独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、雪見だいふくを『ドラクエ』のモンスター・キングスライムに変身させた「キング雪見だいふく」!

* * *

【今回の食材】
・バニラアイス 2000ミリリットル ・コーンスターチ 適量 ・砂糖 80g ・白玉粉 100g ・水 160cc

助手 野島さん。さっきから熱心にスマホいじってるけど、何やってるんスか?

野島 最近アプリでやる『ドラクエ』にハマっちゃって......。

助手 ゲームかよ! ほら、今回もバカレシピ考えて!

野島 大丈夫。今回はちゃんとドラクエからヒントをもらいましたから。ドラクエのモンスターのスライムって、8体集まると何になるか知ってますか?

助手 キングスライムに変身しますよね。どでかいやつ。

野島 スライムって何かの形に似てると思ってたんだけど、雪見だいふくっぽいなと。なので今回は「キング雪見だいふく」を作ってみようかと思います。

助手 スライムが雪見だいふくっぽいと思ったことは一度もないけど、どでかい雪見だいふくは興味深い! でも、あのモチを再現するのは難しいのでは?

野島 大丈夫です。再現レシピがたくさんクックパッドに載ってたので、いいとこ取りして作ってみましょう。

助手 クックパッドを積極的に活用する料理研究家ってひどいな! もっとプライド持って!

(1)レンチン! 耐熱の容器に白玉粉、水、砂糖を加えてよく混ぜ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分ほど加熱。いったん取り出してさらに混ぜ、必要に応じてさらにレンチンして固める

野島 材料をよく混ぜてレンチンしたら......おおっ、いい感じにモチモチしてきた! 本来ならここからひと口サイズにちぎっていくのですが、コーンスターチを敷いた台の上に広げて、薄く延ばしていきます。

(2)延ばす! コーンスターチを敷いた台の上にレンチンしたモチを広げ、全体にコーンスターチをまぶしながら薄く延ばしていく。粉が少ないとモチが台にくっつくので要注意

助手 すげえ~。どでかいアイスを包む準備は完璧ッスね!

(3)移す! アイスをボウルに移し、巨大なアイス玉を作っていく。溶けてしまうのを防ぐために作業はなるべく手早く。ボウルも直前まで冷凍庫で冷やしておくといいだろう

野島 続いてアイスの玉を作りたいので、大きめのボウルにアイスを移していきます。その量はなんと2000ミリリットル! 雪見だいふくが1個47ミリリットルらしいから......約40個分はあるな! こいつは興奮するぜ!!

助手 あんた本当にバカだねぇ。

野島 さあ、あとはこのアイスにモチをかぶせるだけ。いきますよ。ソイヤッ!

助手 ウオォォォーッ!! とんでもないサイズの雪見だいふく!! こいつはバカすぎる!!

(4)完成! 「キング雪見だいふく」

野島 ああっ!! モチの重さに耐えきれなかったのか、アイスがすごい勢いで崩れてきた!! カメラマン、早く撮影して!!

助手 ぐああぁっ! もはやキングスライムというかバブルスライム状態に......。

(5)食べる! 残念ながら今回は瞬時に崩壊し始めてしまったため、写真撮影もそこそこに大急ぎで食す。味は完璧に雪見だいふくそのもの。今回の反省を生かし、いつかリベンジしたい

野島 助手くん、とりあえず食べてみよう!

助手 すごい! 味と食感は完全に雪見だいふく! 再現度は過去最高レベルッス! それだけに見た目が惜しいなあ......。

野島 これはいつかリベンジしたいな......。助手くん、ちょっと「時の砂」持ってきて。

助手 時間を巻き戻せるアイテムね。ドラクエハマりすぎ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg