独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、ひと口サイズしかなくて惜しいマクドナルドのナゲットを、両手で抱えてかぶりつける「ジャンボ! チキンマックナゲット」!

* * *

【今回の食材】
・チキンマックナゲット(5個入り) 5パック ・小麦粉 ・卵

野島 マクドナルドってハンバーガーもウマいけど、やっぱり僕はチキンマックナゲットが大正義だと思うんです。

助手 異議なし! ナゲットとかポテトとか、マックの揚げ物は最高ッスね!

野島 でもあんなに多幸感あふれる食べ物なのに、大きさがひと口サイズしかないのは惜しい。どうせならどでかいナゲットを両手で抱えてかぶりつきたくないですか? というわけで、今回は特大サイズのチキンマックナゲットを作ろうかと。

助手 超特大ナゲット!! 確かに夢のある企画だけど、いったいどうやって作るつもりッスか?

野島 ナゲットを5箱買ってきたので、衣を剥がしてひき肉の状態に戻し、超特大サイズに固めて揚げ直します。ほら助手くん、すぐ作業を始めて!

助手 せっかく完成されているナゲットをひき肉に戻すとか、本当にバカだな! しかもこの作業はけっこう大変。衣と肉の境目がなかなか剥がれないじゃん。

(1)剥がす! チキンマックナゲットの衣を手で地道に?がし、肉と衣を分けた状態にする。衣を?がし終えたらすりこぎなどを使い、ひき肉状に戻していくイメージで肉を潰していこう

野島 地道にやるしかないですね。衣と肉を分けたら肉を潰していきましょう。

助手 これも完全にひき肉状には戻すのは難しいッスね。だいぶ粗びきな状態になりそうッス。

野島 まあ適当でいいんじゃない? 小麦粉と卵を溶いたものを作ったので、これを絡めて一気に固めて揚げちゃいましょう。

助手 本当に大丈夫かよ......。

(2)固める! 小麦粉を水で溶き、卵を混ぜて作った衣を肉に絡め、大きな塊にしていく。水の量を控えめにし、ドロッと濃厚な衣を作ることが上手に固めるポイントとなる

(3)揚げる! 肉を衣で固めたらそのまま熱した油の中に入れ、表面がキツネ色になるまで揚げる。中身の肉はすでに火が通っているため、高温でカラッと揚げることを意識しよう

野島 油でカリッと揚げてしまえばきっといい感じに固まりますよ。ほらできた。とりあえずそのまま食べてみてください。

助手 ウハッ! 本当に両手で抱えないと持てないサイズのナゲットになったッスね。重さもズッシリ! ちょっと見た目はゴツゴツしてて不格好ですけど。

(4)完成! 「ジャンボ! チキンマックナゲット」

野島 ナゲット5箱を使って2個の特大ナゲットを作れたので、1個当たり12.5個分ということになりますね。

助手 ぬおっ、これ、ちゃんとマックナゲットそのものの味がするッス。食感もそのまま。肉を完全にひき肉まで戻さなかったのがよかったのかも。ウマい!

野島 おお、これは想像以上の出来だ! テイクアウトで冷めてしまったナゲットを生き返らせる効果も期待できるぞ。ソースをたっぷりつけて食べたら最高の幸せを感じられますね。

助手 野島さん! これ、ナゲットが大きすぎてソースをつけられないッス! 容器に先っちょしか入らない!

(5)つける! ナゲットが揚がったらアツアツのうちにお好みのソースをつけて食べよう。ただし、ナゲットが大きすぎてそのままつけにくいため、スプーンなどで塗って食べるといいだろう

野島 うーむ、そしたらちょっとずつちぎって食べましょうか。

助手 せっかく特大サイズで作ったのにちぎって食うとか、本当にバカの極みだな!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg