独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、カレーまんの中身で作ったカレーライス「カレーまんカレー」!

* * *

【今回の食材】
・カレーまん 4個 ・スパイシーチキン(ファミリーマート) 2個 ・レンチンご飯 1個

野島 最近のカレーまんって、中身のカレーがけっこう本格的な味してるんだよなぁ。

助手 わかるッス。きっと何度も改良を重ねてるんでしょうね。

野島 こんなにも優秀なカレーを中華まんにしか使わないのはもったいない! そこで今回はカレーまんの中身でカレーライスを作ってみようと思います。

助手 出た出た。確かに味はウマそうな気はするけど、中身をほじくり出したらカレーまんの皮が残っちゃうだろ!

野島 大丈夫。ちゃんと皮も活用しますから。カレーまんの裏面を包丁で切り開き、中身のカレーを取り出していきますよ。

助手 っていうかコレ、けっこう難易度が高いッスね。カレーに細かい皮がくっついちゃうッス。

(1)取り出す! カレーまんの裏面に包丁で切り込みを入れ、スプーンを使ってかき出すように中身のカレーを取り出す。カレーまんの皮は捨てずに使用するので、なるべく丁寧に切り開こう

野島 ちょっとくらいなら気にしないでOKですよ。全部取り出せたら次は余った皮をこねて平べったく延ばします。

助手 おおっ、皮同士は意外とくっつくものなんスね。これはいったい何に使うんスか?

野島 これはカレー皿として使います。皿まで食べられるから最高にエコでしょ。

助手 究極のバカ発想! そんなのさすがに食べにくいだろ!

(2)こねる! まな板の上にカレーまんの皮を並べ、手を軽く湿らせてから平べったくこねて延ばし、1枚の大きな平皿を作る。水分が多い場合はトースターで軽く焼くことで固くできる

野島 やってみないとわかりませんよ。皮がしっとりしていて気になる場合は軽くトースターで焼いてもいいかも。

助手 うまくいくかなぁ......。

野島 さあ盛りつけましょう。まずは皮で作った皿にご飯を盛り、せっかくなのでファミマで買ったスパイシーチキンを切ったものもちょい足しします。

助手 ここにさっき取り出したカレーをかければ完成ッスね!

(3)盛る! カレーまんの皮で作った平皿にご飯を盛りつけ、さらにファミリーマートのスパイシーチキンをひと口大にカットしたものと、カレーまんから取り出したカレーを盛りつけよう

野島 そういうこと。さあ食べてみましょうか......えっと、どうやって食べるのがいいんだろ。

助手 自分で盛りつけておいてなんだそれ! スプーンで食べても、そのまま皿ごとかじってもいいんじゃないッスか? もう食べちゃうッスよ! ......ウハッ、こりゃあウマい! 昔の喫茶店によくあったドライカレーっぽい味じゃん!

(4)完成! 皿ごと清潔なランチョンマットやキッチンペーパーなどの上に移したら完成。あとはスプーンで食べるもよし、皿を両手で持ってかぶりつくもよし。食欲のままに食べ尽くそう

野島 やはりカレーまんのカレーはご飯にも最高に合いますねえ。ちょい足ししたスパイシーチキンもいいアクセントになってる。しかも皿ごと食べられるから最後に食器を洗わずに済む! カレーの汚れってなかなか落ちないですからねえ。

助手 確かに! 意外と主婦に優しい料理なんスね。ちゃんとウマいし、こりゃはやるッス!

野島 ただし1人前のカレーを作るのにはカレーまんを4個も使わなければいけない。家計には優しくないでしょうね。

助手 ダメじゃん!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg