『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、ブームのピークを迎えたタピオカをカステラにアレンジした「タピーカステラ」!

* * *

【今回の食材】
・タピオカミルクティー 1杯 ・卵黄 1個 ・小麦粉 適量 ・バター 適量

野島 いやあ、タピオカブームも行き着くところまで行きましたね。もうそろそろ終焉(しゅうえん)を迎えるんじゃないかと。

助手 終焉とか言うな! でもピークを迎えた感じはあるッスね。さすがに店が増えすぎた。

野島 このまま指をくわえてブームが終わるのを眺めているのはもったいない。ひと手間加えて別のスイーツに転生させてやれば、きっともうひと花咲かせられるはず。というわけで助手くん、タピオカミルクティー買ってきて! 砂糖マシマシで!

助手 はい買ってきたッスよ。

野島 ご苦労さん。それではタピオカミルクティーをボウルに移して、そこに小麦粉をドバドバッと入れちゃう!

(1)小麦粉! 砂糖多めで注文したタピオカミルクティーをそのままボウルに移し、そこに小麦粉を投入する。かき混ぜながら小麦粉の分量を調整し、全体がネットリしてくればOK

助手 わっ、大胆! しかも分量を全然量ってないし!

野島 店によってミルクティーの量が違うから、目分量でやるしかないんです。さらに卵黄も入れてかき混ぜ、ホットケーキの生地のようになればオッケー。あとはたこ焼き器に流し込み、たこ焼きと同じ要領で焼き上げたらどうにかなるだろ。

助手 相変わらず適当だなぁ。

(2)混ぜる! 続いて卵黄も投入し、ダマがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせる。使用するタピオカミルクティーが甘さ控えめの場合はこの段階で砂糖やガムシロップなどを追加しよう

野島 そうそう、たこ焼き器には油を塗ってから焼くんだけど、今回は贅沢(ぜいたく)にバターを使いましょう。スイーツにはバターをたっぷり使っておけば、だいたいそれっぽくなりますから。

助手 ほんとかよ! っていうか、やっぱりたこ焼き器を囲んで調理するのは楽しいッスね。

(3)焼く! 熱したたこ焼き器にバターを塗ってから生地を流し入れ、たこ焼きを焼く要領で焼き上げる。バターは高級品だが多めに使うほど風味が増す上に表面がカリッと仕上がる

野島 そうなんです。しかもスイーツならたこ焼きよりも気軽に食べられるから、みんなでタピオカを飲んで、余っちゃったらそのままこのアレンジをするのもアリ。肉じゃがの残りをカレーにリメイクするような感じで、別の料理に変える選択肢があると買いやすいですよね。

助手 でもこれがおいしく仕上がってないと意味ないですからね......って、ウマいなこれ! 砂糖マシマシのミルクティーなのに甘すぎないし、タピオカの食感も楽しいし、ほんのり紅茶風味なのがオシャレ!

(4)完成!「タピーカステラ」

野島 もっと甘くしたり、ふっくらさせたりしたいなら小麦粉じゃなくてホットケーキミックスを使ってもいいかも。余ったタピオカミルクティーに浸しながら食べると紅茶感をさらに味わえてオススメですよ。

助手 それにしてもタピオカって意外と万能ッスね。ミルクティーにしか使わないのはもったいない!

(5)カスタム! 焼き上がったらそのまま食べてももちろんウマいが、砂糖をまぶしたりハチミツをかけたりしてもウマい。ミルクティーが余っていたら浸しながら食べるのもオススメ

野島 ほんとそう。もっといろいろな使い方を研究提案していこう。エアガンに詰めてBB弾代わりにしてぶっ放すとか。

助手 おもちゃにすんなよ!!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg