「梅毒」患者が5年間で6倍以上に急増! その症状や治療法とは――? *写真はイメージです

ここ数年で急増している「梅毒」感染者や、昨年10月にはAV業界でHIV感染者が出て業界に激震が走るなど、性感染症に関するニュースが後を絶たない。

それにも関わらず、性病検査はおろか、「まさか俺が(私が)性病にかかるわけがない」という根拠のない自信を持ち、症状が出て初めて渋々と病院に行く......というのが現状ではないだろうか。

実際、「性感染症は性的接触を介して誰もが感染する可能性がある上、男女ともに無症状の場合もある。そして自覚症状がないまま他人に感染させている場合がほとんど」なのだという。

そこで今回は、元AV女優の夏目ミュウさんが開院に関わったとして話題となった性感染症専門検査クリニック「池袋駅前ライフクリニック」稲垣徹訓院長に、知っているようで知らない性感染症の真実について聞いた。

* * *

――まず日本で一番感染の多い性感染症はなんですか?

稲垣 厚生労働省の性感染症報告数データによると、一番多いのは「クラミジア感染症」。2016年の感染者は定点報告で2万4397人、ここ10年はほぼ横ばい傾向です。

これ以外の「性器ヘルペスウイルス感染症」「淋菌感染症」など全体の年間感染者数は100万人以上になります。その中でも絶滅危惧種と言われていた「梅毒」患者が2013年頃から爆発的に増えています。

――梅毒患者急増ということですが、一体どのくらい増えているのですか?

稲垣 2012年の報告数は875人だったのが、13年には1228人、14年は1661人、15年は2690人、16年は4575人、17年は5820人と増え続けており、国が警鐘を鳴らすレベルに達しています。

――その梅毒患者はどんな年齢層が多くて男女比などあるのでしょうか。

稲垣 男性は20~50代と幅広いですが、女性は20代が多いようです。しかし未成年や高齢者の報告もあります。梅毒だけでなくHIVもそうですが、かつては同性間感染が多かったものが、近年の傾向としては異性間感染の報告のほうが増えています。それに加えて女性患者の割合も増えています。

――なぜ増えているのでしょうか。

稲垣 正直申し上げて、現時点では明確な原因がわかっていませんが、梅毒が流行している国からの観光客増加が一因ではないかとの指摘もあります。

また、インターネットやSNSの発達の影響も考えられます。年齢層や職種に関わらず、出会いの機会がぐんと広がり、そういった男女が複数の相手と性交渉を行なえば感染リスクは上がります。

医師は梅毒と診断された患者は、保健所を通じて都道府県知事に感染報告をする義務があります。当院から患者が出た場合も、年齢や性別、症状、感染経路などを報告しています。今まさに、国が梅毒症例の動向について統計をとっているところです。

――こちらのクリニックでは風俗店とも提携し検査を請け負っているそうですが、風俗店の感染意識はどのような感じなのですか?

稲垣 残念ながら全グループ、店舗が徹底しているわけではないのが現状です。「風俗嬢に検査は促すが、必ずしも"陰性結果"が出ていなくても仕事ができない状況にはしていない」という店も多く、「検査結果を提出する女性は全体の2割で、残り8割は検査をせずにサービス提供を行なっている」という店があるという話も聞きます。

また、店舗型から出張型の風俗店が増えたことにより、検査がゆるくなっているという現状もあります。

――そもそも何らかの"症状が出たから行く"もので、"定期検診する"習慣も意識もないですもんね。

稲垣 そうなのです。一般女性においては風俗店に在籍する女性のように検査を促されることもないわけですから、複数の男性と性交渉していようとも、その感染意識は低いと思います。

――感染原因は性交渉だけなのでしょうか。

稲垣 いいえ、オーラルセックスや濃厚なキスによっても感染します。陰部だけでなく口唇・口腔内にも梅毒が発症する場合もあり、キスだけでも感染する可能性は大いにあります。ただし粘液同士の接触のある濃厚なキスの場合では感染頻度が上がりますが、飲み物の回し飲み程度での感染力は低いです。

――梅毒は感染すると鼻に大きな腫瘤(しゅりゅう)ができたり、全身湿疹などの怖い症状が出るものなのに、気づかず感染拡大しているわけですか?

稲垣 最近はほぼ見ることはありませんが ゴム腫といわれる大きな腫瘤などは、梅毒感染の後期のものです。梅毒には全部で4つの病期があり、感染後1ヵ月間は初期硬結(こうけつ)はあまり目立たず、それ以外はほぼ無症状です。

【梅毒感染病期】

・早期梅毒第1期(感染から1ヵ月前後)
陰部周辺や口の周りの皮膚に軟骨くらいの硬さの硬結ができ、その後中心がえぐれるような病変(潰瘍形成し硬性下疳[こうせいげかん]と呼ばれる)が現れる

・早期梅毒第2期(感染から1ヵ月~3ヵ月)
丘疹(きゅうしん)、乾癬(かんせん)、扁平コンジロ-マ(肛門、外陰部などにできる扁平隆起病変)、バラ疹(体幹を中心に顔面や四肢に淡紅の湿疹が出現)、など多彩な症状を呈するが自然に症状が消失することも多い

・後期梅毒第3期 4期(感染から1年~3年以降)
心血管症状や臓器病変や進行麻痺、ゴム腫などが出現。このゴム腫が一般的に鼻などの皮下組織にできる結節性腫瘤のこと

――こわ! 感染1ヵ月は症状なしってことは、その間、感染者が非感染者と性交渉すれば、感染する恐れが?

稲垣 当然あります。その期間に風俗店のサービス提供者から感染拡大していたり、一般男女間においても感染者が非感染者にと広げ、倍々で増えているわけです。

――ちなみに第3期以降まで放置しておくとどうなるのですか?

稲垣 梅毒は臓器を侵す病気ですから、心臓に負担がかかって心不全になったり、「脊髄ろう」といって神経系に問題が生じて運動失調や知覚麻痺が出るなど、最終的には生死にも大きく関わる病気になります。

――梅毒感染したら、どんな治療法で治すのでしょうか。

稲垣 梅毒の治療はペニシリン系のアモキシシリンという抗菌薬の服用で1ヵ月から3ヵ月ほどかかります。毎日飲まないといけないので辛いと思いますが、飲み切らないと治療は完了しません。

それに症状が軽快していたとしても菌が全滅しなければ意味はない。中には1ヵ月飲んでも菌が消えきらない人もいて、追加で1ヵ月、2ヵ月という場合もあるので、必ず内服後に治癒判定をして治療が完了しているか確認しましょう。

――当たり前ですが、その治療期間は当然、禁欲生活なわけですよね。

稲垣 当たり前です! たとえコンドームをつけていようとも感染する可能性はゼロではありません。感染意識はその人の人間性を表します。無責任な人ほど気を使わない。そういう人が感染拡大させるのは間違いないかと思います。

――では性感染症から身を守るにはどんな意識が大事でしょうか?

稲垣 当然ながらコンドームをつけて感染予防をはかることが大前提です。夫婦間であっても妊娠を望まないのであればゴムは着用したほうがいい。

さらに、風俗店に行く習慣があったり、複数のパートナーがいたり、ワンナイトしたとか、素性のわからない女性と性交渉やオーラルセックスをした際には検診に行く意識を持つことです。

複数女性との性交渉があるのであれば月1回でも多くはないし、新たな女性との性交渉をしたらそのつど、という感覚が良いと思います。

*  * *

それでも「自分だけは大丈夫」と思うだろうか。複数のパートナーがいる、風俗店に遊びに行っている......そんな身に覚えのある人、自分になくても相手は身に覚えがあるかもしれない。どうかコンドームの着用はもちろん、定期検診を心がけ、健全なる性生活を!

★後編(2月20日配信予定)では、その他の性感染症の症状や検査について詳しく聞きます。

●稲垣徹訓(いながき・てつのり)
日本産婦人科学会専門医。日本周産期・新生児医学会 母胎・胎児専門医。東海大学医学部医学科卒業後、順天堂医院にて臨床研修過程 修了。順天堂医院産婦人科学講座入局後、各関連病院にて診療。現在、池袋ライフクリニック院長。

■池袋駅前ライフクリニック
https://www.ikebukuro-life-clinic.com/

【『美メンズ変身講座』の記事一覧】

bimens.jpg