『週刊プレイボーイ』で「激ウマ! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、どん兵衛の油あげに女子に人気のタピオカを合わせた「どん兵衛 タピオカいなり」!

* * *

【今回の食材】
・日清のどん兵衛 きつねうどん 1個 ・タピオカ 適量

野島 流行の食材や時事ネタを積極的に取り入れてきたバカレシピ研究所ですが、ここまでタピオカを取り扱うのをすっかり忘れていました。

助手 ついにわれわれも女子受けを狙うわけですな!

野島 タピオカの店はいまだにどこも女子の行列が絶えない人気ぶりですしね。店も増え続けてるし。でもどこも甘いタピオカしか置いてなくて、メニューが代わり映えしないんだよなあ。

助手 そりゃあ、タピオカドリンクは甘いものでしょ!

野島 実は本場・台湾ではタピオカをスープの具として使うこともあるし、スイーツ以外にもたくさん用途があるんですよ。

助手 そうなんだ! でもドリンクだと街歩きしながら飲めるからね。そのへんもタピオカが流行した要因のひとつかと。

(1)タピオカ! 行列に並ばないと食べられないと思われがちなタピオカだが、実は輸入食材を販売している店や業務用スーパーなどで購入可能。ゆでたらお湯でサッと流してヌメりを取ろう

野島 では今回は甘くないタピオカで、街歩きもしやすいバカレシピを開発しましょうか。

助手 おお、お願いします!

(2)注ぐ! どん兵衛きつねうどんのカップから麺を取り出し、油あげだけに熱湯を注ぐ。3分もすれば戻るのでカップから取り出そう。余った麺とスープは「かけうどん」として食べるべし

野島 それではまず、どん兵衛きつねうどんを用意します。

助手 おい、野島! アンタ今タピオカって言っただろ!

野島 大丈夫、タピオカはすでにゆでてありますから。どん兵衛 きつねうどんから麺と粉末スープを取り出し、油あげだけをお湯で戻します。そして油あげが柔らかくなったら、取り出して包丁で切り開き、そこにタピオカを詰めて完成です。

(3)開く! 油あげの側面から包丁で切り込みを入れ、破けないように気をつけながら指でパカッと開く。包丁をあまり奥まで入れないのがポイントだ。アツアツなのでやけどにも気をつけて

(4)入れる! パックリ開いた油あげにゆで終えたタピオカをたっぷりと詰め込めば完成。大胆にひと口で食べるもよし、ストローでタピオカを吸うもよし。タピオカの新たな可能性を感じよう

助手 うわわっ、これはどん兵衛の油あげを使ったタピオカいなりずしってことですな! 見た目のインパクト、ヤベ~!! 

野島 さあさあ、早速食べてみてよ。たぶんウマいから。

(5)完成! 「どん兵衛 タピオカいなり」

助手 たぶんってなんだ!! っていうかこれ、どうやって食べるのが正解なんスか?

野島 ストローで吸ってもいいけど、いなりずしの要領でかぶりつくのが無難ですかね。

助手 ヌオッ! 餅米で作ったいなりずしを食べてるみたいでウマい!! 究極のモチモチ食感! しかも意外とおあげにしっかり味がついてるんですね。

野島 そうなんですよ。粉末スープを残しておけば、余った麺とスープでかけうどんを作れるし、どん兵衛のトッピングでタピオカを入れるのもあり。あ、もちろん普通に味付けした油あげを使ってもおいしいですよ。

助手 甘くないタピオカ、これは大いにアリだと思います!

野島 女子がこれを片手に都内を歩く姿が目に浮かびますね!これはレシピ開発者としてモテ期到来待ったなしですぞ~!

助手 さすがにタピオカ女子たちはいなりずし片手に街歩きはしないだろ......!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中。6月17日夜に新宿Naked Loftにてイベント「バカレシピ研究発表会」開催

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg