『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中の野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、ガリガリ君ソーダ味の爽快感を強烈にアップデートした「スーパーソーダガリガリ君」!

* * *

【今回の食材】
・ガリガリ君 ソーダ味 1個 ・スーパーソーダガム 5個(25粒) ・歯ブラシ ・歯磨き粉

野島 ガリガリ君って最近いろんな味が出てるけど、やっぱりソーダ味が優勝だよなあ。

助手 異議なし! たまご焼き味とかナポリタン味とか変な味も出てるけど、ガリガリ君には王道を突き進んでほしいッス。

野島 そこで今回はガリガリ君ソーダ味の爽快感を強烈にアップデートしてみますよ。

助手 それは楽しみッス! まあ、できれば冬じゃなくて夏にやってほしかったけどね。

野島 それじゃ助手くん、まずはこれを使ってください。

助手 普通の歯磨きセット! 何をしろというんスか?

野島 爽快感を味わうには受け手の口内環境も重要です。歯磨きで口をスースーさせましょう。

助手 手順1が歯磨きになる料理とか、前代未聞ッス!

(1)歯磨き! ソーダの爽快感を全力で堪能するためには受け手側の口内環境も重要。ミント感強めの歯磨き粉でしっかり歯磨きし、息がスースーする最高のコンディションに整えておこう

野島 歯磨きがイヤなら、飲むタイプのブレスケアを大量に噛んでもいいですよ。

助手 よくねえよ! ほら、早く次の手順に進んで!

野島 次に使うのは、もはや絶滅危惧種となってしまったスーパーソーダガムです。

助手 わっ、懐かしい! シュワシュワする粉末が入ってるガムってすっかり見かけなくなってしまったッスね。

(2)開く! スーパーソーダガムをまな板の上に載せ、包丁を使ってガムの端5mmくらいの位置を切り開く。まな板と包丁、そして自分の手はできる限り乾燥させた状態で作業すること

(3)粉末! 切り開いたガムの両側をボウルの上で軽く押すと中身の粉末をきれいに出すことができる。ひとつひとつから丁寧に取り出し、吹き飛ばさないよう気をつけながら集めよう

野島 このガムを解体して中身の粉末を取り出していきます。

助手 これは地道な作業ッス。っていうか、ガムの部分は使わないのかよ! もったいない!

野島 粉を取り出してもガムにはソーダ味がついてるからおいしく食べられますよ。さて、大量の粉を用意できたらガリガリ君の上にたっぷりとぶっかけて食べてしまいましょう。

助手 わっ、かけた瞬間にシュワシュワッと粉が溶けるッス!

(4)かける! ガリガリ君を袋から取り出し、スプーンなどで粉末を振りかけて食べよう。少量だとすぐに溶けてしまうので山のようにたっぷり振りかけること。最高の爽快感を味わえるはずだ

(5)完成! 「スーパーソーダガリガリ君」

野島 だからこそ大量の粉末が必要なんです。こればかりは粉の量でごまかすしかない。ほら、モタモタしてないで、食べて!

助手 ブクブクブクーッ!! 口の中が一瞬で炭酸の泡まみれ。俺、カニさんかよ!?

野島 助手くん、味の感想を!

助手 本当にソーダを飲んでいる感覚になれるッスね。アイスの冷たさも相まって、爽やかでウマい! これはアリッス!!

野島 粉が余ったらチョンチョンつけながら食べると最後まで爽快感MAXで食べられますよ。

助手 こういうアイスがあったらぜひ買いたいッスけど、粉と一緒にした瞬間に溶けちゃうから売るのは難しいでしょうね。

野島 われわれで粉末を大量に用意して、ガリガリ君を買った人に直接売ってみますか。「お客さん、いい粉入りましたよ」って。

助手 それ、絶対怪しい売人だと思われて捕まるッス!!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg