「愛犬と同じ毛色に」というとっぴな要求に応えてくれる美容院になかなか出会えなかったんですが、やっと理想の髪色にできました
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、実現しつつあるという彼女の「理想の世界」について語ってくれた。

* * *

皆さんにも「こういう世界になったらいいな」っていう夢はありませんか? 実は最近、私の夢見てたことがどんどん実現していて、世の中が自分の理想の世界に近づいてきたなと感じています。

そのひとつが「肩ブレラ」。パイプ状の装置を自分の肩に巻き、その先端に傘を取りつけると、なんと手ぶらで傘が差せるという商品です。「なんて便利な!」と思い、5年ほど前に購入したんですが、結局人目が気になって使わずじまい......。

少し前には小池百合子東京都知事が「かぶる日傘」という似たような発想の日傘を発表し、ダサいと批判を浴びていました。

しかし、この間ついに、肩ブレラを使ってる人を見かけたんです! その姿に「肩ブレラが許される世の中になりつつあるんだ」と勇気を得た私は、ついにこの肩ブレラの使用を解禁しました。両手がフリーになるってすごく快適。皆さんもぜひ試してみてください。

そして、子供の頃から憧れていたのが「味ラジオ」。星新一のショートショートに登場する機械です。歯の中に小さな受信機を入れておくと、放送局の電波を受信してさまざまなものの味を口の中で再現してくれるんです。

これがあれば、味のしないチューインガムを食べていても肉の味を楽しむことだって可能になります。

そんな夢のようなアイテムが、実はすでに実現しているそうなんです。日本人研究者が中心になって開発した「電気味覚フォーク」がそれ。これを使って口の中に食べ物を入れると、フォークを流れる電流によって味が変わるということです。

電気で味覚が変わることは昔から知られていましたが、ここまでくれば私が夢見た「いつでもどこでも肉が食べられる」という世界まであと一歩です。

肉といえば、あるといいなと昔から思っていたのが「ホルモンランプ」。噛み切れないほどの弾力があるホルモンに遭遇し、いつ飲み込めばいいかわからなくなったことがある人も多いと思います。このホルモンランプは、「今だよ!」と光って飲み込むタイミングを教えてくれるという便利なグッズです。

誰か発明してくれないかなー、とずっと思っていたんですが......。人生でかなりの量のホルモンを食べてきたからか、最近では頭の中で「今だ!」という声が聞こえるようになりました。この特技を生かして、ホルモンランプの開発に協力したいです。

また、欲しかったものが実は必要なかった、ということもありました。オクラの産毛って、皆さんどうやって取っていますか? 塩をつけてこするとか、ネットに入ったままの状態でもむとか、いろいろ方法はあるんですが......。毎回めんどくさすぎるので、「オクラの毛を取るための手袋とか売ってないかな」と探していました。

それもこれも、オクラの産毛には毒があると思っていたからなんですが、なんと、食べても別に問題ないということを最近になって知りました。無知ゆえの過ちだったわけですが、またひとつ、世界が自分の理想に近づいたんだとポジティブに受け取ることにしています(笑)。

以上、今週は本当にどうでもいい話でした。

●市川紗椰(いちかわ・さや)
1987年2月14日生まれ。アメリカ人と日本人のハーフで、4歳から14歳までアメリカで育つ。現在、モデルとして活動するほか、J-WAVE『TRUME TIME AND TIDE』(毎週土曜21時~)などにレギュラー出演中。寒くなると目出し帽をかぶりたくなるが、あれも近年の黒マスクの流行によって徐々に許される世界が到来しそうな気がしている

『市川紗椰のライクの森』は毎週金曜日更新!

serial_ichikawasaya.jpg