独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、ペヤングソースやきそばのかやくを使い、サッポロ一番みそラーメンをコラボさせた「ペヤング回鍋肉」!

* * *

【今回の食材】
・ペヤングソースやきそば超大盛 3個 ・サッポロ一番 みそラーメン 1袋

野島 この前さ、回鍋肉(ホイコーロー)を食べてたらすごいことに気づいてしまったんだ。メインの具材がキャベツと豚肉ってことは、ペヤングのかやくを使って回鍋肉を作れるんじゃないかと。

助手 アンタいきなり何言ってんだ。この暑さでいよいよ本人がバカになったか? しかも回鍋肉は味つけが味噌ベースでしょ。ペヤングのソースで再現するのは不可能では......?

野島 いいからちょっとやらせてみて。まずは超大盛ペヤング3個分のかやくだけを使用します。麺とソースはとっておけばそのうち誰かが食べるでしょ。

助手 全然話を聞いてくれない! しかも具なしの寂しいペヤングはきっと後日僕が食べることになるんだ。まったく、ひどいパワハラだ!

(1)熱湯! 超大盛ペヤングのかやくのみを食器に空け、熱湯を注いで戻す。ソースと麺は使わないのでジップロックなどで密封し、後日具なしペヤングとして食べればOKだ

野島 おいおい、和ませようと思って言っただけだぞ。おまえ、テープ回してないやろな?

助手 どこかで聞いたことある発言やめて! 続けましょう!

野島 あ、原材料をよく見たらペヤングの肉は豚肉じゃなくて鶏肉が原料か。勘違いしてた。今回は中止にしますか......。

助手 今さらそんな細かいこと誰も気にしないから、続けろ!

野島 では、かやくだけを熱湯で戻し、水気を切って、熱したフライパンで炒めます。で、味つけで使うのがこちら。やっぱり味噌といえばこれっしょ!

(2)炒める! かやくが戻ったらザルに上げて水気を軽く切り、油を引いて熱したフライパンに入れて炒める。中華料理は火力が命。強火で一気に炒めて香ばしく仕上げるべし!

(3)味つけ! かやくに焼き色がつき始めたらサッポロ一番みそラーメンの粉末スープを全量投入。手早く全体を混ぜてなじませよう。味を薄めに仕上げたい場合は入れる量を半分程度にする

助手 それは、サッポロ一番みそラーメン......! 

野島 この粉末スープを使って味つけしたら完成です。どうですか、インスタント麺業界の夢のコラボが実現ですぞ!

助手 インスタント麺のコラボといいつつ、どっちの麺も使っていないというね。

(4)完成! かやく全体に味噌の色がついたらペヤング回鍋肉の完成。食器に移してアツアツのうちに食べよう。濃厚な味噌味はご飯との相性も抜群。回鍋肉丼にして食べても激ウマだ

「ペヤング回鍋肉」

野島 ほら、早く食べてみて。

助手 カァーッ!! サッポロ一番みそラーメンの味が煮詰まって濃くなったのか、ウマい!! これはキャベツひと切れでご飯を無限に食えるやつですわ。そしてキャベツの食感がインスタントと思えないレベルでウマい!

野島 いつもは麺が主役だから目立たないんですが、ペヤングのキャベツってこんなにウマいんだって気づけますよね。

助手 肉はさすがにパサパサですけど、でもいつも以上にうま味を感じられる気がするッス! かやくにはこんな使い方もあるんですねえ。まあ、麺はさらに余っちゃったけどね! しかもサッポロ一番はスープも使っちゃったから致命的!

野島 そしたら麺も別でゆでて、回鍋肉と一緒に食べるというのもアリですぞ。

助手 それなら最初からみそラーメンを作ればいい話じゃん!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg