これからも、いろんなマヨネーズに出会いたいです!

『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は「マヨネーズ」大好きという彼女が、そのこだわりを語ってくれた。

* * *

子供の頃は大嫌いだったのに、大人になって大好きになったものってありませんか? 私にとってそのひとつが「マヨネーズ」です。

特にアメリカのマヨネーズは日本のものと違って水っぽかったので、子供の頃はとにかく嫌いでした。味もほとんど覚えていませんが、全卵を使っているせいかあまりコクがなかったような気がします。

しかし、数年前に「明太マヨパスタ」にハマったことがきっかけで、マヨネーズの味に目覚めました。カロリー的には最低な"クソパスタ"ですが、ストレスがたまっているときにこれを食べると心が癒やされるので、一時期は毎晩のように食べていました。

私の場合、多くの人と違って年を取るごとにジャンクなものがもっと好きになっているのも、マヨ好きになった理由かもしれません。今ではいろんなメーカーの商品を試したり、料理への応用法を研究しています。

世の中には、なんでもマヨをかける"マヨラー"なる人もいますが、私はどちらかというとマヨの可能性を試す"進化系マヨラー"なんじゃないかと勝手に思っています(笑)。

例えば、チャーハンを作る際にサラダ油の代わりにマヨネーズを使うと、コクが出てとてもおいしくなるんです。しかも、ご飯がものすごくパラッパラに。

どうやらマヨネーズに入ってる卵の成分で米粒がコーティングされるらしいんですが、レタスもシャキッとするのでレタスチャーハンが特にオススメです。また、ハンバーグの種に加えると、焼き上がりがふっくらしてジューシーになります。

さらに、各メーカーの"こだわりマヨ"にも注目しています。高級感のある瓶詰めで売られているキユーピーの「卵を味わうマヨネーズ」は、コクがしっかりあって、料理する際にとても使えますね。

意識高めなところでは、アボカドマヨネーズなんていうものもあります。アボカドオイルを使っているので香りは独特ですが、不飽和脂肪酸をバランスよく含んでいるので、抗酸化作用などの健康・美容効果を期待して食べてます。

そして今、食べてみたいのが「陸の孤島マヨネーズ」。すごく素材にこだわった高級マヨネーズなんですが、なかなか手に入らないのでいつか味わってみたいですね。

そんなマヨネーズは日本だけではなく世界中で食べられています。例えば、ドイツやベルギーではポテトフライに必ずマヨネーズがついてきます。向こうのマヨネーズは酸味があるので、ポテトフライをさっぱり食べられるんです。アメリカの東海岸ではお酢をかけて食べるのですが、その食べ方が好きなので、すっぱいマヨ×ポテトにもハマっています。

また、メキシコの「エローテ」という屋台メシは、焼きトウモロコシにマヨネーズをたっぷり塗り、チーズ、唐辛子、ライム汁をかけた料理です。ひと口食べたら止まらない中毒性があります。

今、世間では低糖質ブームが続いていますが、実は健康面からマヨネーズを見直す動きもあります。例えば、キユーピーのスタンダードなマヨネーズは大さじ1杯(15g)当たり0.1gしか糖質が含まれていません。何が体にいいのかという考え方は時代によって変わりますが、今ならもっとマヨネーズが注目されてもいいかもしれませんね。

●市川紗椰(いちかわ・さや)
1987年2月14日生まれ。アメリカ人と日本人のハーフで、4歳から14歳までアメリカで育つ。現在、モデルとして活動するほか、J‐WAVE『TRUME TIME AND TIDE』(毎週土曜21:00~)、MBSラジオ『市川紗椰のKYOTO NOTE』(毎週日曜17:10~)などにレギュラー出演中。揚げたキムチにマヨを大量にかけて食べさせてくれる居酒屋が大阪にある

『市川紗椰のライクの森』は毎週金曜日更新!

serial_ichikawasaya.jpg