独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、完成形がまったく想像できないバカレシピ流のおしるこ「おしるコーラ」!

* * *

【今回の食材】
・餅 ・コカ・コーラ ・あずき (※缶詰の粒あんでも代用可能)

野島 今日はバカレシピ流のおしるこでも作るとしましょうか。助手くん、あずきと餅とコーラとポテチとストロングゼロを買ってきてください。

助手 グエッ、それ全部食材ッスか!? もちろん買ってくるッスけど、完成形がまったく想像できないッス!

(1)煮込む! あずきと水を鍋に入れて一度沸騰させ、差し水をしながら1時間半ほど煮込む。面倒なら缶詰のものを代用したり、市販のおしるこにコーラをちょい足しするだけでもよい

野島 楽しみにしておいてください。まずはあずきと水を鍋に入れて火にかけ、柔らかくなるまでじっくり煮込みます。上手な煮込み方は各自ウェブで調べてくださいね。

助手 今年も安定のひどさ!

野島 続いてここでポテチとストロングゼロが必要となります。

助手 ハッ、あんたそれ料理に使うんじゃなくて自分で飲み食いするつもりだな!?

野島 あたりめーだろ!! 最低でも1時間半は煮込むんだ。飲まなきゃやってられっか!

助手 もう、今回だけッスよ!

(1時間半後)

野島 Zzzz......。

助手 やっぱり寝てる! ほら、早く起きて続きをやれ!!

(2)コーラ! あずきが柔らかくなったら水を少し減らし、コーラを入れて再び煮込む。味見をしながら量を調整しよう。火力が強いとコーラの泡が吹きこぼれるので気をつけて

(3)完成! 「おしるコーラ」

野島 ムニャムニャ......。おっ、あずきが完全に柔らかくなったので、ここで本来なら砂糖で味つけをしますが、今回は砂糖ではなくコーラで味つけします。あとはトースターなどで焼いた餅を入れたら完成です。

助手 コーラを入れた瞬間は炭酸の泡がすごかったけど、完成しちゃうと見た目は普通ッスね。

(4)激ウマ! トースターなどで焼いた餅を投入し、お椀に入れて食べよう。甘く優しい味はいつもどおり。そこにコーラに使われている香料やスパイスがプラスされ、薬膳料理のような風味に!

野島 味のほうはどうですか?

助手 おおっ、いつものおしること全然変わらず甘くてウマいッス......あっ! 後から口の中にいろんな味が広がってきたぞ。なんだか薬膳料理を食べてるみたいな後味で、これはなかなかクセになるッス......!

(5)追いコーラ! 食べながらお椀にコーラを注ぐ「追いコーラ」をするといっそう強く「おしるコーラ」の味を堪能できる。ただし当然冷めてしまうので、気になる人はレンチンをして温めよう

野島 ちょっと冷めてしまうんですが、追いコーラをしても独特の風味が増して激ウマですよ。

助手 ほんとだ! どんなにコーラを足してもおしるこらしさは損なわれないのがイイ! 冷めちゃったらまたレンチンで温めればいいし、ガッツリとコーラを入れるのもアリ。大人のおしるこって感じッスね!

野島 面倒だという人は市販のおしるこにコーラをちょい足しするだけでも雰囲気を楽しめます。さて、僕はこちらにもコーラを入れてみるとしましょうか。

助手 それ、ただのストゼロのコーラ割りじゃん!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

【★『野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所』は毎週金曜日更新!★】

nojimasan605_90.jpg