『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、独特の食感のポン・デ・リングを色々とアレンジした「エクストリームポン・デ・リング」!

* * *

【今回の食材】
・ポン・デ・リング 1個 ・ポン・デ・ストロベリー 1個 ・ポン・デ・シュガー 1個 ・てりやきマックバーガー 1個 ・焼き海苔 1枚 ・あんまん 1個

野島 ミスドでポン・デ・リングを買ってきたぞーい。

助手 最高ッス! ポン・デ・リングは時々無性に食べたくなるんスよね。

野島 ポン・デ・リングの独特の食感はいろいろな料理に合うんですよ。というわけで今回はポン・デ・リングのアレンジに挑戦してみようかと。

助手 お願いします......っておい! いきなり包丁でポン・デ・リングを切り始めてる!

(1)解体! 小さな玉がつながったような形状のポン・デ・リングを包丁で切断し、8つの玉に分解する。自由自在なカスタムをするために解体は不可欠。細かくすれば一気に自由度がアップ!

野島 ポン・デ・リングは8つの玉がつながったような形をしていますよね。まずはこれを解体します。小さくすることで使い勝手がよくなるんですよ。

助手 使い勝手はよくなるかもだけど、いきなり「リング」じゃなくなってるんだよなあ。

野島 まずは解体したポン・デ・シュガーをてりやきマックバーガーに挟んでみました。

助手 パンにシュガードーナツを挟むとかもう、糖質の暴力!

(2)挟む! てりやきマックバーガーを開き、解体したポン・デ・シュガーを挟めるだけ挟もう。上手にバンズを押さえながら豪快にかぶりつくべし。味も食感も食べ応えも抜群!

野島 これがウマいのよ。ほら、思いっきりかぶりついてみて。

助手 ウマッ! そっか、てりやきソースには砂糖が入っているから味に全然違和感がないんだ。食感は餅っぽくてパサつかないし、満足度が高い!

野島 続いてはコンビニで売っているあんまんの裏側を切り開き、ポン・デ・ストロベリーを詰めていきます。なんだか手術をしているような気分になってくるな。どうせならメスとハサミで解体してみるか?

助手 いいから普通にやれ!

(3)入れる! あんまんの裏側を包丁で切り開き、解体したポン・デ・ストロベリーを限界ギリギリまで詰め込む。あんまんに弾力と爽やかなイチゴ風味がプラスされ、激しくウマい!

野島 これも限界まで詰め込んだら思いっきりかぶりつく。あんこの中でフワッと広がるイチゴの酸味がいい感じでしょ?

助手 フゴッ! これは弾力がすごいな。こんなに噛み応えのあるあんまんは初めてッス! ......あっ、これ後味が爽やかッスね。ワイルドな食感と後味のギャップがイイ!

野島 最後はポン・デ・リングを焼き海苔(のり)で巻いて軍艦巻きにすっぞ! ヘイお待ち!

助手 ポン・デ・軍艦! イクラの粒が肥大化したみたいなビジュアルをしてるぞ。ヤベー!!

(4)巻く! 海苔に切り込みを入れるか水をつけてリング状にし、中にポン・デ・リングを入れて軍艦巻きにする。手でしっかりとつまみながら、すしのように醤油をつけて食べよう

野島 もちろん本物の軍艦巻きと同様に、醤油をつけて食べてみてください。

助手 さすがにドーナツに醤油はアウトだろ......いやっ、メッチャクチャウメェェッー!! ポン・デ・リングが団子に変わったッス! みたらし団子と磯辺焼きのミックスだ!! 今回はどれも商品化できそうなレベルでウマかったッス! 野島さんはどれが一番オススメッスか?

野島 うーん、僕はそうだな......それぞれを別々に食べたいかな。

助手 テメー!! ふざけんな!!

(5)完成! 「エクストリームポン・デ・リング」

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg