週刊プレイボーイで「激ウマ! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、お湯を使わずチリトマトヌードルを極限まで濃厚にアップデートした「特濃! 限界突破チリトマト」。

* * *

【今回の食材】
・日清カップヌードル チリトマトヌードル 1個 ・ホールトマト缶 2缶 ・さけるチーズ 1本

野島 助手くんって普通のラーメンと濃厚ラーメンがあったら、どっちを食べる?

助手 もちろん僕は濃厚一択ですね! 濃厚ラーメン最高!

野島 では今回はカップヌードルのチリトマトヌードルを、極限まで濃厚にアップデートさせるバカレシピに挑戦しましょう。

助手 うおお、それは楽しみ! さてはチーズでも溶かしてドロドロにするんですか?

(1)煮込む! ホールトマト2缶を鍋に移し、グツグツと煮込む。なるべく液状になるまで煮込むだけでなく、少しでも高温にさせることが重要。この液体がそのままスープになるからだ

野島 チーズも使いますが、今回はお湯を使わず、代わりに煮込んだホールトマトを使ってチリトマトヌードルを作ります。

助手 えっ! さすがに麺が柔らかくならないんじゃ......。

(2)注ぐ! チリトマトヌードルの容器を軽く押しつぶし、麺を軽く砕いてからトマトを注いでいこう。麺を砕かないとトマトが底まで浸透せず、すぐにあふれてしまうので気をつけよう

野島 普通に注いだら麺の隙間にトマトが入り込まず、すぐにあふれてしまいます。でもこうやってカップを押しつぶして麺を軽く砕き、隙間を広げることで麺をトマトにしっかり浸すことができるのです。あ、もちろんトマトを限界まで煮詰めて高温にすることも大事ですよ。

助手 ほんとだ! かなり中に入りましたね。こりゃ異次元レベルの超濃厚ラーメンを食べられそうだ! 至福ゥゥッー!!

(3)チーズ! 3分強待てば完成するが、チーズも入れてさらに濃厚にすべし。さけるチーズを細かく裂き、麺の上にのせて溶かしながら食べよう。チリ感を増したいならタバスコも投入!

(4)完成! 「特濃! 限界突破チリトマト」

野島 これで3分強待てば出来上がりなのですが、ここでさけるチーズをトッピングして、さらに濃厚アップデートします。さあ助手くん、チーズを溶かしながら食べてみて。

助手 なんじゃこりゃあぁっ!! ウメエエェェェッー!! 食べた感じはチリトマトヌードルなのに、トマトソースを大量に絡めたパスタよりも圧倒的に濃厚!! 超濃厚になるとは思ってたけど、想像をはるかに超えてきた! たったのひと口食べただけで、ここまでトマトを感じられるなんてヤバすぎる!!

野島 ズズズッ......。ウハッ! こんなにトマト感が凝縮された食べ物なんてほかにないんじゃなかろうか。むしろトマトそのものよりも味が濃いかもしれない。溶けたチーズもうまい!

助手 でも、トマトとチーズの濃厚さのなかにも、チリトマト本来のピリ辛感をちゃんと主張してるのがすごい。トマトを煮込むのもお湯を沸騰させるのとそこまで手間が変わらないし、これは家で絶対またやるわ!

(5)比較! 通常どおり作ったチリトマトヌードルと比較すると、濃さが違いすぎてぶっ飛ぶ。通常版はトマトの味がまるで感じられないのだ。こうした比較研究もバカレシピの醍醐味である

野島 さて、今回はまだ終わりませんよ。ここで、お湯で作った通常のチリトマトヌードルと食べ比べてみましょう。

助手 ひえっ、おったまげた!これ、ただの醤油ラーメン味じゃん! トマトどこ行った~!

野島 いつもはトマトの甘みと酸味が前面に出てるけど、実はベースの味がしっかりしているってことがよくわかりますね。

助手 勉強になりました!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg