週刊プレイボーイで「激ウマ! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、そのまま店で売れるレベルのカップ麺を、こってりスープ版にしたらウマい「ケンタッキー爆鶏だし正麺」!

* * *

【今回の食材】
・マルちゃん正麺 カップ トリュフ香る鶏白湯 ・骨なしケンタッキー 3個 ・カーネルクリスピー 2本 ・ビスケット(ケンタッキー) 1個

野島 助手くん、ちょっとこのマルちゃん正麺の期間限定商品「トリュフ香る鶏白湯(ぱいたん)」を食べてみてください。

助手 ズズズッ......。うわ、これメチャクチャウマいっすね。

野島 そう。生麺のような食感と、あっさり仕立てられた鶏白湯スープが絶品。ほんとお世辞抜きでそのまま店でも売れそうなレベルなんですよ。

助手 完全に同意です!

野島 今回はこの商品をバカレシピアレンジしていきます。

助手 おい!! そのまま店で売れるレベルって言ったじゃん!

野島 まあまあ。でも助手くん、こってりスープ版のコレも食べてみたいと思いませんか?

助手 た、確かに!

野島 そこで今回はケンタッキーのチキンを使って、こってり化します。

助手 どうやって作るんですか!?

野島 正麺のカップにチキンをブチ込み、あとは普通に作れば完成です。

助手 おい!! 手抜きかよ!!

(1)注ぐ! マルちゃん正麺のフタを開け、かやくと一緒にケンタッキーのチキンも豪快に投入し、その上から熱湯を注ぐ。チキンの脂分とスパイスが染み出てスープがこってり激ウマ化!

野島 簡単なほうがまねしやすくていいじゃない。チキンの脂分とスパイスがスープに溶け込んで、これだけで飛躍的にこってり化させられるんですよ。

助手 あっ、スープに油がたっぷり浮いてる。さっき食べた正麺と見た目も鶏濃度も別モノ!

野島 スープを混ぜたら、最後にカーネルクリスピーを突き立てましょう。さあ助手くん、食べ比べてみてください。

(2)刺す! スープのもとを入れてかき混ぜたら最後にカーネルクリスピーを突き立てよう。カップからはみ出るクリスピーのVサインはジャンク感の象徴。テンションがブチ上がる!!

助手 ウマッ!! 何これビビった!! こってりしただけじゃなく、味に深みがある!!

野島 チキンの脂や肉汁だけでなく、スパイスも浸透して抜群においしくなるんです。衣をほぐしつつ食べ進め、濃くなりすぎたらお湯を足す。味の調整が簡単なのもポイントです。ちなみにモスチキンやファミチキなどでもいい感じになりますよ。

(3)食べる! こってり感と味の深みが増した正麺は驚愕のウマさ! しかも白湯スープに浸ったチキンはチャーシューのように食べられ満足度もヤバイ。こいつは幸せなデブ飯だぜ......!!

助手 ファミチキだと、コンビニで買って、即アレンジできるのは、イイ!!

野島 でもせっかくケンタッキーのチキンを使うなら、一緒にビスケットも用意しておくのがオススメです。半分に割ってチキンと麺を挟めば激ウマラーメンバーガーの出来上がり。

(4)カスタム! ケンタッキーのビスケットがあれば半分に割り、間にチキンと麺を挟んでラーメンバーガーにしても激ウマ。マルちゃん正麺の麺のクオリティが高いからこそ可能なアレンジだ!

助手 ウオッ、これもアリ!! 麺にしっかり弾力があってウマいッ!! いやあ、今回はお見事でしたわ。恐れ入りました。

野島 販売期間が終わる前にぜひ試してみてほしいですね!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中