『週刊プレイボーイ』で「激ウマ! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、ゆで卵の代わりに中身が真っ黒なピータンを使った「悪魔のブラックたまごサンド」!

* * *

【今回の食材】
・ピータン×3個 ・食パン(8枚切り)×4枚 ・マヨネーズ ・ブラックペッパー ・ガーリックパウダー

野島 さてさて、今回はサンドイッチがテーマですよ。

助手 いいッスね! いったいどんな具で作るんでしょ?

野島 濃厚で強烈なたまごサンドを作ってみようかと。たまごサンドって王道だし絶対的安心感があるけど、もっと道を踏み外してみてもいいと思わない?

助手 僕は別に思わないですけど。王道だからいいんじゃん!

野島 王道を踏み外すのは不安よな。でも野島、動きます。

助手 それ松本人志さんのツイートのまねしたかっただけだろ。やるなら早く作りましょ!

野島 たまごサンドを作るには通常ゆで卵を使いますが、今回はこちらを使って作ります。

助手 殻をむいたら中身が真っ黒! これピータンじゃん!!

野島 そう。ゆで卵をピータンに替えるだけで濃厚で芳醇な味になるのは想像できますよね。

助手 味はともかく、見た目が真っ黒でグロくなる想像しかつかないッス!

(1)潰す! ピータンの殻をむき、半分に切ってからボウルに移す。続いてフォークやすりこぎなどを用いてピータンを潰そう。ゼリー状の白身部分は弾力があるので力強く押すこと

(2)混ぜる! そこにマヨネーズを入れ、通常のたまごサンドの具を作る要領で混ぜる。マヨネーズが均一に混ざったらブラックペッパーとガーリックパウダーも投入し、さらに混ぜる

野島 ピータンをグニグニと潰してマヨネーズを混ぜるのは通常のたまごサンドと一緒。でもここからさらに悪魔的な味にするため、ブラックペッパーとガーリックパウダーもガッツリ入れちゃいましょう。

助手 ゲホゲホッ! においも強烈になってきたぞ。見た目は暗黒な緑色だし、まるでゾンビの肉みたいだ......。爽やかなたまごサンドとは完全に真逆!

(3)のせる! 食パンの耳を切り落とし、中央に具をたっぷりのせる。その上から食パンをもう1枚のせ、包丁で半分にカットして盛りつけたら「悪魔のブラックたまごサンド」の完成!

(4)完成! 「悪魔のブラックたまごサンド」

野島 たまごサンドが天使なら、これは完全に悪魔ですね。ウマくてやみつきになってしまう中毒性もありますし。さあ、具をパンに挟んで完成しました。助手くんもこれを食べて悪魔に心を売り渡してください。

助手 うわあ......本当にグロテスク。最近は「悪魔の○○」って食べ物がはやってるけど、これこそが本当の悪魔ッスね。

野島 つべこべ言わすに食え!

助手 ウハッ! これ見た目に反して激しくウマい!! ガーリックがいい味を出してるッス。確かにこれは中毒性が高い!!

(5)激ウマ! あとは大きな口で食べるだけ。ピータンとマヨネーズの濃厚な味わいに、ブラックペッパーとガーリックの刺激が最高にマッチ! 見た目は悪いが味は文句のつけようがない!

野島 口に含んだ瞬間広がるピータンの風味がたまらんですな。

助手 これをおかずにご飯を食える! タレをかけてもいいな。

野島 パンを焼いてバターを塗ってもいけそうですね。商品化できそうなレベルでウマい!

助手 うーん......しかしやっぱり見た目が悪いなあ。少なくともコンビニに並んでても買わないし、売れそうにない!

野島 大丈夫。「目をつむり鼻をつまんで食べてください」って書いておけばいいんです。

助手 そこまでして誰が食うかよ! 嫌いなものを食べるお子さまじゃないんだから!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg