独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、寒すぎる冬はこれで決まり! 一緒につまみも作れる便利鍋、日本酒を土鍋で直接温める「土鍋で直沸騰! ハイパー熱燗」!

* * *

【今回の食材】
・日本酒 900ミリリットル ・春雨 ・鍋用餅

野島 最近はすっかり寒くなったなあ。ところで助手くんってお酒は飲むんだっけ?

助手 缶チューハイとかをたしなむ程度ッスね。

野島 もったいないなあ。やっぱり寒い季節は熱燗(あつかん)が最高なんだけど、熱燗って適温が50℃らしいんだ。これ、もっと温度を上げてみてもいいんじゃないかと思って、今回は日本酒と土鍋を用意してみました。

助手 日本酒を鍋で直接温めるんスか? さすがにアルコールが飛んじゃうんじゃ。

野島 実はアルコールって沸騰させてもすぐ完全に飛ぶわけではないんです。しかも日本酒はもともとのアルコール度数が高いし、急速で加熱すればきっと大丈夫なはず。

助手 僕はあまり飲めないけど、とりあえずやってみましょ。

(1)沸かす! 熱燗の適温は50℃というが、寒い冬にはもっと熱くてもいいじゃないか。徳利など使わず土鍋に直接入れ、急速で沸騰させよう。早く沸かせばアルコールもそこまで飛ばない

野島 それじゃ早速沸騰させますよ。ウオオオオーッ、グツグツ煮立ってきたぞー!!

助手 わっ、湯気が酒クセー!! 呼吸するだけで酔いそう......。

(2)完成! 「土鍋で直沸騰! ハイパー熱燗」

野島 これをおちょこに入れて飲む! クアーッ!! んまいっ!! 瞬間にして酔える!! いやぁー、こりゃウマい!! ウンメエェェッー!!(グビグビ)

助手 ......待てよ。これ、ただ酒を温めて飲んでるだけじゃん! おい野島! アンタ酒を飲みたいってだけで今回の企画考えただろ!!

(3)飲む! グツグツと沸騰したらおちょこに日本酒を入れ、クイッと飲もう。一気に体が温まる! 酔いが回るのもいつもより早い気がする。瞬く間にご機嫌だぜ。今夜は最高の気分だ!

野島 失礼な! これからが本番ですよ。いい感じに気分がよくなってきたら、土鍋に春雨も投入しちゃいます。ソイヤッ!

助手 うわわっ、味つけもしないで春雨を煮込むなんて......。

(4)カスタム! テンションが高まってきたら鍋に具材を投入し、つまみを作るのも幸せ。特にオススメは春雨。日本酒を吸収した春雨をすすれば、食べているのに酔えるという新感覚を体験可能

野島 春雨自体は無味だからこそできるアレンジなんです。麺を食べているのに日本酒の味がして、しかも酔ってくるという不思議な体験ができますよ。

助手 ニヤニヤしながら春雨をすすってる。もう完全にヤベーやつ! 下戸な僕にはもう理解できない世界!

野島 最後は締めの料理もここで作っちゃいましょう。体は酔うと炭水化物を欲するので、鍋用の餅を使います。米が原料の日本酒に米が原料の餅を合わせる。これが米米CLUBやで。

助手 ちょっと何言ってるかわからない!

野島 鍋用の餅ならスッと柔らかくなるし、浸しているのが日本酒だから、餅本来の米の味を堪能できるんです。ハフハフッ、ああ、なんて幸せな味......。

ちなみに化調や顆粒だしを追加すれば酒蒸し風味も楽しめます。

(5)カスタム2! 小腹がすいたら鍋用の餅も入れるべし。餅も日本酒も原材料は米。意外なようで合わないわけがない。餅本来の味を堪能できる......気がする。※酔いが回っている状態での見解

助手 本当だ! ってアンタ!?

野島 Zzzz......。

助手 寝てやがる!! アンタもう酒飲むレシピは禁止な!!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう)  
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中