近では「オマタ」という表現が定着していますが、お股というのは本来、性器だけでなく、肉体の非常に広い範囲を指す言葉です。また、単に言葉を無味乾燥なものにしただけで、女性器に対する慈しみの感情がまったく込められていない。新しい言葉が生み出されない文化的不毛状態が続いていると言えるでしょう。

──同じ言葉でも、誰が言うかによって、美しく響くか、いやらしく聞こえるかが変わってくると思います。松本さんが言う女性器の表現からは、女性の肉体に対する慈愛が感じられます。

松本 私は猥談というのをしたことがないんです。女性やその肉体に対しては本当に愛着と慈しみの感情しかないんです。しかし、女性器の表現に関する調査と研究は本書で完結です。男性器も含め、疑問に思っていたことすべてに、答えが見つかりました。マン・チン分布の世界は卒業ですね。次は恋愛小説を出版する予定で、すでに執筆に入っています。

■『全国マン・チン分布考』 インターナショナル新書 1100円+税

●松本 修
TVプロデューサー。1949年、滋賀県生まれ。京都大学法学部卒業後、朝日放送入社。『ラブアタック!』(75年)、『探偵!ナイトスクープ』(88年)など数々のヒットテレビ番組を企画・演出・制作。大阪芸術大学教授、関西大学・甲南大学・京都精華大学講師を歴任。著書に『全国アホ・バカ分布考』『どんくさいおかんがキレるみたいな。』(以上新潮文庫)、『探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子』(ポプラ文庫)ほか