独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、あの大御所さんたちを不快にさせた「蒙古タンメン中本ゼリー」!

* * *

【今回の食材】
・蒙古タンメン中本 辛旨味噌 1個 ・ゼラチン 5g

野島 助手くん、ちょっと自慢させてくれよ。この前CBCテレビの『本能Z(ずぃ~)』という番組に出たんだけど、出演者がすごかった。今田耕司さん、東野幸治さんに、雨上がり決死隊!

助手 マジっスか!!

野島 それで大御所芸人の皆さまにバカレシピを試食してもらったんです。コーンスープをペヤングにぶっかけたものや、炭酸ぶどうジュースにしらたきを混ぜたものとか。

助手 大御所さんたちに、とんでもないもの食べさせんな!

野島 ところが信じられないことに「これはうまい」「いける」と大絶賛。唯一「不愉快だ」とダメ出しされたのは激辛ゼリーだけだったんだ。

助手 そんなの、ただの罰ゲームじゃん!

野島 ゼリーって普通は甘いものだけど、辛いゼリーもアリかなと思って、初めて作ってみたんですよ。

助手 試作なしで大御所に振る舞うってのが問題だろ!

野島 でもそこから改良して見事なバカレシピとして完成しました! 蒙古タンメン中本のカップ麺をベースに使ってみたら、辛味と旨味(うまみ)のバランスが完璧に仕上がったのです。

助手 なるほど。やっぱり中本のカップ麺は優秀なんですね。

野島 では早速作ってみることにしましょう。ここに私が先ほど麺を食べ終え、スープだけを残した中本カップ麺があります。

(1)食べる! 今回必要になるのは「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」のスープだけ。本来なら麺を取り除くのがベストだが、それはもったいないので先に麺だけをおいしく食べてしまおう

助手 残り汁を人に振る舞うとか、ひどい話だな!

野島 ここにゼラチンを入れて冷やして固めるだけなんですが、混ぜるスープが冷たいとうまくいきません。その場合は面倒でも一度温めましょう。ゼラチンが溶けたら冷蔵庫で冷やし、固まったら完成です。さあ助手くん、これはチビチビとつまむように食べてみてください。

(2)ゼラチン! 残ったスープにゼラチンを溶かす。スープが冷めていると、ゼラチンが上手に溶けず、ゼリーが固まらなくなる。面倒でも鍋に移して沸騰させてからゼラチンを入れよう

(3)冷やす! ゼラチンが溶けたら常温で少し冷まし、その後冷蔵庫に入れてよく冷やす。「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」の空き容器に移して冷やすと、後ほど盛り付け時に便利になる

助手 イケる! 確かに一気に食べたら辛そうだけど、少量ずつ味わうことで旨味の存在にしっかり気づけますね。煮こごりとして完成してんじゃん!

(4)盛りつけ! 見事にゼリーが完成したら、そのまま食べても構わないが、オススメはプッチンプリンのような盛りつけ。カップの裏面に穴を開けるとゼリーをきれいに取り出すことができる

(5)完成! 「蒙古タンメン中本ゼリー」

野島 なので酒のツマミにぴったり! これ、いつもならさすがに辛いから完飲せずに捨てちゃうスープですよ。それが最高に長持ちして酒が進むツマミになるなんて、究極のエコ!

助手 酒が飲めない人は少しほぐして、ホカホカご飯にのせて旨辛丼にするのもアリですな!

野島 よしっ、これはもう一度『本能Z』出演者の皆さまに食べてもらいに行くしかない!

助手 もう二度と口にしてくれるわけねーだろ!!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg