独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、かまぼこに松茸エッセンスを振りかけてどん兵衛の上に盛った「超豪華!? ニセ松茸の年越しそば」!

* * *

【今回の食材】
・日清のどん兵衛 鴨だしそば 1個 ・かまぼこ 2個 ・松茸エッセンス

野島 早いもので今回が令和元年最後のバカレシピ研究所。いやぁ、今年もいろいろ作った!

助手 最後はビシッと締めたいッスね。よろしく頼むッスよ!

野島 今年最後ですし、とびっきり豪華な年越しそばでパーッと締めましょうか! それも、ラーメン二郎のヤサイのように松茸をマシマシ盛りにしちゃいましょう!!

助手 豪華すぎ! そんな予算、絶対に出ないッスよ!

野島 予算を抑えながら松茸マシマシにするので大丈夫ですよ。まずどん兵衛の鴨だしそばを用意します。

助手 なるほど、これで予算を抑えて......いやいや、そばをどん兵衛にする程度じゃさすがに松茸予算は捻出不可ッス。

(1)松茸!? かまぼこを薄くスライスし、松茸エッセンスを大量に振りかけて全体にしっかりとなじませる。これだけでジェネリック松茸の完成。食感もそっくり。もう松茸としか思えない!

野島 続いてかまぼこを薄くスライスしてこの液体を......あっ、助手くんは少し向こうのほうを見ていてください。

助手 なんでそっちを見たらいけないんスか......あっ、松茸の香りが漂ってきた!

(2)催眠術! ジェネリック松茸をより強く本物の松茸だと思い込ませるために催眠術は有用だ。5円玉にヒモを通し、相手の目の前で呪文を唱えながら揺らそう。呪文の内容は適当で大丈夫だ

野島 よし、助手くんはこっちを振り向いて、この5円玉の動きをしっかりと見つめてください。エロイムエッサイム、エロイムエッサイム......。

助手 アアア......ウウウ......。

(3)盛る! どん兵衛鴨だしそばを作ったらラーメン二郎を思い浮かべながら、ジェネリック松茸を山のように盛ろう。どん兵衛は別の味でも構わないが、具の少ない鴨だしそばがベター

(4)完成! 「超豪華!? ニセ松茸の年越しそば」

野島 すっかり催眠術にかかりましたね。最後にかまぼこをどん兵衛の上に盛って完成です。助手くん食べてみてください。

助手 ブハアッ!! あまりのウマさに目が覚めたッス!! マジで松茸マシマシのどん兵衛じゃないッスか。ウメェッー!! 口から鼻に突き抜ける松茸の香りも最高! この空気をビニール袋に入れておけばそれだけで白飯をモリモリ食えそうッス!

(5)激ウマ! 松茸の香りが浸透したかまぼこはもはや完全に松茸そのもの。鴨だしつゆと麺との相性も抜群だ。食べながらスープに松茸エッセンスを数滴垂らすとさらに松茸感がアップする

野島 鴨だしどん兵衛はスープが激ウマなのに具はやや寂しいのですが、その欠点を見事に補っているのもポイントです。

助手 これはヤバいッス! いったいどんなカラクリが!?

野島 実は助手くんが松茸だと思って食べているのはただのかまぼこで、そこに松茸エッセンスというアマゾンや楽天で1000円前後で販売されている香料を大量に振りかけているだけなのですよ。

助手 なんと!! 食感も似てるから全然気がつかなかったッス。かまぼこの味もスープと調和してるから違和感がないし、松茸エッセンス恐るべしッス!

野島 あとは催眠術も効果てきめんでしたね。......ハッ、そうか。編集部の人たちにも催眠術をかけてから交渉すれば、本物の松茸を買う予算を出させることもできるのでは?

助手 今回は松茸エッセンスがすごかっただけだろ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg